買い物かごをみる 会員さまマイページへログイン・新規登録もこちらから ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

大晦日ですね

いよいよ2010年も今日が最後となりました。

みなさま、どんな1年をお過ごしでしたでしょうか?

終わり良ければすべて良し!でいきましょう。

今日、元気なら、それでいいですよね。もし、残念ながら元気ではなかったとしても、明日は今日よりきっといいことがあります。その気持ちを持てたことで、それだけでも今日はいい日になると思います。

当店メルカード・オリエンタルは、来る2011年に開店10周年を迎えます。

振り返るとあっという間でした・・・。ひとえに、みなさまのおかげでここまで来ることができました。心より感謝申し上げます。

妊娠をきっかけに、自宅で、育児をしながらできる仕事はないかと夫と相談して、思いついたのがメルオリの始まりでした。

大きなお腹を抱えて会社設立の手続きをし、それまでPCも触ったことがなかった私が無謀にもネットショップを立ち上げて・・・。

失敗したら、いつでも辞めればいい。

そんな感じで、ある意味、気楽に始めたのです。

儲けは二の次(夫はしっかり会社経営として考えて行動していたようですが、私は無頓着)、惚れ込んだアタ製品を日本のみなさんに知ってもらいたい、安くて高品質な商品をご提供したい・・・。ただそれだけでした。

気が付けば10年。

まだまだやりたいことはたくさんあります。

今後も、どうぞメルカード・オリエンタルをよろしくお願い申し上げます。

年明け、また皆様に喜んでいただける企画も考えております♪ 乞うご期待!です。

2011年も、皆様にとって幸多き年となりますように・・・。

どうぞ良いお年をお迎えください。

(31th, Dec, 2010)

今年も残りわずかとなりました

前回は、愚痴ばかり言ってお見苦しいところを申し訳ございませんでした。
あの翌日から、回線がつながり、1日たっても無事接続されております。(速度も問題なし!) お願いだからこのまま続きますように〜。

というわけで、今日は少し落ち着いて、新店舗の進行状況(!?)をご報告させていただきますね。

今日も冬晴れの埼玉白岡です。放射冷却にて空気はとても冷たいのですが、おかげさまでお日様の恵みをめいっぱいいただいております。

玄関脇、屋根から落ちる雨水を受ける水盆。このきらきらが、私の作業部屋の障子に映ってなんとも美しいのです。

さんさんと陽がさしこむ縁側エリアには、バリ家具のテーブルセットを置きました。このヤシの木も、大きくなってくれることでしょう。

巻き巻きお香は不思議です。蚊取り線香のようにぐるぐる巻いてある中央部分を持ち上げると、ピラミッド状に垂れ下がります。先端に火をつけると、徐々に燃えてふくよかな香りが広がるのです。(奥はバリの伝統的な人形です)

バンブーベルは、やっぱり自然の木に吊るすのが一番ですね。風に揺られて、穏やかな音に癒されております。

橙色の温かい光と、安らかな香り、アタ製品との相性も良いのです。和み空間が作れたらいいなと思っています。

・・・って、ちょこちょこっとお見せするくらいなら大丈夫なのですが(笑)、ずっとバタバタが続いていて、ネット回線もようやく落ち着いてきたばかり。これから本腰を入れて店づくりをいたします!もちろん本家ネットショップのほうも、頑張ります。

さて昨日で無事今年の発送も終え、今日は棚卸作業です。

なんだか結局色々お待たせ続きになってしまった感があり、中途半端に2010年が去っていくのが心残りではございますが・・・、2011年はもっと飛躍できるよう、気持ちも新たに努力する所存です。(年賀状の文章のようですね)

私事で恐縮ながら、喪中のため新年のご挨拶は控えさせていただきますが、この場をお借りして、いつものご愛顧に感謝し皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

みなさま、良いお年をお迎えくださいね。

新店舗の古い家の掃除で手一杯、自宅マンションの大掃除なんてどこへやら・・・の近藤でした。

(28th, Dec, 2010)

こんなに大変だとは思いませんでした

カンの良いかたは、お分かりかもしれませんね。

そう、新店舗でのネット回線です。

12/1に移転後、しばらく回線が不通で、やっと16日になって通じたと思ったら、翌日にはまた不安定になりました。まるでダイヤルアップ回線(それより遅いかも・・いいえ確実に遅い)のようなスピードに、何とか堪えておりました。

緊急を要するときには自宅に戻り、また店に戻り・・と往復したりしていたのです。

ようやく24日にNTT局内での再工事が行われましたが、今日になってもつながらない!!

これには参りました・・・というよりキレました。

もう1か月ですよっ。仕事にならないじゃありませんか。

こんなことってあるのですね。もうびっくりです。利用業者を変えようかとも思っています。

24日が再工事だったので、クリスマスプレゼントがわりに無事開通することを祈っていましたが、甘かったです(涙)。

年内には、何とか安定しますように。ああ、落ち着かない〜。愚痴ばかりで申し訳ありません。

(26th, Dec, 2010)

無事、ネット開通しました!!

おかげさまで、今朝、店に行ったらモデムのランプが点灯サインを!

どきどきしながら、つなげてみました。

うわあ、メールが送受信できる〜!このサイトも見られる〜!感涙です。

いや、まだ油断は禁物。何日か様子を見てみないといけませんね。

みなさまにはご心配おかけしました。応援メッセージもたくさんいただき、本当にありがとうございました。

さて、畳を入れ替えずそのままで入居したこの家、ワイパーで6畳の部屋をひとこすりするだけで真っ黒になります。掃除機、買わないといけないかしらん・・・。

ただ、驚きなのが、廊下や縁側の木床。つやつやしていて、まあ美しいこと。我が家(マンションのフローリング床)とは大違いです。

ワックスかけて、念入りにお掃除していたのかしらとも思いましたが、いやいやそうではないですよね。きっとこれは年月(築27年)がなせる業。そして、もともとの木材が上質なものを使っていた証拠。

何人ものひとが、行き来して、木は磨かれていったはずです。

こういうのって大好きです。古いっていいなあ、もとい、良いものっていいなあ、と改めて感じます。

みなさんの古くて良い、ご自慢のお品はなんですか?

(16th, Dec, 2010)

サイン

何日待たせるのかインターネット回線!

古い家屋だからなのか、モデムの問題なのか、分からないまま業者さんとやりとりすること早や2週間。モデムのサインが、回線の微弱なことを示しているようなのです。

業者さんは、一気に問題解決に至らず、ひとつひとつ対処策を持ってくるので、それに従うばかりで時間だけが過ぎてゆきます。

問題は、原因が分らないこと!でしょうね。

今日の電話相談では、電話回線の再工事が来週に予定されました。・・って、来週なの〜?

そんなわけで、ネットを使う仕事は自宅で朝と夜に、店舗での肉体労働は昼間に、という生活です。もちろん、昼間でも、一時帰宅すれば大丈夫ですが・・・無駄な往復ですよね(涙)

が、がんばります。

みなさまには、メールの迅速なお返事ができずにご迷惑をおかけしており、申し訳ございません。どうかどうか、あたたかいご理解をいただけますよう、お願い申し上げます。

一日でも、一時間でも、早く、モデムのサインが安定しますように。

さてこちらは今日感じたサイン。

自転車の交通ルールって、結構細かいのですよね。

右左折のサイン、ご存知ですか?右折は右手をそのまま真横に伸ばします。左折は、真横にまっすぐ伸ばした手を肘で直角上に曲げます。右手を斜め下に下げるのは・・・止まる(止まろうとスピードを落とす)サインです。

ここまでは私が小学生時代に習ったのを覚えていました(←偉い?)。

知らなかったのは、斜め下に出して、手のひらを後ろに向けて前後に振ると後退のサインだということ。

それからそれから、これらのサインは自転車だけでなく、自動車や原付バイクでも有効だということです!

1年ほど前になりますでしょうか、愛車の前ウインカーが故障して、修理工場に持っていくまで冷や汗たらたらだったと申しましたが、これを知っていれば・・・。でも、サインを知っている人がどれだけいたか(ただ車から手を出している変な人、に見られていたかも)。

実はこの自転車でのサインを、最近、近所で何人か見かけるのです。それも決まって、中高年の方(男女問わず)。みなさん立派だなあと、見とれるサインです。自分も見習わないといけません。みなさんも、一緒に覚えましょうね♪

警視庁ホームページ

↑ サインは載っていませんでしたが、交通ルールの確認に☆

(14th, Dec, 2010)

改めまして、よろしくお願いいたします

ご無沙汰してしまい申し訳ございません。

実店舗移転に伴い、しばらく臨時休業をいただいておりました。ご理解をいただき改めて御礼申し上げます。

今週月曜から再開いたしましたが、なかなかサイト更新ができずにおりました・・・その理由のひとつがこれです。

パソコンを新しくいたしました。

なんでこの忙しい時期に?とお思いでしょう。

実は前に愛用していたPCの液晶画面に、ピーッと線が入り始め、あれよあれよという間に13本(!)もの線になってしまいました。

まずいですよねえ、いつダウンしてしまうか・・・PCを起動するたびに線を数えるのが日課となり、非常にストレスを抱えておりました。

で、やっと購入したのが上の「DELL」だったというわけです。

遅かりし、やっと私も Windows 7 ですよ。発展(!?)していてまだ慣れないし、メールデータの移行にも一晩かかりました。でも何とかなんとか、試行錯誤しながら使用しております。これからよろしくね♪

2つめの理由は、移転後の多々なるトラブルです。

まず、プリンターが故障。これはすぐに修理してもらったので解決済みです(もっと丈夫なものだと思っていましたが、やはり精密機械なのですね)。

次に、ネットがつながらない!!

これ、大問題ですよ。どうやって仕事するのじゃ。

移転先は古い日本家屋ですので、モジュラージャックが見当たらない・・・とメルマガでもお話ししたかもしれませんが、それはNTTさんが無事工事してくださり問題解決したはずなのです。

なのに、いざ接続してみたら、動作がまあ不安定なこと。ちょこっとつながったと思ったらまた切れるし、メールの送受信もできない!どういうこと〜!?

ってなわけで、今現在、ネットにつないだ仕事(ってこれが99%なのに)は、朝と夜に、自宅で行っております・・・よってまた睡眠不足、悲しい。

最後の理由。

商品の整理がまだ終わらないため、ご注文品の発送にも手間取っております。これどこにあったっけ〜と探すのも一苦労。よって、PCに向かう時間も少なくなる。

どうです、情けないでしょう(涙)。メールのお返事などお待たせしてしまって、皆様には本当に申し訳ございません。

暗い話になってしまいましたが、でもでも、基本的にはとても楽しくやっております。だって、予想以上に快適な空間だったのです。家の中にはぐるっと一回りできる動線があり、部屋と廊下の行き来も楽。階段の上り下りだって、運動不足の私にはちょうど良いよい。広い家中を掃除するためのモップだって、新たに購入しました♪ そうそうスリッパも可愛いものを新調しましたし。今までは下足のままだったのですもの。

庭に面した縁側の上に、すだれをつけたばかり。たわんでしまったので、フックを追加予定。手前にあるのはゼラニウム。日当たりの良い庭に出せて嬉しい。

商品、あふれてますね・・・。これから見栄えよく配置予定です。しかし、日本家屋とアタ、合います!

こんな感じでおります・・・・。引っ越し祝い(?)キャンペーンも企画中です。乞うご期待です!

(9th, Dec, 2010)

爽美林

今年の夏前、たいへんお世話になった魔法の液体があります。

その名は 「爽美林(そうびりん)」。

真空蒸留木酢液です。手前にあるのはこれまたすごそうな石けん。これから使ってみます。

もくさくえき・・・とても匂いが強くて、茶色っぽくて、木酢液を浸み込ませたシートを足裏などに貼って寝ると、翌朝にはべと〜とした怖い液体が出てくる(私が体験済)なんて、聞いたことがありませんか?

この「爽美林」は、そうした既成概念を見事に覆してくれました!

まず、透明。(右の大きめのは色付ボトルなのです)

匂い・・・きつくない。これがまた、アタ製品のスモークの薫りを思わせるような香り。ひのきにも通じるような・・・。

目的はさまざまで、例えばアトピー・乾燥肌・汗疹・湿疹・手荒れ・肌荒れ・・の緩和。 冷え性・にきび・水虫に。 はたまたリンスや歯磨き・うがいにまで。

夏前に、私(実際は4歳の息子でしたが)がお世話になったのは、「水いぼ!!」でした。皮膚科医には、ピンセットで取ったり焼いたりせず、自然治癒に任せるよう言われましたが、保育園のプールがあります、悠長なことは言っていられませんっ。

キャップ2杯をお風呂に入れて入浴。水いぼには直接ちょんちょんと塗る。これだけです。

丁寧にアドバイスをくださったので、その通りに信じて続けること約1〜2ヶ月。・・・・見事に、たくさんの水いぼが完治しました!そして毎日プールも堪能。本当に感謝しました。

そして今になって、今度は上の子に水いぼが出てきたので、また注文させていただきました。寒くなってきましたが、「爽美林」風呂に入ると入浴後もぽかぽかと温かくいられると知り、よしよしと嬉しく毎晩お世話になっています。

おススメですよ♪

株式会社M&G 「爽美林」

(26th, Nov, 2010)

継続は力なりというけれど・・・

27年もの間、一日も休まず、絵日記を書くことができるものでしょうか。

今朝のNHKニュースにくぎ付けになりました。

一日一絵」 

野崎耕二さん、73歳。千葉市在住。

筋ジストロフィーという難病と闘いながら、画用紙を4等分したサイズの絵日記を、毎日欠かさず27年間、描き続けているそうです。

元々は風景画を主としていた野崎さん、発病してからはなかなか外出もままならず、近年は静物画でその素晴らしさを魅せてくださっています。

風景画は、その土地に行って、その空気を感じて、その場で描く。

その信条のもと、先日故郷の鹿児島県に行った際に、小学校時代の仲間たちのサポート(これがまた良かった)で風景画を描きます。

高校時代、通学に利用したSLが展示されているのをスケッチ。坂道では息切れしながらも、行きつ戻りつしては少しずつ確実に上るSL。上れなかった日は一日もなかったそうです。

自分の人生も同じだと静かに話す野崎さんは、とても力強い目をなさっていました。

歩くこともままならぬ野崎さんの週に一度の楽しみは、スーパーへ行くことだそうです。

野菜を一つひとつ眺めては、産地を見て、どんな土地でどんな農家のひとに大切に育てられたのだろうと、思いを巡らせるのだそうです。

そして購入した野菜が、絵になっていく。

何より、その絵日記が素晴らしい。私の大好きなタイプです。とても惹かれます。

毎日、1時間で・・・と決めて、描くそうです。すでに自分の軸になっていることなので、飽きることもない。

風邪をひいて、今日は一日家で休もうかと思っている朝に、偶然素晴らしいひとの存在を知りました。きっとこれも、運命なのです。ありがたいことです。

私が毎日続けられることなんて、化粧ぐらいかも・・・ため息をついて起きだし、支度を済ませました。

これから、雨上がりの近所を散歩してきます。

(23th, Nov, 2010)

すいとん

今日も寒いさむい、一日となりました。

やっぱり寒かった昨日の夕食は、すいとん汁を作りました。

寒い日は鍋!ですが、煮込みうどんも我が家にはたびたび登場します。同じ作り方で、うどんの変わりにもちもちしたすいとんを煮込んでも美味しい。

昔、母が小麦粉から準備して、よく作ってくれました。便利になった昨今では、「すいとん粉」なるものが、スーパーに売っているのですね。発見して嬉しくなり、早速作ったのが数年前です。

お国柄で味は異なると思いますが、関東に住む私は、しょうゆベースで煮込みを作ります。

大根、にんじん、白菜にきのこ類。長ねぎをたくさん入れて風邪予防に。里芋を入れてもいいですね。細切りの油揚げは出汁が出ますし、こんにゃくも美味しい。豚の薄切り肉を炒めてから、野菜をどっさり入れて・・・が私の好みです。

とにかく具だくさんで、コトコト煮ます。お味はだし汁に酒・みりん、塩少々としょうゆです。

白菜の芯は、斜め切りにするのだよと教えてくれたのは、亡き父でした。味がよくしみるからねと。

父は若い頃は洋食のコック(小麦粉とバターから、グラタンをよく作ってくれました)、サラリーマンを経て退職後は居酒屋の板前。経験があっても資格がないといけないと、50歳代で調理師免許をとる、真面目な人でした。

昨日のすいとんは、ひときわ懐かしい味がしました。

無印良品のソファクッションにとぐろを巻く愛猫グー。

なによぅ〜と「イカ耳」になっております。寒いんだねえ。

(17th, Nov, 2010)

移転日記(その2)

マンション敷地内の、アメリカフウの木が美しく紅葉したと思ったら、今日の風でもう散っています。大きなモミジ手の葉が可愛らしいこの木ですが、笑い話がひとつ。

もう10年ほど前になりますでしょうか、以前製薬会社のMRをしていた私は、毎日営業車を走らせていました。担当エリアは裏道も詳しくなります。そこは立派な通りでしたが、名前を「あめりかふう通り」といいました。

・・・? 別にアメリカっぽくもない街並みなのに、なぜ? そういえば1軒、アメリカンポップな喫茶店だか雑貨屋だかがあったような・・・。それにしてもなぜなぜ? 

ふふ、そうです、「アメリカフウ」の木が、立ち並ぶ通りだったのですね。それを知って膝を打つ思いでした(笑)

前置きが長くなりました。

残念ながらアメリカフウの木はありませんでしたが、庭木がたくさんある新店舗予定の古い家。

この日は電気工事の相談で、また行ってまいりました。

今日は皆さんに、内部をご覧にいれましょう!

まずは玄関。

この引き戸!おまけに大きな鏡(引き戸が映っています)!ここは蕎麦屋でしょうか!?

縁側は、2ヶ所あります。小さめですが、あるだけで嬉しい。

ご覧のとおり、いまだ手付かずの庭の雑草にため息をつきながら・・・(オーナーさん、庭、きれいにして下さるのですよね・・・)。

中を見てみましょう!

立派な欄間と、奥に神棚。そういえば一部、竿淵天井、網代天井もあったような・・・。本当に「日本家屋」なんですねえ。

築27年を物語る、土壁と柱のキズや落書き。

そうそう、これも驚きました!

岩風呂(というか溶岩!?)ですよ皆さま。でもちゃんとマイコンメーターのお風呂で安心。といっても、仕事場なので、恐らくここでお風呂に入ることはないでしょう。

えっ?これ、洗い場ですよね?なぜ掃き出し窓?おまけに奥に見えるのはお隣の家です。さあ困った(←オーナーさんが、ブラインドを取り付けてくれるそうです ・・・ってブラインドで大丈夫なの?)

風呂上りは、やっぱり扇風機ですよね。

ここは旅館でしょうか?なんとまあレトロな扇風機(動くのかしら)。

いやあ、これは、外国人がいらしたらきっと喜ぶでしょうね。ホームステイ受け入れましょう。

ところでキッチン、見たくありませんか?

なぜかダイニングルームは妙に新しく、キッチンも非常に立派です。備え付けの食器洗浄機にガスオーブン(BOSCH社製)、明るい窓が嬉しいですね(でもここでお料理をすることはないでしょう、宝のもちぐされ・・・もったいない)。

2階へ上がる階段です。

上には3部屋ありますが、ほとんどは商品の入ったダンボールで埋まることでしょう。階段の昇り降り、気をつけます!

こんな感じでした・・・が、いかがですか?田舎のおうちを思い出した方もいらっしゃるかもしれませんね♪

まずは庭の手入れを心待ちにしている私です(汗)

(15th, Nov, 2010)

またまた発見!

先日、美容院でふと見つけて、帰宅後に即、年間購読を申し込んだ雑誌があります。

私の悪い癖が、また出てしまいました。

暮しの手帖」。

名前は知っていました。家庭婦人(そう、「主婦」というより、「家庭婦人」なのです)が読む、どこかレトロな、静かな雑誌。そう思って、私とは縁遠いと、今までは手に取ったこともなかったのですが。

パラパラとめくっていて、徐々に興奮。これ、すごく面白い!というか、素敵! すっきり(しすぎなくらい)したページ作りも、落ち着いていて地味目ながら、がちゃがちゃしたところがなく、とっても私の好み。どうして今まで知らなかったのかしら・・・(暮しの手帖について詳しくはこちらにも)。

そして、はたと気づきました。この雑誌は、どこか、「REAL SIMPLE」を思い起こさせるのです。

「REAL SIMPLE JAPAN」は、現在は発行停止している日経BP社の雑誌です。この雑誌もしばらく、年間購読していました。なかなかじっくり読む時間がなくて、バリへ買付に行くときにまとめて持っていったりしましたっけ・・・。発行がなくなると聞いて、それはがっかりしたのを思い出します。

好みのものに出会えたときって、どうしてこんなに嬉しいのでしょう。久しぶりに、ウキウキした日でした。

(8th, Nov, 2010)

移転日記(その1)

移転?

そうなのです、まったく突然ですが、実店舗を移転することになりました。

理由はいろいろありますが・・・広さを求めて、が第一の理由でしょうか。

引越予定日は12月1日。それまでの流れを、記録しておこうかなと思いました。

見つけた物件は、築27年の木造の古い一軒家。2階建てで、居住面積は約43坪(約144屐砲△蠅泙后

しばらく借り手がなかったようで、庭は荒れ放題です。

外から家と庭を見たところ。

百日紅の木と、玄関へ向かう石畳。

懐かしい風情の玄関。(と、ちょっと不自然なポスト)

賃貸契約までの間、何度も見学(偵察?)に来ました。蚊の群集に刺されまくりながら、かゆい思いばかりしましたが、思い出すといつも天気は雨でした。ふしぎ。

草刈り、大変だぞう〜とご心配のかた、ありがとうございます。大丈夫です、明け渡しまでの間に、オーナーさんがちゃんと庭をきれいにしてくれるそうです。

ちなみに現オーナーと、元々の建て主さんは別人でして、植木屋さんだったという建て主さんの庭が、全体の姿を現してくれるのを楽しみに待っている今日この頃です。

灯篭までありました!

私は団地育ちで、結婚してからはずっとマンション住まいです。一軒家に住むのは、団地から引越した両親の家に里帰り出産した時だけですので、とっても新鮮!(そしてちょっとこわい感じ)

「住む」と言ってしまいましたが、こちらはあくまでも店舗でして、実生活は今のマンションのまま。仕事通いの一軒家というわけです。

名も知らぬ赤い実が、美しかった。

敷地の入り口ちかくには、お地蔵様が。

どきどき気分の私たちを、温かく見守ってくれています。これからよろしくお願いしますと、ご挨拶をしました。

次回は、雑草を刈り、剪定された庭をぜひご紹介したいと思っています。乞うご期待!

(2nd, Nov, 2010)

色の思い出

手肌がかさかさしてきました。 冬に近づいているのですね〜。

朝夕、遠くの山々がきれいに稜線を見せてくれるようになりました。 やっぱり、冬になるのですね〜。

さて、近所を歩いていても、街路樹にしても、色々な御宅の庭木にしても、きれいに紅葉している姿が目につくようになりましたね。

ふと思い出しました。 小学校時代の私が、学校行事のなかで一番好きだったこと!

「写生会」。

(ちなみに2番目は「音楽会」・・・合唱と合奏がありました)

いい時代でしたね〜、楽しい行事がたくさんあったのです。今の時代、遠足すら低学年のみだったり、写生会なんてないそうですし、のんびり行事を楽しむ余裕はなくなってきましたもの。

私の小学校では、春に「小運動会」や「遠足」、秋には「大運動会」や「歩け歩け大会 ← 子供達が列をなして、直線距離にして約5kmの道のりを歩き、お弁当を食べて、帰ってくる、体力勝負の行事」、その他いろいろ、行事がありました。 埼玉の田舎だからでしょうか・・・いえ、きっといい時代だったのだと思います。

さて写生会。 画板とお弁当、水筒を持って、ウキウキと仲良しの友達と場所を探して、座り込んでひたすら写生します。

神社や田んぼを描く子も多かったのですが、私はもっぱら民家でしたね。色づいた柿の木や、赤や黄色に変わりつつある草木がある瓦屋根の家が好きでした。

先生が見回りに来て、ちょこちょこアドバイスをしてくれました。絵描きに飽きてすでに遊び始めている男の子たちをたしなめたり・・・。先生も大変だったでしょうね。

そうそう、低学年の子たちは、午後まで自分達で過ごすのは難しいので、朝のうちにまず先生引率のもと、列になって近所を見学して廻るのです。良い景色を覚えておきなさいと。そうして、記憶をたよりに、教室に戻って描きます。

これがね〜、ほろにがい思い出があるのですよ。忘れもしない1年生のとき。おうちを上手に描けた(と思い込んだ)私は、お空がまだ真っ白だったので、先生に「好きな色で塗ってね♪」と言われ、レモン色で塗りたくりました。・・・結果、金賞を逃し、たいそう悔しい思い出となりました(空の色だけが理由ではないと今では思いますが)。

そうそう、算数のテストでも、「風船の数だけ下の○に色を塗りましょう」という問題で、きれいに色を並べて端っこの○は白色で塗りました。・・・結果、塗っていないと見なされ、正解となりませんでした。これ、先生に訴える言葉力がなかったため、帰宅して母に泣きながら訴えて終わりだったような気がします。

「色」、あんまりいい思い出ばかりではありませんね(苦笑)。でも大好きです。

今日は書き始めたら止まりませんでした。お読み頂き感謝です!

(29th, Oct, 2010)

新しい習慣

実家の父が亡くなってから、お香がより身近になりました。

今までは朝起きるとまずコーヒーを淹れていたのですが、最近はお香を焚きます。

穏やかな気持ちになって、頭もだんだんとすっきりしてくるのです。

季節もちょうど良かったのでしょうね、涼しくなってきて、香りを楽しむ余裕ができてきました。

日本のお香は奥が深そうですね。つい先日、ふと目にした本をめくり、早速購入しました(また!)。とても面白そうなお香の本です。日本のって、色や、名前が素敵。

そしてバリのお香も幅広い!我が家にあるのはもっぱらバリ産のものですが、万国共通(!?)の原料のものがありますよね。白檀(サンダルウッド)が代表格でしょうか・・・。同じ原料でも生産地が違えば製造過程も違い、混合物も異なりますから、やっぱり香りも違う。ま、同じ国のものでもメーカーによって違いますものね。

日本のお香って、結構いいお値段するものが多い気がしますので、ここぞ!というときに(どんな時?)大事に香りを愉しみたい。

バリのお香は、安価でもあるので、いつでも気軽に、たくさん使えます。

こんな使い分けもありかな・・・なんて最近思っております。

あなたはどんな香りがお好きですか?

(19th, Oct, 2010)

秋桜

2年前に初めて行って感動したコスモス畑に、今年も行ってまいりました。

時刻は夕方、日の入り目前。 コスモス祭りの駐車場から、急げ〜と走って畑へ。

場所は群馬県板倉町

なんと約23haの土地に、3000万本ものコスモスが咲き乱れるのです。

昨年は台風の影響だったでしょうか、残念ながら美しい姿を見ることができませんでした。

今年は名誉挽回!とばかりに、誇らしげに咲く花たち。またまた素晴らしい景色を堪能してきました!(気球に乗りたかったのに、時間が遅かったためまた乗れずじまい・・・来年こそ)

中央が紅色で、花びらに白い帯が入っている、これは今まであまり見ないタイプでした。綺麗なんです!

この日は10月10日でした。秋なのに陽射しは夏のように強く、夕方のこの時間には、入道雲(?)の夕焼け。

父にお供えする分、そして我が家にもちょっぴり、摘み放題だというコスモスを頂いて、にこにこ帰路につきました。

お近くのかたは、ぜひ!

(15th, Oct, 2010)

上村松園展

東京国立近代美術館にて、上村松園展が行われています(9/7〜10/17)。

今週末まで!まあたいへん、早く行かなくっちゃいけません。

日経新聞の夕刊に、連載されていて(「珠玉の一点」)、ちらちら気になってはいたのですが、日程を確認していませんでした。

上村松園さんの描く女性は、なんといっても気品があって、本当に憧れてしまうのです。

もともと、大学時代に読んだ、宮尾登美子さんの「序の舞」がきっかけでした。

そのころ、やはり東京のどこかで開催された、上村松園展に出掛けたのはもちろんです。

読み進めていくうちにできあがったイメージそのまま、いえ、それ以上に素晴らしい絵画に、何も知らない若い娘であった私は、松園さんの虜となりました。

何年も経っていましたが、久しぶりに目にして、当時を思い出しました。

今また、この目で松園さんの絵をみたら、どういった感想になるのでしょうか。

初めて会ってから今まで15年近く経っています。何度も展覧会はあったはずなのに、このたびこうしてまた出会ったのです。

自分のことなのに、予想がつかなくて、楽しみです。

(11/2〜12/12は、京都国立近代美術館にてご覧になれるようですよ♪)

(13th, Oct, 2010)

「きよえ」さん

先月、バリ島は雨季に入ったそうです。

あれ、もう? ・・・そう、今年は2ヶ月も早い雨季入りなのです!

世界的な、異常気象ですね。この数年、言い続けているような気がします。

さて、今日は、きよえさんをご紹介したいと思います。

Kiyoe」とは、ご覧のとおり、エキストラバージンオリーブオイルの、商品名です。

夫の知り合いのお父様が、南オーストラリアのアデレードでこのオイルを製造しています。

きよえさん・・・・娘さんの名前をつけたというわけですね。残念ながら私はお会いしたことがないのですが。

色からもお分かりいただけますように、素晴らしく新鮮でジューシーなオリーブオイルは、調理用にはもったいなく、我が家では、フレッシュなオリーブの香りを加える、むしろ調味料として使っています。「調味料」として考えるべきオイルなのです。

それだけで、まるでドレッシング。

こちら、藤原紀香さん御用達なことも、結構有名らしいです。

パッケージも実に可愛らしくて、たとえば引き出物などにもたくさん利用されているそうですよ。

http://www.valox.jp/shopping/index.html#kiyoe_present

夫はパスタが好きで、しょっちゅう自分でも作っています。美味しく作ってご馳走してくれるので有難いのですが、片付けるとき、つい、いつもため息をついてしまうの、分かってもらえます?(笑)

そうそう、今回の魯久さんの器のご紹介、パスタは夫が作りました。そして食べてました(あの器、我が家でも使用しているのです♪)

きよえさん、とってもおススメですよ!

(11th, Oct, 2010)

意志

花がらには、意志があると思うのです。

花が咲いたあと、散らずに残った花弁のことを、「花がら」と呼びます。これは、そのままにしておくと結実(種が出来る)して、栄養がそちらに取られてしまうことで新しい花付きが悪くなると言われています。また、病虫害の原因にもなるため、花がらは早めに摘み取ったほうが良いとも。

ペチュニアの花がらは目立ちます。見栄えも悪くなる。また、ムクゲの花がらも、大きいものがポトンポトン落ちます。

なので、私も頻繁に花がら摘み(それと枯れた葉っぱ摘み)をしていました。

大抵のものは、触れただけですぐに枝や茎から離れるのに、力を入れてもなかなか摘めない花がらが、たまにあります。

そんなとき、ハッとするのです。

この花には、意志がある。

まだ、ここにいたいんだ、と。 もしかしたら、明日の朝、もう一度咲けるかもしれないから、もうちょっと待って、と。

特に木槿(ムクゲ)に感じます。

ごめんね、と手を引っ込めて、そして翌朝また見ると、弱弱しいながらもちゃんと花開いている。

そのまた翌日にはもう「花がら」となってしまうとしても、この最後の1日を、きちんと、咲かせてあげられて良かった、と思うのです。 

花としての誇り。

生花を飾って、まだ可哀相、もったいないし、と思って花瓶に入れたままの、例えばバラの花。

懸命に、最高の美しさを私たちに見せてくれたら、その後衰えていく姿をいつまでも晒しているのは、花にとっては不幸なのかと思っていました。

ベニシアさんは言っています。

夏を盛りに、ぐんぐん育った草木が、秋になって色が変わって枯れていく。それを刈り込んだりはしない。枯れていく姿、それはそれで美しいし、その草木の次の年にとっても良いことなのだと。

花がらを見つめて、少し考え込んでしまったある日のことでした。

(7th,Oct, 2010)

大好きにかこまれて

先日、届きました。

この日記に何度も登場していただいている、村治佳織さんのニューアルバムです。初回限定盤にて、特典DVD付なの♪ もう何回、聴きまわしていることでしょう。 私が今、気に入っているのは最後の「追憶」かしら。 夜聴きながら、心地よくて眠ってしまいました。

それから、久しぶりに江國香織さんの本も。

1冊は、「パンプルムース!

(ケチって、文庫本で購入。やっぱりハードカバーにしておけば良かった・・・)

アマゾンのレビューにも書いていらっしゃる方がいましたが、私も実は、いわさきちひろさんの素晴らしさがイマイチ良く分かっていない人間でした。

それが、この本によって見事に覆されました! なんてすてき!

本当はいけないのかな・・・気に入った頁、お見せしちゃいますね。

やられた! と思いました。まいりますね・・・。ちひろさんの絵の素晴らしさは言わずもがな、江國さんの言葉の感性のすごさって、とても言い表せません。

もう1冊は、「竹取物語」です。

浮世絵版画の匠、立原位貫さんとのお仕事です。

さらにもう1冊、届く予定なのが「ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ」。こちらもとっても楽しみ。

え、買いすぎ? 私もそう思います。 積読(つんどく)ばかりで、自分でも悲しいです・・・が、欲しい!と思ったら、すぐに手元に置きたい性分なので、そうしています(笑)。

読書の秋!にしようと思ってます、今年。

<オマケ>

前回の日記にて「川越」のお話をしましたが、昨日の日経新聞土曜版で、川越が「訪れたい観光地」の見事3位に入っていました!タイミングが良くって、なぜか嬉しかったので・・・またご報告でした。

(3rd, Oct, 2010)

秋のささやき

・・・って、リチャード・クレーダーマンのピアノ曲にありそうなタイトルで失礼しました。

季節はすっかり秋めいてまいりました。田んぼには真っ白で清楚な風貌の白鷺が、いっしょうけんめい稲のおこぼれをつついています。

稲刈りがほとんど済んだ様子を見ていたら、こちらの畑ではもうソバの花が!こちらも真っ白で美しい。

秋は、白でもあるのですね。

昨日、丹波栗をいただきました。まあ大きくてずっしりとしていること!ほっこりとした実は、ひとつぶ食べるにも大きくて、満足まんぞく。ごちそうさまでした。

サツマイモも旬ですね。十三里。

「九里(栗)より(四里)美味い十三里」、この言葉はこの季節いろいろなところで耳にしますが、面白い話を見つけました。

埼玉県川越市はさつまいもの産地として有名ですが、昔の武蔵国川越は、江戸から川越街道で十三里半の距離にあったそうです。だから「九里より美味い十三里半」という言い回しもあるとか!( Wikipedia より)

うん、この秋は、川越に遊びに行こうかな。小江戸と言われる観光地です。メルオリのある白岡からも、結構近いのですよ♪

(1st, Oct, 2010)

満月と十五夜

中秋の名月。 みなさまご覧になりましたでしょうか?すすきとお団子、飾ったお宅も多いことでしょう。

9月の満月は、23日でした。

あれれ? 今年2010年の十五夜お月さんは9月22日でしたよね。

十五夜 = 満月、と思っていた私。 不思議・・・と思ってちょっと調べてみました。

結論から言いますと、単純に、ただ暦と月(moon)の動きとのズレによるものらしいですね。

まず、旧暦の「一日(ついたち)」とは、「新月となる瞬間を含んだ日」という決まりがあるのですって。

つまり、0時0分に新月になった日も、23時59分に新月になった日も、同じ「ついたち」となるのだということ。ほぼ1日のズレですよね。

それから、新月から満月までの平均日数(本当の満月の月齢平均)も、旧暦15日の月齢平均とズレているのだとか。

さらに、宇宙での月の軌道により、新月から満月までの日数も年によって変化しています。

以上のような理由が重なって、旧暦15日と、満月の日付がすっかり一致するということは少ないそうです。

何だか混乱してしまいましたが、では、満月でないと中秋の名月はできないのか?

・・というと、もちろんそんなことはないのですね。「中秋の名月」とは収穫を感謝してその作物をお月様に供えることがはじまりだそうです。そうそう、お月見団子は、他人様のお宅のものを黙って食べても叱られません(おおげさですが)。いわば、一種のお祭りですので、【満月である】ことが重要なのではなく、【八月の十五夜の月】として分かることが重要だということです。

いやあ、色々勉強させていただきました!

(28th, Sep, 2010)

映画撮影秘話!?

先日おはなししました、ジュリア・ロバーツの映画 「食べて、祈って、恋をして」。

ちょうど1年前に、バリ島のウブドで撮影が行われていたそうです。

厳戒態勢の中での撮影で、何度も道路が閉鎖されて、住民の方々は不便だったとか・・・。

とある、高級ホテルも、撮影クルーの貸切状態で一般人は入ることができなかったそうです。

さすがにハリウッド映画はお金の使い方が違います!バリ島で道を閉鎖し撮影などを行う場合、警察署で手続きをします・・・・が、かなりの料金・○○が流れたのではないかと巷では噂されているそうです。

そんな厳戒態勢だったため、一般人でジュリア・ロバーツを見た人は一人もいないとか! すごいです。

色々、評論が出ていたり、感想もさまざまなようですが、私は恐らくレンタルで観ることになりそうです(いつもそう)。のんびり、楽しみます。

(22th, Sep, 2010)

食べて、祈って、恋をして

本日初公開!・・・って、メルオリ新商品のおはなしではなく、大変失礼いたしました。

( 新商品は10月ごろに入荷予定です♪まだナイショ!? )

今日封切られたのは、ご存知ジュリア・ロバーツの最新作、

食べて、祈って、恋をして

ですね。もう観た方もいらっしゃるかと思います。早いですね〜。

イタリアで食べて、インドで祈って、バリ島で恋をする。

映像もとても美しく、旅好きにはたまらないそうです。

面白そうだと思って、原作の翻訳本を買ったはいいけれど、まったく読めませんでした・・・・バタバタしておりまして。

秋は行楽、やはり外へ出掛けたくなります。 それに映画もいいですね。そして今度はさらに、旅行したくなるかも?

本を読んだかた、映画をご覧になったかた、ぜひ感想をお聞かせください☆ 

(17th, Sep, 2010)

ありがとうございました

この1週間、突然ですが臨時休業をいただきました。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。ご理解をいただきこの場を借りて御礼申し上げます。

父が、先日他界しました。

店にも、写真を置きました。今、私の隣に、笑顔で座っています。

私には4つ上の姉がおります。父は2人目は男の子が欲しかったらしく、私にジーンズを履かせたがりました。一緒にキャッチボールもしました。野球の好きな父でした。私はお父さんっ子だったかもしれません。

本当に良く働き、若い頃は良く遊びました。

たくさん酒を呑み、たくさんタバコを吸いました。

それが原因か、のどのガンに侵され、手術したのが昨年1月のことです。

声帯も食道も摘出したため、声を失い、食道を小腸から持ってきて形成する、大手術でした。その後放射線治療など、頑張っていたのですが、肺と肝臓に転移が見つかり、このたび天に召されました。69歳になったばかりでした。

父は本当に優しくて、決して人のことを悪く言わず、またユーモアのある人でした。

「何か腹が立つことがあったときはね、10数えるんだよ。そうすると気持ちが落ち着くから・・・」

子供の頃に教えてもらったこの言葉、何度思い出したことでしょう。私は短気で、3まで数えるくらいしかガマンできませんでしたが。

いつも字を丁寧に書く人でした。けして達筆ではありませんが、味のある字でした。しゃれっ気のある、絵もよく添えていました。

声を失ってからは、もっぱら筆談になりましたが、だんだんその字に力がなくなり雑になっていく様子には切ないものがありました。

大好きな、大好きな父でした。病気になってからというのが悔しいですが、この2年足らずの間、たくさん一緒にいることができました。本当に私は幸せ者だと思います。

残された母を守るのが、姉と私の役目です。

父はいつもそばにいてくれる。そう感じながら、これからの日々を過ごしていきたいと思っています。

わたくし事にて、失礼いたしました。お読みいただき、ありがとうございました。

(15th, Sep, 2010)

田んぼの学校(その3)稲刈り

田んぼの学校も3回目の講座となりました。

5/14に田植えをしたばかりなのにもう稲刈りできるなんて早いですね〜。

暑くて倒れそうな陽射しのもと、いざ!

コンバインを近くでまじまじと見るのは小学校以来です。父の実家が新潟県南魚沼郡にありますので(えへん!)幼い頃は乗ったこともあるかもしれませんが。

さあ頑張って刈りますか!と思いながらもめまいがしそうな広さ(これは隣の田んぼです)。

・・・と思ったら、当方の田んぼは、すでに7割方刈り取った後でした。町役場と田んぼを貸してくださった農家の方が、さすがにこの暑さでは大変だからと、短時間で済むように下準備をなさっていたのです。感謝感謝ですね。

「こうやって、刈るんだよ〜」と丁寧な説明を聞きます。

「実るほど 頭を垂れる 稲穂かな」 

幼い頃から母に何度も教えられた言葉です。

今も、稲穂を見るたびに思い出します。

刈り取った稲の束を、コンバインに挟み込んで脱穀もしました。大変だったのは、落穂拾いですね。せっかくのお米を、稲1本でも無駄にはできません!頑張って拾いました。(頭の中では自分はすっかりミレーの農婦・・・あれは麦の穂でしたね 笑)

帰宅後、一息ついてベランダを見たら、とんぼが遊びに来ていました。 今日は心地よい疲れでしたが、暑さには閉口していましたので、ちょっと気持ちが楽になりました。

次回の田んぼの学校は最終講座。試食会と注連縄作りです♪

(6th, Sep, 2010)

雨上がりはミントの香り

昨日久しぶりに夕立がありました。

雲行きが怪しくなってきたな・・・と思ったら、一挙に滝のような激しい雨と雷。

葉っぱが茶色くなってきて元気がなかったり、茎や枝もひ弱なきゅうりや里芋、ゴーヤなどが植わっている畑の様子を(信号待ちのときに)見ていたせいもあり、雨が降らない心配をしていた日の夕方でした。

ようやく雨が止んで落ち着いた夜19時ごろ、手紙を投函するためにふらっと外に出ました。

エレベータを降りたとたん、雨上がりの生気あふれる空気に包まれ・・・・。

そこはかとなく漂う、ミントの香り。マンション敷地内に植わっているローズマリーも混じっているような・・・・。思わぬ夜の散歩となり、深呼吸をしながらポストまで歩きました。

夕立のせいでお散歩に出られなかったのか、ワンちゃんたちもたくさん歩いていましたっけ。

空気が清浄化されて、気温も下がり、世界がしっとりと濡れた様子は、最近あまり目にしなかった雨上がりの夜をしばし楽しませてくれました。

夏の雨は、バリを感じさせます。

スコールの後のまぶしい太陽はもちろん、霧やもやが晴れて芝生に朝露がキラキラ光る様子。生命力の強さを感じさせてくれる雨。

緑の匂いのする夜、深く息を吸って、同じ空気を感じました。

今日も暑くなりそうです。

(28th,Aug, 2010)

夏の終わり

みなさまこんばんは。

そう、今は終わりかけた夏を偲んだ、夜の始まり。

今日は我がマンションの夏祭りなのです!夕方は私も遊びに行きました。ポップコーンやカキ氷、焼きそばなんぞを食べて、近所のお友達とおしゃべりを楽しみました。

今年は時間を勘違いして、ビンゴゲームは気づいたら終わっていました・・・ちょっと残念。でも毎年当たらないので気にしていません(笑)。

さて、ただ今、閉め切った窓から、もし開けていたらどれだけの音量なのかと思うくらいの声でカラオケが聞こえてくるなかで、PCに向かっております。

何年か前なら、早く終わらないかしら(大変失礼ですね)なんて思っていたカラオケ。今年は私も大人の余裕が出てきたのでしょうか(!?)、いい感じのBGMとなってきました。それにしてもみなさん、すごくお上手なんです!びっくりしました。

さっきなんて、坂本冬美さんの「また君に恋してる」、そっくりでしたよ〜。

そして司会者の進行がとても素晴らしい(←仕事してるんだか祭りの様子を聞いてるんだか)。

というのも、先月、息子の保育園でのやはり夏祭りで、司会をいたしました私。園庭には250人くらいの園児と父兄が集まりました。

慣れないこともあり、いやあ大変でした・・・・。スムーズに進まなかったのをいまだに悔やんでおります。楽しかったんですけどね。

なので、最近、「司会」という役回りにちょっと敏感なのです。我ながらしつこいですねえ。

・・・・そろそろ宴もたけなわのようです。五木ひろしそっくりさんの美声が聞こえてきました。大トリなのかしら。

みなさま、今年の夏、どんな思い出ができましたか?

(21th, Aug, 2010)

シャラの木とTV番組

12〜15日と夏季休暇をいただきました。メールのお返事やお品の発送など遅れてしまいご迷惑をおかけしましたが、ご理解ありがとうございました。

さて相変わらず熱帯のような気候が続いています。日向に少しでも立っていると、じりじり・・・と皮膚が日焼けしていくのが分かりゾッとします(汗)。

この暑さ、植物にも耐えがたいのか、実店舗前にあるシャラの木(夏椿)が咲きません。つぼみが出ても、落ちてしまいました。葉っぱも元気がなく、先が茶色っぽくなっているところも。

涼しげな白い花が、楽しみだったので残念です。シャラの木がある御宅ではいかがですか?元気に咲いていますでしょうか。

いつだったか、今年は朝顔やヒマワリを見かけない・・とお話ししましたが、先日たくさんの青い朝顔が見事なグリーンカーテンになっているのを見ました!とっても素敵でした♪

もともと緑木や花は好きですが、さらに最近、ある番組に影響されています。

NHK番組 「猫のしっぽ カエルの手」。

京都・大原の山里で、それは素敵に豊かに、ゆったりとした生活を送る、イギリス人のベニシアさんの暮らし方を紹介している番組です。

8/15放送の「ハーブという贈り物」では、ハーブを中に閉じ込めたアイスボウルを作り、そこにベリーをたっぷり盛って、ラベンダーを漬けて泡立てて作るクリームを添えたデザートを紹介していました。

すっごく美味しそう!きっと目の前で見たら感激で声をあげてしまいそうです。

今、とてもおすすめの番組です♪

(16th, Aug, 2010)

東京スカイツリー

突然ですが・・・・高いところ、得意ですか?

本日のぞいた東京スカイツリーのサイトによると、408mもの高さに成長したそうです!

画像はいろいろなところで見ることができますが、こちらではこの画像を・・・・

上の画像は7月14日のもの。・・・って、もう1ヶ月も前ですみません。

ピンボケしちゃった〜とは写真を撮って送ってくれた実姉の談。

夕食を作りながら窓越しに眺めていると、まるで「銀河鉄道999」で描かれていた宇宙都市のように見えるそうです。(お姉ちゃん、メーテルごっこしたの思い出すわね〜)

こちらは7月19日の画像です。これで何メートルくらいあるのかしら・・・。

スカイツリーには、商業施設もたくさん入るそうですが、オフィスだけでなく水族館やプラネタリウムのあるドームシアターなどが建設中だそうです。

初年度の観光客見込み数は、なんと2200万人ですって!!

展望台まで上がるエレベータに乗るのにも、ディズニーランドのように2時間待ち、という噂もあり、とか・・・。

上れるところまで、行ってみましょうか? いえ、ちょっと高すぎるところは苦手な私。やっぱり姉の家から眺めるだけかも(笑)

(11th, Aug, 2010)

どっちが正しいのか・・どう思われます?

暑さに負けず、熱〜くて濃い緑茶を淹れてふうふう飲みながら、日記を書いております。

昔は大変な冷え性でしたが、今は年齢とともに?暑がりになってきました。そんなものですかねえ・・・。

でも身体を冷やしてはいけません、やはり温かいものを摂りたいものですね。

さて、今日は、みなさまにお尋ねしたいことがあります。

「食事どきに使用した、ティッシュやペーパーナプキンなど、使った後はどこに置いてテーブルを離れるべきか?」

ごめんなさいね、こんな質問で・・・。

いえ、実はですね、長年、夫との言い争いの種なのです。

ホテルのレストランなどではクロスがありますから、問題はないのですが、気軽なカフェレストランや、ファミレス、そしてショッピングモールのフードコートなど・・・食事をすると、どうしてもペーパーナプキンの出番がありますよね。

エコの観点から、紙の使用はなるべく控えたいものですが・・・・すみません。

それで、使って丸めた紙くず、みなさまはどこに置きますか?

私は、お皿の脇やテーブルの上、にまとめて置くのです。

夫は、食べ終わって空になったお皿の上に、載せちゃうのです!

これってどうなの!?って毎回思いまして。だってこれ、ゴミでしょう?それを食べ物を載せるお皿になんて、問題外でしょう!

ですが夫の反論。 

場合によってはお皿からテーブルに落としてしまった食べ物も入っているような、他人が使って汚れている紙くずを、手でつかんで片付けるお店の人の気持ちを考えると、お皿に載せてあるほうが親切だ。

うむむ・・・・。確かに正論かもしれぬ。しかし!

というわけで、結論が出ぬままなのです。

一般的には、どうなのでしょうか?

そして、正式なマナーとしては、どちらが正しいのでしょうか?

どなたか、お教えください〜!

P.S. こんな夫ですが、ラーメン屋さんで洟をかんだティッシュは、さすがに炒飯や餃子の皿には置きません。テーブルの上に汚くないように置いておくか(でもそれを素手で片付けるお店の人はやはり気の毒・・・)、自分で店内のくずかごに捨てに行っております(笑) そうか、自分で捨てる、これが一番正しいのかも。

(10th, Aug, 2010)

夏のドライブ

先日、愛車の点検整備のため、千葉県野田市まで出かけました。

野田市は埼玉県に隣接しています。

前の仕事の関係で千葉県松戸市に住んでおりましたときに、縁あって近くの野田市にあるお店で購入したのが今乗っている車(もう2代目)なのです。

お付き合いの続きで、今でも何かあると頼っているお店なのです。

白岡町からは小1時間。ちょっとしたドライブです。

一人で、好きな曲をかけて、サングラスをして日よけ手袋もばっちり、車を走らせていました。

地元で採れた果物や野菜の直売所が道路沿いにあります。今は・・・「スイミツ」 の手書き板が・・・・「スイミツ」ってなに!? 手書きだから「スイミシ」とも読めるんですけど(笑)

↑↑ 

スイミツ】とは・・・桃。水蜜種のこと。

きゃ〜知りませんでした。調べて良かった!

車は、また進んでいきます。

あれ、なんだか懐かしい看板・・・と思ったら、焼肉店。大学時代の親友がアルバイトしていたチェーン店が、こんなところにできたんだ・・・・。

あれ、梨の実に、もう袋がかぶさっている・・・・。(白岡町やお近くの春日部市は、梨の産地です)

もう少し走って、国道に出ました。

えっ「地底探検」!?・・・「道の駅 庄和」にあるそうです。気になって気になって、後日ネットで調べましたら、「龍Q館」なるものがあるそうです。こちら、首都圏外郭放水路の庄和排水機場に作られた、地底探検ミュージアムですって。

首都圏外郭放水路とは、埼玉東部の洪水被害を軽減するために国道16号の地下に建設された世界最大級の放水路。なんとウルトラマンの撮影にも利用されたとのこと。

そういえば、TVやJAFの会員誌でも紹介されていましたっけ。

楽しそう!涼しそうだし♪ いつか、行ってみようと思います。

こんな発見があるから、慣れた道でもドライブって楽しいのですよね。

(4th, Aug, 2010)

お弁当対策

毎朝、キッチンに立つと一番にコーヒーを淹れます。

そして、前夜に洗った、自然乾燥している食器を片付けます(我が家は未だに食器洗浄機がありません・・・欲しいのですが、何となくそのまま)。

タイマーで炊き上がる炊飯器を横目に、取り出したるは「お酢」。

お弁当箱を、きゅっきゅっと、お酢を浸み込ませたキッチンタオルで拭いていくのです。

そう!お弁当箱の殺菌と、傷み予防です。

詰めたご飯に、梅干を入れると、腐りにくい・・・とは昔からよく聞く話ですが、お酢でお弁当箱を拭くと、これまた効果が得られるのですって。

お酢の香りは、自然に抜けていくため、ご飯やおかずにはまったく酸っぱい匂いがつきません。ご安心あれ。

去年でしたか、この豆知識を知ってからは、夏場はお酢の減りが早くなりました。

お酢すめですよ〜(オヤジギャクで失礼しました 汗)

(27th, July, 2010)

マジカルリーフ

って、何でしょう?

NHKの番組で紹介されましたので、ご存知のかた、すでにお使いのかた、いらっしゃるかもしれませんね。

私もそのひとりです(最近NHKネタが多いですね・・)

これです ↓↓

新品、ぴかぴかでございます。

スコップにしては変わった形ですね。

実はとってもスグレモノなのですよ〜。

「マジカルリーフ」という名の通り、葉っぱの形をしております。

●(鉢などに)土すくい ←移植ゴテ

●(ノコギリ部にて)草削り ←片手草削鍬

●(先割れ部にて)草抜き ←除草ホーク

●(肥料を混ぜて)土づくり ←片手鍬

●(先端のとがった部にて)種植えなどの溝作り ←片手三角鍬

●(スコップとして)水やり ←ひしゃく

なんと1丁6役! 

製造・販売元は 「金星大島工業株式会社」さんです。

新品、購入したばかりのこのマジカルリーフ、使うのが楽しみです♪

話は変わって・・・。

汗を拭きふき、何℃くらいあるのかしらと思いながら下ばかり見て歩いていました。ミミズがひからびてしまうほど今日もあっつい埼玉です。

ふと、小学校の校庭にあった百葉箱を思い出しました。

真っ白で、ところどころペンキが剥がれかけている、どこか物悲しさの漂う小さな箱。

白いペンキの理由は、「太陽光を反射し、熱を中へ閉じ込めないため」・・・初めて知りました〜。

「熱を中へ伝えにくくするために、木で作られている」・・・そうですよね〜。

「風通しを良くし、日光や雨の侵入を防ぐために鎧戸になっている」・・・・それでどこか風格漂う(!?)姿だったのですね〜。

子供の頃から見ているはずなのに、大人になってから初めて知った面白いことってたくさんありますが、今日もまた知識が増えました☆

(21th, July, 2010)

デジカメを新調しました!

商売道具ですもの、そろそろ買い換えたいと思っていたのです。

まだまだ使えると思っておりましたが、結構古くなってきて、反応も鈍くなってきて、やっぱり・・・。

で、今回は、RIKOHのデジカメです。

リコー社の製品は実は初めて。「CX3」がそのモデル。

素晴らしいズームマクロですよ!

(たいした写真でなくてすみません)

これ、アメリカンブルーなんです!あの涼しげな青色の可憐な花は、我が家では毎年欠かさずに植えております。

調子に乗って、もう1枚。

動物モードというのがありまして、被写体を驚かせように、シャッター音が鳴らなかったり、フラッシュが光らなかったり、配慮されています。うちはあまり関係ないようですが(笑)。

はっは、もちろん他にも色々理由があって、このモデルに決めたのですよ。光が足らない薄暗いところでも、ちゃんと撮影できるのが一番の理由でしょうか。メルオリには大助かりですもの。曇りの日でも撮影できます!

(ちなみに私のデジカメは「ちょこちょこ撮影」用でして、バリでの撮影はもっぱら夫の一眼レフのものです)

電器屋さんに行ったついでといっては何ですが、マウスも新調いたしました。 

癒されながら、仕事しております♪

(14th, July, 2010)

わたし、ねこ

みなさま、毎朝、どのように起きていらっしゃいますか?

目覚まし時計・・・はもちろん私も頼りにしておりますが、だいぶ以前から、セットした時間より早く目が覚めてしまう(というか起こされてしまう)ことが多くなりました。

そう!愛猫が原因です。(原因というかおかげというか・・・)

昔はそうでもなかったのですが、12歳(人間でいうと60代後半〜70歳ちかく)になった今では、私の保護者のように世話を焼いてくれています。

まず、朝は遅くとも5時には鳴いて起こす。理由の第一は「おなか空いた!」のようですが、「いつまで寝てるの!」的な起こし方。

いったんゴハンをあげて、また横になる私。

6時ごろになると、「いいかげん起きなさい!」と言わんばかりに何度もニャーン。

はい、おかげさまで目覚まし時計はいらないくらいです。

でもね、グーちゃんは、空腹だけが理由でもないようです。

私はたまに朝早く起きて仕事をすることがあるのですが、その時はしつこく鳴きません。・・・寂しいのかな?みんなが早く起きてくれると嬉しいんでしょうね。

写真を撮ろうと思ったのですが、変なポーズしかしてくれませんでしたので、昨年冬のもので失礼します。西日でポカポカのなか、プルメリアの鉢植えで暖を取っているグーちゃんです。(今見ると暑苦しい)

プルメリアが斜めになっていますが、グーちゃんのせいではありません(笑)。今は1.5倍に成長して、まっすぐ立っております♪

さて、最後にお教えしましょう!

朝 6時55分から、NHK教育テレビにて放映中の「0655」にて、とっても可愛い投稿写真による作品が流れます。

「おれ、ねこ」「あたし、ねこ」←犬バージョンもあります。

最近知ったのですが、すっごく可愛くて癒されますので、お好きなかたはぜひ観て見てくださいね♪

(お時間のないかた、 You Tube でも見られますよ)

・・・・えっ、「2355」もあったんだ!知りませんでした〜。面白そうです。

(6th, July, 2010)

ページトップへ