買い物かごをみる 会員さまマイページへログイン・新規登録もこちらから ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

cupmen !

カップメン、です。

カップ麺が出来上がるまでの数分間、フタがめくれ上がるのを阻止してくれるcupmen」。

その必死のスタイルもさることながら、熱に反応して色が変わっていく様はいじらしい。3〜5分なんてあっという間です。楽しいですよ。

さて画像は何のカップ麺なのかって?気になりますよね〜?

白岡町でいつも行列のラーメン店といえば、「もちもちの木」です。ほんっとうに、いつも混雑しています。和風だしに、口の中が火傷しそうになる熱いスープ。もちもちの中細麺。美味しいのです。

セブン&アイによる地域の名店シリーズという、エリア限定発売のこのカップラーメンを見つけ、興味本位で買ってみましたが、なかなかしっかり味が再現されていて感心しました。268円くらいだったかしら。

今調べたら、ネットでも購入できるみたいですね。

ですがよろしければご希望の方に、お送りしますよ!白岡の自慢のラーメン店、ぜひご賞味あれ♪

(28th, June, 2011)

黄色の朝、赤の夕。

雨あがりの蒸し暑い昨日の朝、店に行く途中で今年初めてひまわりの花を見ました。姫百合の黄色も美しく、そうなるともう黄色ばかりが目につきます。

この日は毎日の業務をとりあえずのところまで終え、段ボール商品の整理をしました。

先日コンテナ輸送で大量に商品が入荷しました。段ボール箱をとにかく店内奥に積んで並べて、部屋はいっぱいいっぱいです。

2階・・・。まだ余裕があるから、2階に持っていこう。1階の部屋はとにかく隙間がないので、検品・品出しにも一苦労なのです。

というわけで、とりあえず30箱、2階に運びました。

テナントの店舗でもなく、コンクリートの倉庫でもない、一般の家屋です。階段も狭い。しかも古い土壁なので、触れるとパラパラ落ちてきます(これが厄介)。

さすがに、階段の30往復はきつかったですねえ。しかも大きな箱を抱えてですから、スムーズにはいかないのです。

悪いことに昨日はとても蒸し暑く、私は汗びっしょりになりました。今夜のビールはさぞ美味しいことだろうと考えるのはそればかり(笑)。

帰宅途中は、赤ばかり見ました。

すでに咲き誇っている夾竹桃の赤い花。嫌でも夏になるのだと思い知らされます。田畑の脇で、道路を横断しようと待っている女性は、かごいっぱいの赤シソを持っていました。それからなぜかノリノリで機嫌良く仕事をしていた交通整理の男性の赤い誘導棒(こういう方を見るととても嬉しくなりますね)。この日の夕方は、なぜか赤ばかり。

サザンオールスターズの「希望の轍」を聴きながら、私も気分良く帰宅できました。サザンのなかで一番好きな曲です。ちょっと車のスピード、出しすぎたかも。

(21st, June, 2011)

貧乏草

日記が全然書けなくて・・・歯がゆい日々でしたが、今日は少し独り言を。

メルオリ店舗の庭 〜そうそう、本当は敷地が半分しかなかったと以前お話したことがありましたね・・・あの後、何にも変化なしです   ← 店舗の庭と信じていたのに実は半分が他人の土地で、売りに出されたのですが買い手がつかない(とりあえずラッキー)、契約時に何も説明がなかったオーナーから何の返事・連絡もないのは相変わらず(酷すぎる・・アンラッキー)。

 

すみません、すぐ話が脱線してしまいます。

庭の雑草のことを言おうと思っていたのでした。

他人様の土地なのだと知ってからは何だか手入れにも気が入らない状態(分ってくださいます?)ですが、そんなこちらの気持ちは気にせず、見るたびに成長している雑草・雑草・雑草。

気の毒に「貧乏草」とも呼ばれる「ハルジオン」「ヒメジョオン」ももちろん生えています。力強く生えるその姿は、けして嫌いではありません。小学校の理科でも、春を探そうという最初の単元にあったのを今でも覚えています。今もきっと載っていることでしょう。それぐらい、身近な植物。

期せずして、今ちびちびと読み進めている本に、雑草のことが書いてありました。

幸田文 しつけ帖」(平凡社)

父幸田露伴の教えを思い出とともに語る娘、文さんの文章です。しつけを知りたいというよりも、幸田文が好きなので難しいですが少しずつ読んでいます。

さてちょっとご紹介させていただきますね。長くてすみません。

・・・・父の性格に「徹底」は見のがせない。執念深く飽くまでやる。気味の悪いほど性急な突込みかたもするし、ゆったりした態度で飽きずにやってることもある。雑草と闘う父の姿は子供のときから見なれたもので、遂に死ぬまでそれを憎む心を持ちつづけていた。「お天道様は広大無辺で作物も育ててくださるが雑草にも花を咲かせる」といっては忌々しげに引っこ抜いている。「この貧乏草め」とののしり、たたきつけているのを見たこともある。あるとき、父と二人の子とは陸稲の畠を歩いていた。どこも甲乙無く耕され、単調な道が続いていたが、そこの一個所だけは際立っていた。地しばりというか草がべったりはびこって、本体の陸稲は徐々と食い殺されている様子であった。父は立ち止まって長いあいだ見ていた。何もいわないが、怒りに噛んだ歯の形を頬の上から見ることができた。・・・・・(「雑草」より抜粋)

すごい・・・。

ここまで私は雑草を憎んではおりませんが(汗)、露伴氏は美しさを心から愛していたため、雑草はさぞ憎かったのでしょうね。

・・・雑草も可愛いけどね。

色々考えながら、歯の立ちそうにない雑草たちを前にして、ついに購入しましたのがこちら ↓

竹内式 神の手小鎌」 

(有限会社竹内快速鋸・・・公式HPはこちら

すごい切れ味ですよ。草取りにため息をついていらっしゃるかた、おススメです。

メルオリの店舗ですから、「貧乏草」はたくさん生えているとやっぱりまずいですかねえ。 まずいですよねえ。・・・可愛いから抜いて花を飾っておこうかな。それじゃ意味ないですね(笑)

(18th, June, 2011)

幸せを連鎖で感じました

入荷商品の山を前にして、遊んでいるヒマはないはずなのですが、お許しくださいませ・・・。

今日、友人親子と一緒に、とても楽しい日を過ごしました。

まず、プラネタリウム。 18年ぶりです。わくわく。

現代では地上の光や空気の汚れから、見えない星がたくさんありますよね。それを、本当はこんなにあるのだよと、満点の星空が映し出されます。・・・不覚にも涙。つい、亡父はどの星になったのかしらなどと考えてしまう私(歳のせいで涙もろくなったのかと思いましたが・・・同い年の友人も美しさに涙したと言っていたので安心!?)

今日の夜8時半ごろの夜空を見せてくれました。

月のそばにあるのがおとめ座のスピカです。

面白いのは、「スピカ」という名前は【とげとげした、つんつんしたもの】という意味からきているということです。乙女が手に持っている麦の穂の位置にある星がスピカ。なるほど。

ちなみに、野球やサッカーなどで履かれる「スパイク」も、とげとげしていることから名付けられたそうです。

「プラネタリウム」というと、施設全体の名前だと思っていましたが、映写機そのものも、「プラネタリウム」っていうんですって。へえ〜。ちなみに日本製でした。とっても高価なものだそうです。ですよね〜。

季節柄、七夕の話もしてくれました。お話の終わりに「ささのは さ〜らさら〜・・・」と歌が流れるとまた涙が。いかんいかん。

映写機を操作しながら星のお話をしてくれた男性が、ユーモアもあり流れるように話を進めてくれて、快かったです。

星を見たあとは、ランチ。こちらはとても店員さんの対応が良く、お料理も美味しいので、ここでも気持ち良く過ごすことができました。

腹ごなしに、近くの公園へ。レンタサイクルに乗って、筋肉痛に怯えつつ5キロほど走りました。レンタサイクル場のおじさん(おじいちゃん)は面白いし優しいし、公園施設の売店のおばちゃんも優しくて、感激。

今日一日、人に恵まれたなあと、とても幸せになりました。友人親子が一緒にいるといつも気持ちの良い女性とお子さんなので、きっと良い人々を呼び寄せてくれたのだと思いました。

そんな日は、自分も、周りのひとに優しくしたいと感じます。

(11th, June, 2011)

パレオ

バリの南国らしいビタミンカラーがたくさん入った、優しい肌触りのパレオを、被災地にお送りしました。

日頃たいへんお世話になっているバリ島のカーゴ会社のかたが、このたびの大震災と原発関連へのお見舞いとして当店に預けてくださったのです。

詳しくはこちら・・・よろしければご覧ください

福島県相馬市で動物病院を経営されている、当店のお客様です。

最初にお話しさせていただいたとき、こうおっしゃっていました。

「・・・津波で家を流された知人もおりますし、病院へいらっしゃる方の中にも原発関連で相馬市内へ避難してきたという方たちもいらっしゃいます。これから仮設住宅へ入居される方もいらっしゃると思いますので、気分が明るくなるような南国カラーのパレオが一枚でもあれば、生活に潤いが出るのではないでしょうか!! ありがたいことです。楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。」

ニュースで見聞きしていたとはいうものの、実際に現地のかたのお言葉をうかがうと・・・何とも言えない気持ちになります。毎日がさぞ大変な思いでいらっしゃることでしょう。それでも、みなさん、前を向いて生活なさっているとも聞きます。この鮮やかなパレオが、そんな気持ちを応援してくれるなら、こんな嬉しいことはありません。

改めて、カーゴ会社のかたに御礼を申し上げるつもりです。受け取ってくださった当店のお客様にも、感謝しております。

(3rd, June, 2011)

グリーンカーテン

今年のグリーンカーテン設置率は高いようですね。電力不足が心配ですが暑さは待ってくれないでしょう、メルオリ店舗でも挑戦することにしました!(←ちょっと出遅れ気味で焦りつつ・・・)

何を植えましょう?人気のゴーヤは種・苗が品薄になるくらいだそうです。朝顔は大好きですが、日中は容赦ない日光と熱で葉っぱがしなびたようになるのが見ていて可哀相だし・・・。

葉っぱもお花も、フウセンカズラが可愛い!決めた!

・・・と思って、雨のなか週末におなじみの大型ホームセンターに出掛けたのですが、ない!のですよ。

隣にあったのが、以前も育てたことのある「マンデビラ」。サマードレスという名の白い花。

白い花びらに中央奥が黄色、大好きなプルメリアの色にも似ているこのマンデビラに決定しました。

さすが今年は人気なだけあって、ポールとネットがグリーンカーテン用にセットになって販売されているのを発見!ばっちりです。短時間にちゃちゃっと設置できちゃいました。

いやあ本当は、竹を使って風流に立てたかったのですが・・・贅沢は申しません。初めてだしね。

見てやってください。

余っていた2つの鉢に、ひとつずつ、苗を植えました。縁側下の踏み石が大きくて、プランターは置けなかったのです。

手前は南天。何年か前の正月用の寄せ植えにありました。この店舗に引っ越して、やっと鉢植えから地面に植えることができたのです。早く大きくなってほしい幼木のひとつです。

大きく育ってほしいなあ・・・・。ここまで伸びてね。

(31th, May, 2011)

眼科へ行きました

少し前の日記で申しました左目下の痙攣。ご心配メールもいただきありがとうございました。ほうっておくよりやっぱり一度しっかり診てもらおうと、週末に眼科へ行ってまいりました。

最初は脳外科を受診しようと思ったんですよね・・・。おおげさですが、眼下けいれんという怖い病気があると知ったので・・。

結果から言うと、脳外科まで行かなくて良かったです。原因は「疲労」ですって。

長くなりますが、聞いていただけます?

土曜だったこともあるのか、眼科ってこんなに混雑したっけ?というほどの人・人・ひと。雨の日だから空いているかという甘い考えは一気にふっとびました。

ネットで検索して行った初めての医院ですが、9時開始にも関わらず朝7時半から待合所を開放しているとか。評判のお医者さまなのね、これなら安心・・・。

10時半に受付を済ませたところ、混雑のため午後になるだろうから出直したほうが良いとのことで、いったん帰宅しました。

電話をして確認しながら自宅待機し、再び来院してさらに待たされ、やっと検査していただいたのがなんと夕方4時!昼休みもなく検査しているそうですよ。

機械にアゴを載せて気球の映像を眺める、昔も受けたことのある検査、目にふっと機械の風を当ててびっくりする検査(眼球の反射でも調べているのか?初めて受けました〜)。

視力検査では2年前の自動車免許更新の前にメガネを作ったとき以来ですので、さらに悪くなっている感じが分ります。

いったん待合室に戻った後、少ししてまた名前を呼ばれ、やっとドクターの診察です。

「しばらくけいれんが続いていまして・・・でも今朝からは止まったようでまだ出ていません」

「疲れるとなるんだよね〜はいこっち見て〜」

(おっきな虫眼鏡のようなもので私の眼に光を当てて診るお医者さま・・ちらっと見てすぐ終了)

「まあね〜痙攣で顔が変形しちゃうくらいになるのは滅多にないことだから。今日治ったんだったらもう大丈夫でしょ。薬も出しませんから。はいっ、いいですよ」

治っていたのか!? 私? 

いくら混雑しているからって・・・私が日頃どんな状況にいるのか(PCで目を酷使しているとか、ねえ)すら尋ねることもなく、それはそれはさらっと診察が終わりました。1分でしたね。ちなみに、この日の担当は院長先生ではありませんでした。

寂しいですねえ。大きな病院でもこういうことありますよね。もちろん、お医者様たちも不本意なことで、もっとじっくり患者を診察したいことでしょうが、なんとかならないかしらね・・・。

自分で調べたので、ドクターからのアドバイスでないのが残念ですが、眼精疲労には木々など緑を眺めるのが有効だそうです。私も、仕事の合間に店舗の庭の緑をこれからもっと頻繁に眺めようと思っています。

みなさまもお気をつけくださいね。

(30th, May, 2011)

梅雨

梅雨入り、と聞いて、がっかりしますか? そうですね、私もそのひとりです。洗濯物は乾かないし、家の中は湿っぽいし・・・。

ですが一歩外に出れば、緑が生き生きとし、葉が濡れてつやめいて、土はしっとりふっくら。

きっと、自然の力に、不必要なものはないのですね(地震は必要なのかしら・・・あんな被害をもたらすことを思うと、そうは思えませんが)。この雨があってこそ、美味しいお米ができる。新潟県南魚沼郡出身の父もよく言っていました。

ここ何日か、台風も来ています。きっとこれも自然には必要なことなのでしょうが・・・被害があっても最小限におさまりますように。お祈りしています。

近所でも、強い風の影響でしょうか、せっかく実った小麦が倒れていました。毎日成長を楽しみに眺めておりましたので、辛いです。

「小麦色」に日焼けした健康的な肌。・・・・というと、想像するあの色。みなさん同じでしょうか?でも実際の小麦って、畑にある状態(脱穀する前)はもっと白っぽいのです。ベージュのような色。おそらく、一粒ひとつぶになった時の、粒の色のことを言っているのでしょうね・・・なんて勝手に想像しています。詳しくご存じのかた、教えてください!

毎日小麦畑を通るたびに写真を撮ろうと思っているのに、道が狭くて停車できずに運転しながらちらっと眺めるだけ。すみません。

同様に、気になっている色がありまして、それは「亜麻色」。

「亜麻色の髪の乙女」というと、ブロンドの金髪をイメージするようですが、実際の亜麻色はこれも白っぽいベージュなのだそうです。栗色と言うべきか。

毎度おなじみのWikipediaで調べてみると、大変興味深い内容が書かれていました。

「リネン」は、亜麻の茎の繊維から作られます。「麻」と似ていますが、アサよりやわらかくて強い繊維がとれる。フランス語では「ラン」と発音され、女性の上等な下着「ランジェリー」の語源にもなっているとか。

ご存じ「亜麻仁(アマニ)油」は、亜麻の種からとれる油ですね。絵具や木製品のフィニッシュに使用されます。

実は一番心惹かれたのが、亜麻の花の美しさなのです。薄紫と薄青の、なんときれいなことでしょう。ご関心のあるかたはぜひWikiの亜麻の画像をクリックして拡大してご覧くださいね。

比較的寒冷な地方で栽培されている亜麻。日本では、北海道の一部で見られるそうです。いつかぜひ、この目で見てみたいものです。

(28th,May, 2011)

毎日、発見。

同じ時間に同じ道をとおっていても、新しい発見ってありますね。

今朝見つけたことは、田んぼです。 

植えられたばかりで頼りなげな稲の苗が、1週間も経たない知らぬ間に、しっかりと根付いている様子が車窓からも分ります。 たくましい! しかも今日は白鷺ならぬ、カモが田んぼにいました。川から近くもないのにね(笑)。

バラもこの時期、見事な美しい姿で、咲き誇っていますね。よその御宅のフェンスから垂れ下がる美しい様子、信号待ちのときにいつも眺めています。

そして、見つけたくなかった発見もありました。

先日、春夏物を出そうとして、衣装ケースの奥に眠っていたジーンズを何本か見つけたのですね。それは、購入したものの、熟慮しなかったためか履いてみるとちょっと腰回りだったり太ももだったりがゆるくて、お蔵入りしていたものでした。

何年か履かずに眠ったままでしたので、今年はさすがにもういいわ、あきらめて捨てましょうと思ったのですよ。でもやっぱりもったいないし、ま、ゆるくても自宅で履けるかな、なんて着てみました。

それが、ゆるいどころか、ぴったりでして・・・・(大汗)。

う〜ん、まずい!まずいですよ。

新しいジーンズが欲しかったので、思わぬ数の増加に嬉しいは嬉しいのですが、ちょっと困りますねえ。

夏に向けて、引き締め対策、しなくてはいけません。ビールも控えなきゃだめかしら(涙)。

(おまけ)

我が家のベランダのラベンダーが(←何だか早口言葉みたい)見事に満開です。携帯画像なのでピントがずれていてすみません。

(26th, May, 2011)

これ、何でしょう?

突然ですが、下の写真はなんでしょう?中からちょこっと見えるものが分ったかたはすごいです!

大きさが分りにくいですものねえ・・・すみません。実は、中に入れているのは目薬です。

そう、猫ちゃんのミニミニポーチは、目薬入れなのです。ほんと、ストラップサイズ。

誕生日に、姉からプレゼントされました。そのときは、ただ「可愛い♪」と思っていたのですが、その後、欠かせないものとなりつつあります。

実は私・・・左目の下まぶたが、痙攣(けいれん)するのです、最近。忘れたころに、ピクピクっと・・・日に何度かきます。

こわい病気ではいけないと思ってネットで調べると、情報がありすぎて・・・余計怖くなりました。

看護婦の友人に聞いて、病院に行こうと思ったのですが、いまだ行っておりません。公私ともに忙しいと言い訳しても、時間は自分で作るもの。これはまずいかも。

とりあえず、ただの眼精疲労であることを祈りつつ、目薬を点しているというわけです。

あ〜なんとかしなくちゃいけませんね。猫ちゃんに癒されながら、また1滴。

(24th, May, 2011)

小川町の和紙すき体験

先日、埼玉県比企郡小川町にて、和紙の手すき体験をしてまいりました。

小川和紙、お聞きのかたも多いことと思います。1300年も前から、高麗の帰化人によって広められた手漉きの和紙づくりが行われていたとのことです。(小川町公式サイトより)

代表的なのが「細川紙」といって、楮(コウゾ・・・クワ科の落葉低木)のみを原料としています。

楮という木は、成長がとても早く、枝さえ残しておけば毎年収穫できるそうです。環境に優しいというのはこういったことからも言えるのですね。

和紙づくり、適しているのは寒い冬。

「手漉き」というとご想像になるかと思いますが、木枠をゆすっている姿。あの「流し漉き」では、「トロロアオイ」という植物を原料に加えます。このトロロアオイが、暑さに弱く腐りやすくなってしまったり、粘度を一定にするには気温が低いほうが良いからだそうです。

*おまけ*

オクラのねばねば、ありますよね。オクラは、トロロアオイの仲間だそうですよ。

さて、画像をご覧ください。

木枠と私言いましたが・・・本当は「竹簀(たけす)」という名前です。これを、すっぽり浸します。

ざばーっと持ち上げて、優しくゆすります。

8つに分けられていますが、ハガキ8枚を作るための枠でございます。

厚みのあるお布団のようなふわふわのものに、花びらや葉を置いていきます。( ↑ ハガキなのに、字を書くスペースはまったく無視の我が家の子供たち 汗)

上からまた薄く原液(?)をかけていただいて・・・出来上がりです!

4日ほど経って、送られてきたハガキたち。

まったくお遊びの出来栄えで・・・お恥ずかしい限りですが。

とても良い体験ができました♪

そして、お土産ショップにて出会ってしまった、こちらをご紹介したいと思います!!

その名も「紋切型」。

紙を折って型紙通りに切り抜き、そっと拡げれば美しい紋が現れる。それが「紋切り遊び」です。

江戸時代には、のれんや看板、長屋の戸障子、着物や手ぬぐいなどの日用品にも「紋」は普通に入っていました。 そんな生活から生まれた遊びだそうです。

私こういうの大好き!なのです。さっそく分厚いのを2冊(できるかどうか分らないのに2冊も買う大胆さ・・・)購入して、いそいそと作ってみました・・・のは同じく手作業の大好きな娘ですが。

見てやってください。

これが型紙です。コピーして、和紙に貼り付けて、黒い部分をハサミやカッターで切り抜きます。

ああ〜楽しそう。早く私もやりたい・・・。

今度は、また小川町に、ハイキングに行こうと思っています!素晴らしい眺望がひらけているのですって。

(19th, May. 2011)

天気と気分

日本人ほど、天候によって気分が変わりやすい民族はいないような気がします。

四季があるから?梅雨があるから?

中学校(だったかな)での地理の授業を思い出しますね・・・地中海性気候、西岸海洋性気候・・・。カリフォルニアのように、ほぼ1年を通してカラッと気持ちの良い晴れが続くと、人間性も明るくなりそうな感じ。南北に長いイタリアも、地方によって性質が異なる傾向があるなどと聞きます。

バリ・インドネシアも、年中暑い国ですね。でもご存じのように、暑いなかでも季節があるんですよ。それも雨季と乾季の違いだけではないそうです。

さて先日、埼玉では暴風が吹き荒れました。自宅マンション付近は、ビル風が起こるので相当な強風になります。

で、ですね。朝、天気予報を見て悩んだのですが、まあいいやと洗濯物を干して出掛けたのですね。

帰宅後、後悔。 もっと風対策をするべきでした。除湿マットが、1枚飛ばされてしまっていたのです。

お使いのかたもいらっしゃることと思います。敷き布団・ベッドの下に敷いて、湿気を取ってくれるスグレモノです。我が家は和室に布団を敷いて寝ておりますが、なかなか布団も干せませんので、この除湿マットが欠かせません。

大きさはシングルマットサイズ。大きいのです。しかも、ハリがあって固め。しかもしかも、飛ばされたのは購入したばかりの新品でした(嗚呼・・・)。

その晩は雨も降り、物を失くした無念さよりも、風雨にさらされているだろうマットの不憫さを思って、なかなか寝付けませんでした。(大きなゴミとなってしまって、自分の責任なのに片づけられないという世間様に対する申し訳なさも、さらに情けない私の気持ちを倍増させました)

そして翌日。はたして、マットはありました!

マンション敷地内の、見落としていた区画の、消火栓の表示ポールに、丁寧にたたまれて結ばれていたのです!!

その感激といったらありませんでしたねえ・・・拾ってくださったかたに本当に感謝いたしました。御礼のしようがなくて・・・申し訳ないかぎりです。私が他の機会に、他の誰かに尽くすことで、御礼とさせていただければと思います。

心配していた汚れもほとんど目立たないくらいに落ち、無事また使える状態です。ありがたいことです。

一日終わって疲れていた気分が、吹き飛びました。機嫌よく、夕方からの家事もできました。

人って、天気によっても気分が左右されますが、温かい気持ちひとつでも大きく変わるのだなあ、と改めて感じた出来事でした。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

<ご報告>

東日本大震災における義援金を、先日託しました。詳しくはトップページ右上のバナーにも記載しております。ありがとうございました。

(11th, May, 2011)

東京見物

ゴールデンウィークは、みなさまいかがお過ごしになりましたか?

私はカレンダー通りの連休でしたが、特に大きなイベントも計画していなかったので、のんびり過ごしました。で、あっという間に終わってしまいました・・・いいんだか悪いんだか。

5月3日には、錦糸町に住む姉夫婦の家に、遊びに行きました。目的は、おしゃべり・亀戸天神・東京スカイツリー。

ちらちら小雨が降ったりして天気はイマイチだったのが残念ですが、なんとか傘をささずにすみました。

楽しみに天神様に行ってみると、すごい混雑!姉曰く「初詣でもこんなに混まない」。藤祭りだったそうです。

転ばないように気をつけて、そしてお参りはせずに(昨年父を亡くしているので、気持ち的にまだお参りは控えているのです)カメさんたちに会いに行きました。

池にたくさん泳いでいたのですが、うまくカメラに映らないので、石の上で休憩しているカメさんのみで失礼します。豊富な水量のなかで自由気ままに泳いでいるカメは、初めて見ました(右上のカメにご注目。なんとも気持ち良さそうです)。水族館などで、ひからびないか心配になる光景しか見たことがありませんでしたので。

天神社の近くには、有名な「船橋屋」がありました。ここも大混雑。で、あんみつはおろか、2百年の歴史があるくず餅も買えませんでした・・・。また次回!

ランチとおしゃべりを楽しみ、さてスカイツリーへ行ってみましょうか。押上駅に向かいます。

真下から見上げると後ろにひっくり返りそうになりますね。子供のころ感激した、池袋のサンシャインもそうでした。

曇天の東京スカイツリーですが、見てやってください。

最高地点の634メートルに到達したのは3月18日。大震災後、頻繁に余震や停電が続いている頃です。暗い中でも黙々と作業している工事現場で火花が散っている様子は、迫力があったそうです。

隣の「東京ソラマチ」も着々と工事が進んでいるようで、丸いドームシアターの建設している様子が見えました。楽しみですね。

* しつこいですが、夜なのではありません。雨が降りそうなのです。暗くてカナシイ。

楽しかった日も過ぎ、翌日姉から携帯にメールが。

「今日は晴れのスカイツリーです」

うむむ、やっぱり青空で見たかったなあ。また次回!

(6th, 2011, May)

右にならえ!

こちら埼玉白岡でも、田んぼに水が入りました。毎朝、きらきらした水面を嬉しく眺めております(去年は田植え、体験させてもらったなあ、などと思い出しながら・・・)。

先日のTVで、 〜前回に引き続きですが、暇なときテレビばかり見ているわけではございません 汗〜  カモたちの大行進の様子を観ました。その数、約6000羽!

飼われている場所からエサ場となる田んぼまで大移動するこのカモたち、飼い主にとってはエサ代が浮いて大助かりで、田んぼの持ち主からは害虫を食べてさらに土をかき回してもらえるため感謝されるという、エライ行動をしているのです。

カモたちの毎朝のウォーキングはなんとおよそ1km! 運動のおかげで、元気で栄養のある卵をたくさん産んでくれるようになったそうです。

面白いのは、それだけではありません。

このカモたちは、大行列、大行進をしている最中でも、一斉にぴたっと止まることができます。もし人間だったら将棋倒し間違いなし!なのに。

(鳥全般に言えるそうですが)動体視力が、ヒトとは比べものにならないほど、発達しているそうです。だから、Vの字に並んで空を飛ぶ鳥たちや、大群で飛ぶ鳥たちが、お互いにぶつからずに一定の距離を保って、飛ぶことができるのだとか。

それはさておき。

今日もいつものように狭い道を抜けておりましたところ、近隣の大学に通うたくさんの学生たちと通り過ぎました。普段なら、右に左に、自由気ままに歩く若者たちですが、今日は2.3人がぱっと、本当にはっきり分るような動きで、右側に沿って私の車を避けてくれました。と、そのあとに続く子たちも、ぱぱっと右側に・・・。

人間、無意識にとる行動ってあるのよね〜と感じ入りました。こんな狭い道を通ってごめんね〜とも(苦笑)。

アリなどもそうですが、カモの大行列を見て、つい思い出した次第です。え、カモと一緒にするなって? 若いっていいなあと思ったんだから許してね。

(26th, Apr, 2011)

ください? 下さい?

今日、ふとつけたTVで、雑学王決定戦をやっていました。

そこで、へえ〜と思ったのが、こちら。

「ください」と「下さい」の使い方の違いです。

・・・答えは、

「ください」は動作・行動をお願いするもの。

「下さい」は、「物」を欲しいとお願いするもの。

つまり、「お返事ください」と「返事を下さい」という違いです。

あ、かえって分りにくい例でしたね(笑)

つまり、〜してください、は良いけれど、〜して下さいとは言わないということだそうです。知らなかった・・・。

私、日本語の由来とか、ことわざとか、漢字の成り立ちとか、大好きなのです。大学時代も、専攻していたドイツ語の検定も受けずに、漢字検定を受けておりました(汗)。国文科に行くべきだったかも。

雑学もとても面白いですよね。へえ〜って思うの、楽しいです。

今日はこれだけ言いたかったので、おしまいにさせてください♪

(23rd, Apr, 2011)

クリスマスローズ♪

昨年12月に、お客様からかわいらしい苗をいただきました。

さっそく実店舗の庭に植えましたところ、寒さに負けず可憐な花をつけてくれて、今もまだまだその姿を楽しませてくれています。

クリスマスローズは私は初めて育てるのですが、下から覗いてその顔をやっと確認できるくらい、うつむきかげんに控えめに咲くその様子に、毎日癒されております。

繊細な姿に似合わず、丈夫で株もどんどん増えるとの教えをいただいたので、あまり気負うことなくお世話をしておりまして、大きくなってくれるのをとても楽しみにしています。

夏は休眠するとのこと。酷暑に負けないよう、守ってあげたいと思っています。

(追伸) クリスマスローズの株を下さったお客様にお尋ねしたところ、白い花の後にこの黄緑色の「がく片」が出てくるそうです。私が花だと思っていたのは「がく」でした・・・だってそれにしたって綺麗なんですもの。中側に種がついたら切ってあげたほうが株に負担がかからないとのことで、辛いですが切り取りました。で、飾りました♪

やっぱり可憐です。

(22nd, Apr, 2011)

突然襲ってくる思い

私には通勤時間が約30分あります。これは、主婦から店長にスイッチする貴重な時間・・・なんていうとかっこいいですが、実際は主婦から「素の自分」に戻ることができる、大切な時間。

車の運転中というのは、なぜこう考え深くなるのでしょうか。

ラジオから思わぬ貴重な情報が聞けたり、流れる風景から季節の移ろいを感じたり・・・。

そんななか、突然襲われる感覚があります。

それは昨年9月に亡くなった、父の面影。

車窓から外を眺めると、のんびり散歩しているおじいちゃん、若いママと一緒にベビーカーを押しているおじいちゃん、健康に気を使っているのが分る、ジャージで颯爽と歩いている年配の男性・・・。

顔は見ていません。後ろ姿が、重なるのです。

よくよく見れば、本当は似ていません。でも、どうしても重なるのです。

運転中なのを思い出して、にじんだ涙をぐっと我慢します。

どんなかたちであれ、死の別れは非情です。これ以上辛いことはないと思えます。

私は、闘病中の父と、最期の時間を共にすることができました。本当にありがたいことだったと思います。

この大震災では、別れの予感なんてなかったのはもちろん、あまりにも突然すぎる出来事に、死の実感が湧かないのは当然のことでしょう。最後の言葉すら、ないのですから。

愛する人を失った悲しみにくれる人々の気持ちを思うたび、私の胸もしめつけられるのです。

どうか、無理に気持ちを整理しようとしないでください。自然に、任せるしかないのだと思うのです。

夫が懇意にしていただいている、中谷彰宏氏からいただいたメッセージを、ご紹介させてください。

本当に、ありがたいお言葉でした。

私にも、まだまだ辛いことはあるでしょう。でも、見守ってくれていると思うと、力が出ます。いえ、見守っているだけではないのです。一緒に、私の中に、いるのです。

(19th, Apr, 2011)

春になれば

自宅から店に着くと、中には入らずにまず、庭を眺めます。

この2.3日続いていた雨のおかげで、土は黒くしっとり、ふかふかに。

地震で水が半分以下までこぼれてしまった水盤も、屋根からの水がたまってキラキラしています。

朽ちかけた鹿威しの竹杭は完全に外れてしまっていて、もう修復不可能かも。

きれいな黄色と香りを楽しませてくれたラッパ水仙はもう盛りを過ぎ、今度は小さな青いオオイヌノフグリが咲いています。

木々にはちゃんと小さな芽が顔を出し、ピンク色のつぼみでも見つけたら何の花かしらとわくわくします。

春に、なってきたのですね。

私の一番好きな季節です。生命のエネルギーと喜びを感じます。

みなさんは、どんな春を見つけましたか?

(23th, Mar, 2011)

日本人がさらに好きになりました

まだまだ報道は震災についてが中心で、7日目となる今日でも、何度も見た映像に、何度も心を痛めるばかりです。

個人的にはすでに募金をしました。では店としてやるべきことは?

そう、メルオリにできることは何か。

考えました結果、売上金の5%を義援金として関係機関を通じて被災地に送ろうと、2日前にトップページやメルマガにてご報告させていただきました。

わずかなことかもしれませんが、少しでも力になることができたなら嬉しく思います。

そうしたなか、お客様からはすでにたくさんのご賛同の温かいお言葉をいただいております。

中には、メルオリ義援金に、さらにご自分の意思を上乗せされた方までいらっしゃいます。感涙です。本当にうれしく、有難くお預かりいたしました。

ネット動画や Twitter などでも、元気を出そう!というメッセージが多く配信されています。

地震や災害の大混乱にも関わらず、暴動も起こさず、品を保って秩序ある行動をし、知らない人同士が協力しあう姿。

思いやりのある温かい人々の様子を見るにつけ、日本ってすごい!と感じます。

バリも好きだけれど、やっぱり日本人は素晴らしい!

ここで今朝、配信された犬飼ターボ氏のメルマガを、転載いたします。

犬飼ターボです。

震災に遭われた方へ、心からお見舞い申し上げます。

災害に遭っていない方たちから、

「何も出来ないので、心が痛い」という声を聞きます。

こういうときは、現状に目を向けながらも、

自分の中にある「意欲」にフォーカスして、

プラスのモチベーションを高めておくことだと思っています。

楽しむことに罪悪感を感じてしまう方へ

楽しみは経済を活性化させます。

みんなで楽しむことを止めると、経済が落ち込みます。

特に今の日本はサービス業が発展しているので、

その分、経済の復興も遅くなります。

楽しめる環境にある人はどんどん今を楽しみましょう。

自分を責めてしまう方へ

何もできない自分を責めると、怒りが溜まります。

それがふとしたきっかけで他人へと向かいます。

自分を責めるのではなく、助けたい意欲があるんだなと

自分をねぎらってあげてください。

無力感を感じている方へ

あなたは、何かしてあげたいという意欲があります。

それは、同じ日本人を大切に思っている愛です。

今、日本中が無力感を感じています。

みんなと日本を愛する心でつながっています。

仕事が手に付かない方へ

かならず、平常に戻り、復興します。

みんなのために何が役立つのかを考えて

そのための準備をしておきましょう。

暗い未来を想像してしまう方へ

あなたは未来を予想する力があります。

未来を予想できる人だけが、未来で安全を創り出すことができます。

大切な家族のため、大切な日本のため、地球のために

どうすれば安全を創り出せるかに目を向けましょう。

日本は、こうした災害や破滅の後に、必ず以前よりも良くなります。

みんなでもっと素晴らしい日本を作りましょう。

それは世界が素晴らしくなることにもつながっています。

そうなのです。一生懸命節電して、被災地の方がたの辛さを思って心を痛めていても、私たちはやっぱり明日に向かって行動しなければなりません。メルオリも、がんばります。みなさん、ご一緒に!

(17th, Mar, 2011)

烈震

店で、いつもどおりPCに向かっておりました。

かたかた・・・という振動に、だるまストーブを消そう、いや、すぐ収まるだろう、いや、でも危ないからやはり消そう!と消したあと、どんどん強まってくる揺れ。

今まで経験したなかで最大の地震。縦より横の揺れに、めまいと気持ち悪さを感じるほどです。しかも長かった!

その後何度も起こる余震におののきながらも、おかげさまで私たちは今、無事でおります。

自宅マンションは、10階だということもあるのか、部屋には本棚や食器棚から落ちてきた物が散乱。破損もありました。掃除する気も起きません。

不思議と、普段さぼっている場所のものが落ちているんですね〜。これを機に掃除しろ、と言われているようでした(汗)。

我が家にはとても大きな本棚があります。上部がアーチ型をしているので、耐震グッズを取り付けるのも苦労しましたが、やっておいて本当に良かったです。アーチの屋根部に、めりこんでしまっていましたが、そのおかげで本棚の転倒が避けられたようです。

テレビで見る悲惨な映像。まるで映画のように、でもこれは現実なのです。本当に怖ろしいことです。

どうか、被害に遭われた方たちの早い安否情報確認を・・・。救出を待つ方たちが少しでも早く安心できる場所へ移動できますように・・・。列車が動かないため、帰宅難民も相当な数だそうです。夫も都内から出られないようです。

過去にも大惨事はありました。大変なことだと、心配はします。でも、身近に起こって、やっとその怖ろしさが本当に分りました。

私は現在、おかげさまでいつも通りです。お困りのかた、何かお力になれることがあれば、どうぞおっしゃってくださいね。なにか、できるかもしれません。

(12th, Mar, 2011)

香りと音楽

過去を振り返るのは女性が多い、のでしょうか?

ふとしたことがきっかけで、昔のことを思い出したりします。私にとっての「きっかけ」は、香り、そして音楽。

ふっと鼻先に触れたにおいが、一気に子供時代に戻してくれたり。誰それちゃんのおうちのにおい!とか。それは衣類の柔軟剤の香りだったりするのですが。

今日は、久しぶりに、セリーヌ・ディオンのCDをかけてみました。

一気に想いがめぐるめぐる! 大っ好きだったのです(今は普通に好き)。CDはほぼ全て持っております。

メルオリの仕事を始める前、営業車で走り回る仕事をしておりましたが、ほとんど彼女の歌しか聴いていなかったような・・・(ラジオは除く)。

なので、その5年間の思い出が、襲ってきたのです。何も気負わず久しぶりにCDを手に取った、だけでしたので、不意打ちでした。

男の人って、あまり過去は振り返らないのかしら。私が、懐かしいよね〜話をすると、「今をどう楽しむかが問題なんだ」などと夫は言います。ふ〜ん、かっこつけてるだけのような気がしますけど。

P.S.以前ご紹介した「ハーブの恵み」(養命酒製造)ですが、今度は「ハーブ梅酒」(チョーヤ梅酒株式会社)なるものを発見(ご存知のかた多いかも・・私遅いですかね)!ほほぉと思いいただきましたが、なかなか美味しかったですよ♪ 

他のメーカーもどんどん出して、それぞれどんどん美味しくなっていってほしいです☆ 

(10th, Mar, 2011)

連帯感

今朝の通勤中のラジオ(J-WAVE)では、ジミー・スコットの名言を取り上げていました。

「成功は僕にとって重要ではない。重要なのは歌い続けてきたこと。やめなかったことだよ」

Jimmy Scott 。

彼の生き様を映した歌声は沁みます。この名言、重いです。

私は「Mood Indigo」「holding back the years」というCDしか持っていませんが、もう10年ほど前になるかしら、中野サンプラザホールのライブにて生の声を聴いたことがあります。行っておいて良かった〜。

あまりライブやコンサートに出掛ける機会がないのですが、たまにそのチャンスに恵まれたとき、感じます。

あの空間。あの空気。あの興奮と熱気。

同じ人、同じ音楽を好む、「同じ!」という感覚が、まったくの他人の集まりなのに、妙な連帯感を生みます。それが心地よいですよね。ファンの心理って、そんなこともあるのかしらと思います。

そんなことを考えながらJimmyさんの歌を聴いていたら、道路をふさいでいる大きなトラックがありました。

今朝は時間に余裕があったので、イライラすることもなく、狭い路地にバックで入ろうとしているトラックを眺めながら待っていました。

大きな本体と荷物を積んだ連結の荷台。カーブしながらのバック入庫はさぞ難しいことでしょう。何度か切り返しながら上手にトラックを扱う運転手さんの腕に、見惚れていた私。

無事入庫し、待っていた私に手を挙げて挨拶してくれました。

挨拶を返しながら、これもドライバー同士という一種の連帯感かなあと。

だって知らないおじさん(失礼)と、「よっ、待たせてすまないねっ」「いいんですよ〜、しかしお上手でしたねえ」なんてやり取りしませんものね。

快い連帯感はいいですが、困った連帯感もあります。

また娘の話になってしまい恐縮ですが、小学三年の彼女、クラスで仲良しの子から誘われて、交換日記(現代では交換ノートというそうです)をしています。

仲間意識が強くなって、いじめの原因にもなったら困るなあと好ましく思えなかったのですが、「一緒にやりたいという子がいたら入れてあげるのよ〜」とだけ言って、少し様子をみることにしました。

3人で始めたノートは、のんびり巡り、3回めの番がやってきたようです。頁をぱらぱらめくりながら、彼女いわく、「もうやめたいなあ、書くことないんだもの・・・あんまり面白くないし」ですって。

変な連帯意識を持ってもらいたくないので、「やめちゃえやめちゃえ〜」と思いながら、話をした次第です。

いい連帯感の快感を早く知ってほしいと願っています。

(8th, Mar, 2011)

ちっちゃなもの

突然ですが、これはなんでしょう?

ねじ。ええ、そうなんですよ。ねじです。でも大きさを見て下さい!

何に使われているねじでしょう?

答えは、こちら。

メガネ用の、ちっちゃなねじなのでした。

娘のメガネなのですが、ねじを失くしまして・・・。

持参して相談した眼鏡屋さんによると、小学生なので、飛んだり跳ねたり転がったり、友達とふいにぶつかってしまったりして、ねじが緩んでしまうことはよくあるそうです。それから、メガネのつるが開いてしまうことも(鼻が低いのでメガネが落ちてきてしまってこれまた困りますね)。

お恥ずかしいことに、ねじを失くしたのは、これでもう2回目。そのたびに車で15分のショッピングモールに入っている眼鏡屋さんまで行くのは大変(私が)なので、ダメもとで聞いてみました。

図々しいなあ〜と思いつつのお願いでしたが、その眼鏡屋さんは快く、ねじを2個、下さいました。本当にありがたいです。

で、嬉しくなって、撮影したというわけです☆

こちらの眼鏡屋さんは、お手頃価格で、可愛いデザインが豊富です。さんざん探し回って、娘が決めたのがこのデザインでした。地味ですね〜・・・・でも私と趣味が合うんですよ。

(3rd, Mar, 2011)

睡眠ってたいせつ・・・

昨夜は、なんと21時半に就寝してしまいました。

お仕事、家事、育児、お忙しいかたが多いことと思います。21時半に寝ちゃうなんてとんでもないっ!申し訳ございません。

ちょっと、疲れがたまっていたようです。風邪気味でしたし。(←言い訳)

仮眠程度にして、また起きればいいわ〜なんて思っていたのに、気づいたら朝でした・・・。

でも今朝はスッキリ!もともと、睡眠不足がすぐ体調・精神面にきちゃうタイプですので、改めて寝ることの大事さを感じました。

そして店までの道のり、今日は赤信号にもひっかかりません。カーラジオからはモノラル録音のシャンソンが。ちょっと気怠い感じが花粉症の目と鼻にとても合います(笑)。

思えば、実家にいる頃。我が家は父を除いて母・姉・私と酒は飲まず(今では父に晩酌していれば良かったと思います・・・)、22時には就寝。朝は早起き。非常に健康的な生活でした。就職とともに一人暮らしを始め(入社後3か月は研修のため会社の寮にいました)、徐々にお酒を覚え、就寝時刻も遅くなりました。

メルオリの仕事を始めて何年か経ち、徹夜作業もありました。体調を崩したのはこの無理がたたったのでしょう(だから自営業って公私の時間管理が大事なんですよね・・・)。

年齢もあるかもしれませんが、最近、「頑張らないで、がんばる」ことの大事さを痛感します。無理は禁物ですよね。

・・・だからって、毎日早寝じゃあ、困りますよねえ。たまに、のことで許していただくことにしましょうか。

季節の変わり目。みなさまどうぞご自愛ください。いつも言っている気がしますが、本当にそう思います。

(2nd, Mar, 2011)

庭ね・・・

ちらっとお話ししてしまったので、気になって心配してくださっているかたもいらっしゃるかもしれません。(実際、大丈夫ですか〜?というメールもいただきました・・・ありがとうございます(涙))

30坪程度?のメルオリ店舗の庭、なんと半分が別の地主のものでした!しかも敷地内に町道が入り込んでいるのです。

なんじゃそれ!?

ええ、私も驚きました。だってある日突然、メジャーを持った男性が庭の中に入ってきて右往左往しているのですよ。何事!?と思って話したら、ここの土地主だとおっしゃるではありませんか。このたび遊んでいた土地を売りに出すので、様子を見に来たとのこと。

ちょうど、庭を半分に、線引きがされています。庭の前に空き地があるのですが、その空き地の持ち主の不動産会社の方でした。で、こちらの家の庭の半分までが範囲だと。

聞けば人生いろいろ、事情があったようです。それはそれは・・と話を聞いておりましたが、事実は事実。ここはよそ様の土地なのです!

(全体が写らなかったので一部分だけですが・・・)

右にある、先日完成したカマドをちょうど分断する位置でした(なんてこと!)。

買い手がついて、工事になったら、庭は壊されてしまいます。塀も立つことでしょう。石段の入口はなくなり、横からの出入り口を新しく造ることになるでしょう。

今を盛りと咲いている、梅?の木も、鳥が遊びに来てくれるシダレモミジ?の木も、花を楽しみに楽しみにしているサルスベリの木も、みんな犠牲になってしまいます!!

(「鹿児島紅梅」に似た感じの花木です)

問題は、賃貸契約時に、まったく話を聞いていなかったということです。憤慨する私に、「感情的になるな」と冷静な夫。カマドが壊されるかもしれないというのに!

・・というわけで、今、契約した不動産会社とオーナーと、話し合いを始めようとしているところです。

この古くて大きい日本家屋、庭が半分になってしまったら価値はだいぶん減るでしょう。頼みますよ、オーナー!

また進展があったらご報告します〜。

(25th, Feb, 2011)

「2」について

昨日は2月22日。だからというわけでもないのですが、なぜか「2」が気になっておりました。

掃除機をかけながらふと考える。

子供時代から、私の好きな数字は「2」でした。「1」ではないのです。負けず嫌いで、1番になれないと悔しいくせに、2番でもまあ満足してしまうたちでした。

幼な心に、出る杭は打たれる、まさかそこまで考えていたわけでもないでしょうが、代表として注目されるより、その人の脇でその人を支えながら(大げさですが)実力を発揮していくことに喜びを感じていたのかもしれません。

大人になった今も、プライベートの面では基本はきっと同じ。たとえば今年度の保育所の保護者会役員でも、「副会長」。会長ほどの器はない、でも中心の近くにはいたい・・・・。

でもそれって、なんだかずるくないですか?

面倒なことや責任だけは1番の人に押し付けて、言いたいことは言う。

そんな2番手になってはいないかと、ふと心配になりました。気をつけなければ・・・・。

店、メルカード・オリエンタルとしては、代表は確かに私です。でもけしてひとりでやっているわけではなく、会社(店舗)経営として、周囲から多くのアドバイスをいただきます。お客様への対応も、商品の梱包発送も、けしてひとりでできることではありません。ですから、「代表」といっても私は名前だけで、名刺にある役職名も、正直言って違和感のあるものなのです。

日常の些事にかまけてついつい忘れてしまいがちだけれど、絶対忘れてはいけない、自分をサポートしてくれているひとたちへの感謝の心。 改めて感じて、言葉や態度に表さなければいけないな・・・なんて思いました。それがなぜ掃除機をかけながらだったのか分りませんけれど。無言になるって、自分を見つめるのに大切な時間ですものね。

私が好きなのは、「みんな、1番」なのではなく、みんな、2番なのかもしれません。

(23rd, Feb, 2011)

Eストアーアワードに参加してまいりました

2/18(金)に、「Eストアーアワード2010」に参加してまいりました。

そのため、臨時に発送を休んでしまいご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。ご理解をいただきありがとうございました。

さてこのアワード。

当店がお世話になっている「Eストアー」社のイベントです。正式には 【プレミアムショップミーティング「Eストアーアワード2010授賞式」】というイベント&セミナー&店長交流会でした。

2010年の年間を通して、顧客満足度や月商において、もっとも優秀とされる店舗に贈られる年間大賞です。

運よくその授賞式に招待をいただいたので、参加してきたというわけなのです(もちろんただの招待客ですよ〜。いつかは受賞できるくらい立派な店にならなくては 汗)。

場所は台場のホテル日航東京。久しぶりにゆりかもめに乗りました。

素晴らしいイベントでした。色々勉強もさせていただき、たくさんの店長さんたちと交流ができて、ありがたく感謝しました。

長時間で、久しぶりに東京へ出たため、疲れて帰路に着きました。お台場のフジテレビ本社が綺麗だったこと、東京タワーのだいだい色と山吹色のグラデーションが美しかったこと、が胸に残りました。

もっとお店、頑張らなくっちゃあ。

お土産にいただいた紙袋の中に、「ネットショップ実務士 公式テキスト 2010年度版 レベル1〜2共通」(一般財団法人 ネットショップ能力認定機構 定価2,800円)がありました。

大変ありがたいのですが、実は私、同じものをすでに1冊持っておりますので、ご希望のかたに差し上げたいと思います。

直接メールくださいね。 info@mer-ori.com

早い者勝ちで恐縮ですが、1番にご連絡をいただいた方に、お送りいたします。一緒に、頑張りましょう!

(22nd, Feb, 2011)今日は猫の日♪

雪だあ〜

なんて、子供みたいですが、でも本当に久しぶりの積雪でした。

店に着くなり、何もない庭が真っ白になっているのに感動して、思わずひとつ、作り始めたら止まらなくなりました(笑)

↓↓↓

手がじんじんしてきたので、仕事に戻ります。

すでに太陽がしっかりと顔を出して暖かい光を放っているので、雪はどんどん溶けております。このゆきだるまたちも、短い命、かも・・(固く握ったのですけどね、しかも素手で)。

明日朝、溶けた雪で道路が凍結しないといいなあと祈っております。

(15th, Feb, 2011)

感動の再会!

2月11日は、「建国記念日」ですね。

それはもちろん知っているけど、この「国民の祝日」には、どんな意味があるのでしょうか?

それは、「国がつくられたむかしをしのび、国を愛する心をもとうという日」なのです。

アメリカでは、独立記念日などといって、国ができた日を祝っていますね。

日本でも、建国記念の日をつくろうということで、2月11日をその日にすることが1996年に決まったのです。

なぜ2月11日にしたかというと、紀元節というむかしの祝日の日を選んだからだそうです。

・・・と、以上、学研まんが「365日のひみつ」より抜粋させていただきました。

学研まんが!ひみつシリーズ!!

子ども時代に、お読みになったかたも多いのではないでしょうか。そして、お子さんがいらっしゃるご家庭では、現在本棚に並んでます〜というかたも・・・。

実はわたし、大っ好きだったのです、このひみつシリーズ。贅沢はできない家庭でしたが、このシリーズはおねだりすると買ってもらえました。そのうち、お小遣いで買ったりもするようになりました。

前述の「365日のひみつ」。それから、「からだのひみつ」「地球のひみつ」「海のひみつ」「星と星座のひみつ」「まんがことわざ事典」「発明・発見のひみつ」「忍術・手品のひみつ」・・・・・。

本当にすばらしいシリーズだと思います。めちゃくちゃ勉強になりました。

最近、小3の娘に色々質問されて答えるとき、これらから学んだことを使って説明している自分に気が付いて、ぜひ読ませたいと思ったのです。

で、調べて、amazonにて購入。

感動しましたよ〜、まさにこれでした!私が読んでいたものとまったく同じ!!

求めていたのはこれでした。色々改訂版が出ているそうですが、この内容が欲しかった! 

新品は入手不可能で、中古本となりましたので、この変色した紙。たくさんの子供たち(または大人も)の知識を増やしてくれたことでしょう。

他にも何冊か購入しました。ちゃんと娘が読んでくれるのか分りませんが、私のあいまいな知識を再確認するためにも、必要なものだったと思います。

本当にうれしい再会でした。

(13th, Feb, 2011)

まだまだ寒いですね

三連休のかたも多いかと思います。みなさまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

雪模様となったところが多いようで、行楽には残念だったかもしれませんね。見ている分には、雪景色はきれいなものです。こんな薄っぺらい雪量のくせに話していると、豪雪で大変な思いをされている地方のかたがたに、本当に申し訳なく思いますが・・・。

さて私はといいますと、昨日、電車で出掛けました。行き先はお隣の春日部市です。

車なら30分。ですが愛車は冬タイヤを履いておりません(チェーンは持ってますが面倒)。これから積もるというのを聞いて、大事をとって、電車を選んだというわけです。

白岡からの移動距離はたいしたことはないのですが、路線の都合上、ちまちまと乗り換えが必要で、電車に乗ってる〜感がありました。

普段、車から見ている景色を、電車から眺めるのもオツなものです。踏切で並んでいる車の列をみては、ここいつも引っ掛る所だわ〜なんて思ったり。見慣れた風景が、角度を変えるとこうなっていたんだ、なんて発見があったり。

駅も、日々進化していますね。先日利用したときにはなかったエレベーターが完成していたり、「エキナカ」が立派になっていたりすると面白いですね。

寒い外出でしたが、帰宅してほっと一息。おうちってやっぱりいいなあ、改めて感じた日でした。まだまだ寒さも続きそうです。みなさま、暖かくしてお過ごしくださいね。

(12th, Feb, 2011)

作っちゃいました。

週末に仕事が入っていないと、夫は、いそいそと高岩の店舗に向かいます。

先月末には、念願の窯を作ってしまいました。

↓↓↓

画像手前に入れたのはアルミ+木製のイス。これをカマド前まで移動させ座って、炎を見つめてご満悦の彼。

セメントをこねて、ペタペタしながらレンガを積みました。私も手伝いましたが、結構難しくて。用意した水平器も使いこなせず・・・そのうち、大丈夫大丈夫!と勢いだけで積んでいきましたO型の私。

金網は2段、用意してました。アウトドア好きなくせに、時間がなくてなかなか森や川へは出掛けられないので、こうして楽しむつもりのようです。

レンガの間にあるのは大谷石です。高価で立派な石で、ホテルの外壁などに使われていたりします。

もちろんわざわざ用意したわけではなく、旧店舗で積み上げて使用していたものがこの高岩の新店舗に来てから余ってしまったので、ちょうど窯に使ったというわけです。

が、調べてみたら耐火性もあるとのこと。まあ〜おあつらえむきでしたね。

裏にある石灯籠には煙たくなってしまって申し訳ありませんが、薪を割って積んだりしている形跡を見ると、楽しくて仕方ないようです・・・・。

記録的な乾燥が続いています関東地方。重々気をつけます!

(8th, Feb, 2011)

とはいえ、まだまだ寒いようで・・・

店に来るとまず、暖房をつけます。ファンヒーターが示す室内温度は4℃。底冷えしております。

今年の雪の多さといったら、本当に大変ですね。まだまだ続いているという豪雪、さぞかしお困りのことでしょう。言葉だけで申し訳ありませんが、お見舞い申し上げます。

雪こそなかなか降らない埼玉ですが、乾燥したキーンと冷える空気に包まれています。日中しか人間がいない日本家屋も、それはそれは冷えるようで、観葉植物が見るたびに弱っていくようです。

パキラ。

日当たりがよければ元気で手のかからない子だと思っていましたが、日増しに葉の色が薄くなり、白っぽく変色。可愛い赤ちゃん芽も、黒ずんできてしまいました。

これは大変!昼間だけ暖かくてもダメだった・・・!

一度自宅マンションに連れ帰って養生させることにします。日当たりも良く、生活しているだけあって夜の室内温度も下がりすぎることがありません。

ああ〜頑張って元気になってほしいものです。

さて如月。

2月は本当に早いんですよね。一日いちにち、大切に過ごしたいと思っています。

インフルエンザも流行っています。まずは皆様健康第一!ご自愛くださいね。

庭の木に、可愛いつぼみと咲き始めた花を見つけました。カメラを忘れたので携帯画像で失礼します ↓↓

(1st, Feb,2011)

梅を見て、また考えます

昨年も春の訪れを教えてくれた梅の木に、今年も白い可憐な花を見つけました。毎日その道を通るたびに眺めていますが、残念ながら車なので、いつか近くに停めて、じっくり鑑賞したいものと思っています。

白梅も良いですが、紅梅も格別! 先日は偶然通った道で(この時もやはり車から・・残念)それはそれは立派な紅色の花が咲き乱れているのを見かけました。かぐわしい香りが辺りに漂っているのでしょうね。どこか色っぽい魅力を紅梅には感じます。

車にばかり乗っているようですが、そうなのです。店舗の移転があり、今までの徒歩通勤から、車通勤へと変わりました。

愛車はエコカーでもないし、環境にはよくないな・・・と気がそがれますが、もともと運転が好きなので楽しく通っております。

そんななか、最近では人を待っていたりする「すきま時間」に、車内で本を読んでいます。少ぅしずつしか頁は進みませんが、読まないよりずっといい。

先日、心に沁みた文章がありましたので、ここでご紹介させてください。長くて恐縮ですが、全文を引用いたします。

「ひび割れ壺」

 インドのある水汲み人足は二つの壺をもっていました。

 天秤棒の端にそれぞれの壺をさげ、首の後ろで天秤棒を左右にかけて、彼は水を運びます。

 その壺のひとつにはひびが入っています。もうひとつの完璧な壺が、小川からご主人様の家まで一滴の水もこぼさないのに、ひび割れ壺は人足が水をいっぱい入れてくれても、ご主人様の家に着くころには半分になっているのです。

 完璧な壺は、いつも自分を誇りに思っていました。なぜなら、彼がつくられたその本来の目的をいつも達成することができたから。

 ひび割れ壺はいつも自分を恥じていました。なぜなら、彼がつくられたその本来の目的を、彼は半分しか達成することができなかったから。

 二年が過ぎ、すっかり惨めになっていたひび割れ壺は、ある日、川のほとりで水汲み人足に話しかけました。

「私は自分が恥ずかしい。そして、あなたにすまないと思っている」

「なぜそんなふうに思うの?」

 水汲み人足はたずねました。

「何を恥じているの?」

「この二年間、私はこのひびのせいで、あなたのご主人様の家まで水を半分しか運べなかった。水が漏れてしまうから、あなたがどんなに努力をしても、その努力が報われることがない。私はそれがつらいんだ」

 壺は言いました。

 水汲み人足は、ひび割れ壺を気の毒に思い、そして言いました。

「これからご主人様の家に帰る途中、道端に咲いているきれいな花を見てごらん」

 天秤棒にぶらさげられて丘を登っていくとき、ひび割れ壺はお日様に照らされ美しく咲き誇る道端の花に気づきました。

 花は本当に美しく、壺はちょっと元気になった気がしましたが、ご主人様の家に着くころには、また水を半分漏らしてしまった自分を恥じて、水汲み人足に謝りました。

 すると彼は言ったのです。

「道端の花に気づいたかい?花が君の側にしか咲いていないのに気づいたかい?僕は君からこぼれ落ちる水に気づいて、君が通る側に花の種をまいたんだ。そして君は毎日、僕たちが小川から帰る途中水をまいてくれた。この二年間、僕はご主人様の食卓に花を欠かしたことがない。君があるがままの君じゃなかったら、ご主人様はこの美しさで家を飾ることはできなかったんだよ」

 (作者不詳 菅原裕子訳)

・・・・「子どもの心のコーチング」菅原裕子著 PHP文庫より

(27th, Jan, 2011)

湿度を保つには

今の季節、室内環境を整えることにおいて重要なのは(特に関東地方)、温度とともになんといっても湿度!

そんなこと言われなくっても、お肌が教えてくれてますって? 私もそうです〜。

というわけで、加湿器、お使いのかたも多いかと思いますが、置く場所は部屋のどこがベストなのかご存じでしたか?

今朝のNHK番組によりますと、エアコンの下!なのだそうです。

まず、エアコンの機械に水蒸気が直接当たらないようにして設置。

エアコンからの送風に気化・蒸発した水分が混じって、適度に湿った空気が部屋中に行きわたるというわけです。ほほ〜。

貴重な情報ですが、実は我が家は除湿機こそあれど、加湿器は使用しておりません。洗濯物の夜干しで、十分間に合っているようです(笑)。

さて今日は、もうひとつお教えしたいことが!

明治製菓の、「きのこの山」と「たけのこの里」、あなたはどっち派?なんてよく話題に上がりませんか?

どちらも美味しいのでどっち派でもいいのです。問題は、大きくなったたけのこが、「竹」になって商品化されていたということ!!

これです ↓↓

いつもはチューニングしないラジオ番組ですが、たまたまそのとき合わせたら、こんな貴重な情報を聞いたのです。

で、私って本当に運がいいですよねえ(←お幸せな人間ですみません)。その週の生協のカタログに、なんと載っているではありませんか!

もちろん注文、わくわくしながら開けてみました。

いやあ可愛い♪ お味もたけのこより固めで、さすが竹!という感じ(でもけして固すぎず)。

もうひとつ笑えたのが、パッケージでした。

生協でよくあるように、今回もこちらは単品売りではなく、箱売りなので、出会うことができたこのマーク。

む、「虫がつきやすい」って・・・・。

もちろん調べました。が、業界のマークには見つからず・・・。ナイスです明治さん!(って、勝手に喜んでおりますが、認可された正式のマークでしたら大変失礼いたしました)

こちら、昨年の夏から発売されていたそうです。知らなかった・・・。

(25th, Jan, 2011)

嬉しい訪問

実店舗での私の仕事部屋は、本来の住居として使うならば家族が集まるリビングになるであろう特等の部屋、日当たりの素晴らしい和室(家は全部和室なのですが・・・)です。

角部屋で、縁側のある掃出し窓は陽が当たると眩しすぎて、障子を閉めることになります。

そこに映る、鎖樋の雨水がたまった水盆のきらきら。縁側に置いているバラの鉢の枝の影。

そんな様子は、PCで疲れた目を休めるのにはちょうどよく、しばし眺めています。

緑が少なく乾いた枝や枯れた草が茶色くて、冬の庭はさみしいものです。

そんな中、しばらく前からパタパタと訪れてくるものが。

鳩より2回りくらい小さく、雀より2回りくらい大きい。

何という鳥なんでしょう。どなたかお教えください。

いつもは、つがいで飛んできてくれるのですが、今日はどうやら1羽だけのようです。

木の根元には、鹿威し(ししおどし)の壊れたのがありまして、その水受けにくりぬいた石で、鳥は水浴びをしています。可愛らしいのは、やっぱりどこかから飛んできた雀が、順番を待っている様子です。

この木はシダレモミジかしらと期待しています。春の芽吹きが楽しみ。

そんな中、先日は野良猫も来てくれました。絶対この近所にはいるだろうと思っていたのです! しかも別の日には別の1匹が。ああ〜よく見たい。声をかけたい! ・・・ぐっと堪えて、窓から見つめておりました。

さ、また仕事しますか。

(20th, Jan, 2011)

針なしステープラー、面白いです!

2009年12月に「2穴タイプ」が発売されてから、大好評。続いて2010年7月から、1穴の「ハンディタイプ」も発売したという、

コクヨの「Harinacs」(ハリナックス)。

以前から知ってはいたものの、まだ使ったことがなく・・・先日ついに購入!

ホッチキスの金属針がいらない、まったく新しい方法のステープラーなのです。

金属針がいらないということは、針の補充の手間が省けて、分別の手間もいらずにゴミ捨てができて、シュレッダーにもそのままかけられて・・・と非常にエコな点も多くあるのです。

こんな感じ ↓↓

切って外してはめこんで折ってまたはめこんで・・・と複雑な動きがステープラーの中で一瞬で行われ、紙が固定されます。

すごい画期的なことだと思いませんか!? 初めてこの商品をTVで見たとき私は感動すら覚えました(だったらもっと早く使えばいいのに)。

残念なのは、コピー用紙にして4枚までしか綴じられないこと。構造を考えれば無理もないのですが。

でもでも、逆に、2〜3枚を綴じるのにホチキスを使用し、そのたびになんとなく「!?」と感じていた私としては、これぞまさに待っていた商品なのです。

一か所留めでもいいのですが、上の画像のように、直角にして2か所留めだとよりしっかり綴じることができるそうです。

カシャっと綴じる感覚、楽しいですよ〜。

発想の転換って、素晴らしいですね!開発者のかたに、感謝!

(19th, Jan, 2011)

月明かり

今夜のお月様の美しいことといったら!

光り輝く、とはこんなふうなのでしょうね。

街灯はもちろん、家にも電気がなかった昔むかし。蝋燭に明かりを求める時代では、月や星の明かりは今よりずっと頼もしかったはずです。

そんなことを想像したのも、今ちょうど「源氏物語」に触れているから。

・・・といっても、現代文学作品です。以前購入した「ナインストーリーズ オブ ゲンジ」。ようやく読み始めました。

これ、面白いですね〜。

「源氏物語」は、ほとんどの話を覚えています。・・・なんてカッコいいこと言っておりますが、何のことはない、高校時代に夢中で読んだ大和和紀さんの漫画「あさきゆめみし」(←大手予備校の書棚にも並べてあるそうです)のおかげでございます。

ちょうど今は受験シーズン。

ふと思い出すことが重なって、懐かしくなりました。

(しっかし、新聞に載っているセンター試験の問題、とてもじゃないけど今は解けません!!)

がんばれ受験生!

(17th, Jan, 2011)

今年初の散歩

正月休みに、移転した新店舗の周りを、散歩しに行きました。今回は画像たっぷりでお届けしますよ〜。

新店舗の住所は「白岡町高岩」です。隣接している宮代町にも近く、「東武動物公園」(施設の西ゲートの住所は白岡町だったことを今回知りました)もそばにあります。

なぜカバか。こちらの動物園&遊園地では、カバ園長がいらっしゃるのです。

さて歩きましょうか。

こちら「高岩」地区には、お地蔵様がとても多く、以前から気になっておりました。メルオリの店前の空き地にもいらっしゃいます。

さあ、まず1枚。

成田山・・・。う〜む、縁を知りたい。

田畑も多いのです。

白菜の頭をしばるのも大変なご苦労でしょうね。しかし可愛いですねえ。

またお地蔵様がいらっしゃいました!しかも勢揃い。

だいぶん傷んでいて、お顔が分らないお地蔵様も・・・。

どんどん進みましょう。

今日も冬晴れ。キーンと冷えた空気のもと、てくてく歩きます。

柚子でしょうか・・・。枝も重そうに、たわわに実っています。そしてさあ、これは何か分りますか? ↓↓↓

まるで宝石。ラピスラズリのようにそれは美しい青い珠です。

答えは「リュウノヒゲ(ジャノヒゲ)」の実。ふさふさの葉を手でかきわけると、奥のほうに見つかることがあります。

教えて下さったのは、町主催の体験学習「秋の草花とクリスマスリース作り」に参加したときの先生でした。いやあ興奮しましたねえ。こんなに美しい青い宝石が、隠れていたのですもの。子供の宝探しのように、草をかき分けました。 そしてもちろん、私のクリスマスリースにはたくさんの青紫の実が使われたのでした。

(脱線しますが・・・。このリュウノヒゲの根は、漢方薬の麦門冬湯の原料だったのですね。前にいた会社で扱っていました!うわあすごい。)

まだまだ道は続きます。

父の好きだった無花果。採らないでいると、こんなになるんですね・・・。青いものは、季節を忘れて実ったのかしら。

白鷺も多いのです。

カラスと喧嘩していた猫。

飛行機雲を見つけたときって、ラッキー!って思いませんか?

走るわたし。と、下の子です(初登場)。

心惹かれるかわいらしい看板。

そしてまた見つけました。

大きな御宅にいたワンちゃん。「パトラッシュ!」と声をかけてみましたが、やっぱり違ったようです(笑)。

まだまだ他にも、石碑やお地蔵様が存在しています。いつか、町の歴史を調べにいこうと思っています。

<おまけ> お地蔵様のおはなしで大好きなのが、「まんが日本昔話ばなし」の「田植地蔵」です。機会がございましたらぜひご覧ください♪

(15th, Jan, 2011)

すごい体験ができるそうです!

先日カーラジオから、すごい情報を得ました!

ANA CA(キャビンアテンダント)体験ツアー in 羽田

なんと現役CAの方から指導いただき、実体験ができるというのです!なんと素晴らしい!

最初は機内アナウンスの体験をするらしいですよ。ラジオでいつも話しているナビゲーターの方ですら、緊張して舞い上がっていました。これを、たくさんの乗客の前で、きりっとした姿勢で美しく行うのですもの、CAの方ってやっぱりすごいですね・・・。

その続きは残念ながら聞きそびれてしまったのですが(車が目的地に到着してしまったので)、Webで検索してみると・・・素晴らしい企画ですね。これは参加してみたい!

・・・とはいえ、私はスチュワーデスさんを素敵だと思い尊敬しながら、職業として憧れたことはないのです(誤解なさらず・・・到底なれっこないと思うゆえですので)。

恥ずかしながら、本気で憧れたのは、実はパイロットのほう(←こちらこそ心底なれっこないのですが)。機械の運転って大好きなんですよ。

小型ジェット機でも、ヘリでもいい、空を舞ってみたい!!

子供のころ、そんな気持ちを抱いておりました。

飛行機の近くにいられるなら、航空管制官もかっこいい!

・・・・しかしですね、視力が悪いため、あきらめました(というのは建前でして、実際は英語力がありませんでした 涙)。

そんな今でも、飛行機には多大なる憧れがあります。

空港はだから大好きなのです。といっても、素人の「好き」程度なのですが。ミーハーですみません・・・。

JALにも「JAL航空教室」なるものがあって、機体整備工場の見学などができるんですよね。これは知っていまして、ぜひ行ってみたい!!と思っていました。

CA体験はちょっと難しそうですが、せめて機体整備工場の見学だけでも!今年の私の目標のひとつにしましょう。夢と違って、こちらは実現できそうですもの。

(12th, Jan, 2011)

コーヒーはお好きですか?

正月休みに、電器店に掃除機を買いに行きました。そこで一目惚れしてしまったのが、掃除機ではなくこちら ↓ ↓

ヘルメットをかぶったペンギンのような形と色。可愛い!

その名は「ネスカフェ ドルチェ グスト」。

以前雑誌で広告を見て、いいな〜と思っていたのですが、ちょっと贅沢かと我慢していつもどおりレギュラーコーヒーの毎日。夫に「これいいかもよ〜」と教えたのですが、「そうだね〜」と軽く流されてしまったのです。

いつも朝はコーヒーメーカーでたくさん淹れますが、日中、1杯だけ淹れるときは、カップにセットするドリップ式のものを使っていました(それはそれで美味しいので)。

それが、今回この「ドルチェ グスト」に一目惚れしたのは、実は夫だったのです。

以前私が話したときとは違うNEWモデルは、まったく彼好みのデザインと色。じっと見つめて、売り場を離れないのです・・・軽く受け流されたのはデザインが理由だったのか?

こちらはマッサージチェアを試しながら待つこと数分(いや数十分だったかも)。

そうこうしているうちに、夫はにこにこ嬉しそうに、山のようなカプセルと一緒に、箱を抱えて戻ってきました。・・・あらまあ、という顔をしながらも、内心ラッキーと思っていた私。もちろん使わせてもらいますわ!

可愛いのですよ〜。

カプチーノも美味しかった。モーニングブレンド(アロマ)などは、高圧で抽出するため、クリーミーな泡(クレマ)がなんとも贅沢です。

おすすめは、チョコチーノ。ほんと、カフェで味わうのと同じなのです。

夫は、1年頑張った自分へのご褒美だそうです。そしてその隣でほくそ笑むわたくしです。  しかしあのヒップアップ&マッサージチェア(「エアリーシェイプ」)も、良かったなあ・・・欲しい。

(8th, Jan, 2011)

正月早々、泣かされました・・・

みなさま、お正月はいかがお過ごしになりましたか?

我が家は喪中ということもあり、地味に過ごしました。

先日のメルマガでもお伝えしましたとおり、最近クレイアニメ(代表作として「ウォレスとグルミット」「ピングー」など)にちょっと夢中です。可愛いんですもの。

で、それとは別に、少し前からレンタルDVDをシリーズで借りておりました。子供たちに見せよう(そして名作からなにか学ばせよう)と企む一方で、自分自身も懐かしかったのです。

まずは「小公女セーラ」。

ハウス名作劇場ですよ。懐かしい!!私が小学校のころでした。セーラのいじらしさに、姉と夢中になって見ましたっけ。

果たして、小3の姉と年中の弟は、なかなか真剣に見入っておりました。よしよし。逆境に負けてはいけないのよ。

お次は、マルコにしようかポリアンナにしようかと悩みながら、やっぱりこれでしょうと選んだのが、

フランダースの犬」。

こちら、ハウスより古い、カルピス名作劇場でした。放映されていた頃、私は小さすぎて記憶にありません。なので、しっかり物語を見たのはこれが初めてでした。

何が素晴らしいかって、登場人物たちの互いに対する「思いやり」の心がなんとも美しいのです。こんなに優しい物語だとは・・・。

最終回はご多分に漏れず、号泣してしまいました。子供たちがひいてしまうぐらい(笑)

実は、TSUTAYAでこの「フランダースの犬」をレンタルしていたのですが、全13巻、ずっと在庫があったのです。そしていよいよ後半になり、まとめて借りておこうと思ったら、年末になっていきなり最終巻だけ借りられている!返却予定は1月1日とのことで、待たされました〜。きっと名作の最終回だけでも、クリスマスや年末休暇に見たいと考えるひとがいたのでしょうね。なんだか納得してしまって、おとなしく(当たり前ですが)順番を待っていたのでした。

最後に・・・。この次は何を見る?と聞いたら、子供たちは「悲しすぎるからもうこのシリーズ(名作劇場)は見ない」ですって(←幸せな物語もあるのに)。

人生、辛いことだってあるのだよ、それを乗り越える力を持ってもらいたいのに・・・とひとりため息をつく私でした。というより、人生観の教育をアニメに頼るのが甘かったですかね(苦笑)。

(7th, Jan, 2011)

移転後、お待たせしましたが、このたびOPENです!

12月に引越し、大量の荷物の整理に追われ、ネット回線はつながらず(おかげさまで今は落ち着いたようです・・・)、気が付くと年が明けておりました。

バタバタしていてお待たせしてしまいましたが、このたび、ようやく再OPENできることになりました。

詳しくはこちらにてもご覧になれます:

新店舗ご案内

2月末まで、キャンペーンも行っております。ぜひ、遊びにいらしてくださいね♪

遠くにお住いのかたには、なかなかお会いする機会がなくて本当に残念ですが・・・・。サイトで、画像をご覧になって、雰囲気を想像していただけたら嬉しいです。

改めまして、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

(6th, Jan, 2011)

元気です

昨年末、料理に使おうと、青梗菜の茎をおとしたところ、バラの花のようにきれいだったので、捨てるには惜しくて取っておきました(スタンプにしたら可愛いかもなんて思いまして)。

一応、すこーしの水に漬けておいたら・・・

こんなに芽が出て、すでに立派な葉っぱとなりました。

面白いのは、葉のかたちです。ご覧のように、ハサミで切ったかのようにまっすぐな線があります。この部分が、だんだんふっくらしてきて、最終的にはいわゆる「葉っぱ」のかたちとなっていくようです。

そのうち土に植えたらもっと成長するかしら・・・とも思いましたが、根っこは腐りやすくて危なげな感じ。このまま水栽培のほうがいいかもしれません(←逆ですかね?)。

それはそれはきれいな緑で、柔らかそう〜な葉。食べてみようかな・・・いやいやまだ可哀想。もしもっと大きくなってきたら、少し頂こうかな、なんて考えながら、毎朝水を換えております。

(5th, Jan, 2011)

今年もよろしくお願い申し上げます

いよいよ2011年の幕開けです。

今年は開店10周年を迎えるメルカード・オリエンタルにとっても、私にとっても、心機一転、再出発の新しい1年にしたく思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

(1st, Jan, 2011)

ページトップへ