買い物かごをみる 会員さまマイページへログイン・新規登録もこちらから ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

Merry Christmas from Bali.

 

 みなさま、クリスマスをどのようにお楽しみでしょうか。

 メルオリは、買い付け(? 検品ですね)でバリ島におります(たまたま、この時期しか予定が立てられなかっただけで、バリでクリスマスを祝うためではありませんよ 苦笑)。

 トゥガナン村のすぐちかくのホテル「アリラマンギス」。

 写真は、このリゾートホテルのクリスマスイルミネーションです。

 素敵なクリスマスをお過ごしください♪

追伸 アンケートにご協力いただいた皆さま、貴重なご意見をたくさん頂戴し、ありがとうございました。皆さまのご意見をサイト作りに反映し、具体的な製品アイデアは、新製品にしていきたいと思います。

<プチ メルオリ写真館> ※買い付け初日の模様を写真でご紹介します。

今回はジャカルタ経由でデンパサールを目指します。初めてのジャカルタは、イスラム教のにおいと充実した文化(ふわっふわのパンが人気のショップあり、スターバックスやクリスピークリームドーナツもあり)を感じられる新鮮な体験でした。とはいうものの、祈祷室の隣にトイレがあるところなどは、善悪をはっきり二分化するヒンズーのバリ人にとっては想像できない(理解できない)ことだそうです・・・。

こちらは小さなフードコートの一角。

これで500円くらい。カレーといわれたけど辛くないスープをかけてもらいました。美味しかったです。

深夜にバリ島にlanding。デンパサールの空港は工事されてとても広くなりました。駐車場がグループ分けされていないので、自分の車を探すのも一苦労なほど広いです。

翌朝、お世話になった御宅の2階からの風景。

プルメリアが美しく満開でした。

トゥガナン村へ向かう途中で必ず寄る、サテ屋さんの駐車場には、それは大きなジャックフルーツが。どんな味だったっけ・・・。

「Welcome back !! 」と笑顔で迎えてくださるアリラのスタッフの方たち。いつもお世話になります。

こちらのホテルから車で約10分のトゥガナン村へ。

た〜くさん検品してまいりました。

今日も頑張ってお仕事してきます!

(25th, Dec, 2011 )

12月猫の日によせて。

おかげさまで 「2012年メルオリ福袋」 もご好評をいただいております。ご注文くださったかた、お品のお届けは年明けとなりますがどうぞ楽しみにお待ちくださいね♪ ありがとうございます。

さてふと気がつけば、現在の実店舗に移転をしてからもう1年1か月が経とうとしています。

岩風呂もあたりまえですが健在です。もちろん使用はしていません。自宅マンションに置ききれなくなったキャンプ用品やスーツケース置き場となってしまいました・・・・。

(岩風呂をご覧になりたい方!コチラでございます

去年のちょうど今頃は、「ネット回線がつながらない〜!」と焦っていた時期でしょうか。車で15分ほどの自宅まで何度も往復しては、PC上の仕事をしていたのを懐かしく(やっと笑い話にできるようになりました)思い出します。

今年も、庭先の石灯籠のわきに、水仙が咲きました。

寒空の下、凛と咲く姿。見るたびに気が引き締まります。

今年の日本は、本当にいろいろなことがありましたね。

どうか来年は、みんなが心穏やかに過ごすことができますように。

お祈り申し上げます。

明日朝、バリに向けて出発です。

頑張って検品買付に行ってまいります!(余裕があったら買付日記、また書きますね♪)

みなさま、どうぞ楽しいクリスマスと年末年始をお過ごしください。

今年も当店をご愛顧いただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(22nd, Dec, 2011)

夕焼けのきれいな季節ですね

昨日の夕焼けといったら、見惚れて歩いてどこかにぶつかりそうなくらい、怖ろしく美しいものでした。

今日は我が家からの景色をみなさまに・・・と思って、店での仕事を早めに切り上げて帰宅したのに、雲がかかっていて見えませんでした。残念!

画像のない日記が続くと面白くないものですが、ご勘弁を・・・。

朝は一日のはじまり。

一方、夕焼けは夜のはじまり。

・・・・どちらがお好みですか?

若い頃は、髪型がきまっただけで朝はご機嫌なものでした。

最近では一日の疲れが出る夕方には、メイクも半分落ちて髪も崩れ、帰宅後の家事が憂鬱になります。とはいえ、滅多にない女子会(笑)がある日には、夜になるのが嬉しいものです。

昨日の、CGでも作れないだろう本物の美しいグラデーションの夕焼けには、純粋な感動がありました。

同じ美しさでも、色々思い出して涙を浮かべ、感傷にひたる日もあります。

同じものを眺めても、感じ方は人それぞれ。

何も感じない人もいるかもしれません。

私は、誰もが気がつく壮大な事象だけでなく、畑にもう小麦の芽が出てきたといったような小さなことにも、なにかしら感じることができるようでありたいと思っています。

・・・気持ちにゆとりを持ちたいものですね。

↑ 

なんてかっこつけておいて、実は今、ものすごくゆとりありません。

23日からバリへ飛ぶのに、荷作りはもちろんのこと、仕事の準備さえ半分も終わっていません〜〜。

なんとかなるかしらん(←O型のゆとり?)

(21st, Dec, 2011)

トイレも家電です!

唐突に失礼いたします。

数週間前に(もういつのことやら忘れてしまいました・・・あまりに目まぐるしい日々でして 汗)、我が家のトイレが不具合を起こしました。

タンク内で、水が、止まらないのでございます。

2〜3年前にも同じような症状があり、私が(!)修理しました。部品の交換だけだったのですが、なかなか苦戦したのを覚えております。でもなんとか直りました。えへん。

ですが今回は、高価で難しい部品が破損していて、素人にはちょっと難しい修理だということ。さらに、温水機能便座も10年使用していて、一応取替時期ではあるというのです。

夫と色々相談した挙句(相談するまでもない!と私は息巻いたのですが、説得するには時間がかかりました・・・夫は修理して使えるものはできる限り使おう、というエコな人なのです。もちろんそれは分かりますが、節水も考えれば今回は買い換えたほうがエコでしたので)、タンクごと新品と交換いたしました。

今回学んだこと。便座も家電でありました!

家電の寿命は大抵10年くらい、と聞きます。

新居を構えるときに一気に買い揃えますから、なにか一つ家電が故障すると「我も我も・・・」と他の家電も文句を言い始めますよね。

今回は、トイレと期を同じくして、掃除機が急にダウンしました。

さあ困った。

ですが、こちらはまだ6年ほどしか使用していないダイソン。吸引力も衰えていません。

調べたところ、リモコン部分の電池が切れていたことが判明。本当にホッとしました〜。

そしていま、私が欲しい家電はオーブンレンジです。ほぼ限界まで来ていますので・・・。メジャー片手に、そのうち量販店に見に行きたいと思っています。よし、正月の新春セールを狙おうかな!?

(18th, Dec, 2011)

白岡にバロン現る!?

週末に、我が白岡町にて「全国獅子舞フェスティバル(第14回)」がありました。

北は山形県から南は沖縄県まで、たくさんの団体が参加。実は娘(小4)が学校で「郷土文化研究クラブ」に入っており、白岡町の【ささら獅子舞】の舞台に立ったので、手伝い&鑑賞に行ったのです。

その様子はこちら↓

注:娘はここにはおりません・・・

舞台慣れしていない右側の新人さん、黒布をおろすのを忘れて獅子舞の顔が見えない・・・のもご愛嬌。

獅子舞というとこんなイメージがありますよね↓

舞いの最後に、会場のみなさんの無病息災を祈念して・・・とカチカチ噛んでくれました。ありがたや。

控え場所に、怪しい雰囲気のお獅子が・・・と思ったら、なんとバリのバロンではありませんか!!びっくりしました。

まずはガムラン隊のスタンバイ。インドネシア人がお二人。他の日本人の方々も、現地で修業したそうです。

お待たせしました、バロン登場です!

おめめがクリクリっとして可愛いですよね〜。でも踊りはちょっと怖いくらいで、本場さながらです。

頭部と臀部、ふたりで担ぎ演じます。どの獅子頭もそうですが、相当重く、ハードです。

女性陣も登場。観客のおじさま達のカメラ・ビデオ数は一気に上がります。

こちらを演じていらっしゃるのは江東区の「深川バロン倶楽部」さんです。(踊りの動画あります・・・小さな白岡中央公民館も見られます 笑)

狭いホールでしたので、ガムランは相当響いてみんな圧倒されていました! バリを思い出しますね〜。

最後にちょっとお勉強を。

「獅子舞はアジア各国に広く分布し、その姿かたちは多種多様である。その範囲はインド、スリランカ、チベット、ネパール、ブータンなどを西の境として、日本やインドネシアが東の境であるが、中国系の獅子舞などが華僑の進出している世界各地に分布している。

獅子舞の「獅」は「師」が原語であり、さらにサンスクリット語の「Shinha」の「シ」音が漢字に置き換えられたものである。各国の獅子舞の獅子はみな「S」音を先頭に冠しており、獅子の村回りによる「祓い」と広場での「奉納」を行う共通性を有する国際交流文化である。」

(白岡町獅子博物館リーフレットより)

たくさんのお獅子に会えましたので、来年は良い年になりますように!

(14th, Dec, 2011)

ふたたび、爽美林。

2010年11月26日付の日記にて、感動の体験(詳しくはコチラ)を綴りましたが、もう1年経つのですね。また、お知らせしたいと思います。

その名は「爽美林(そうびりん)」。

(画像が1年前と同じものでごめんなさいっ)

当時水いぼに悩んでいたのですが、こちらの木酢液に出会い、すっかり治していただきました。皮膚科医からは自然治癒にまかせようと言われ、それに納得はするものの、少しでも早く治したいと思っていたところ、期待に応えてくれたのがこの「爽美林」だったのです。

なぜここでまたご紹介なのでしょう?

実は、現在お店のサイトでは具体的な言葉(水いぼ・治るなど)は載っておりません。また、おすすめの使い方などもありません。

(↑ けして、不親切業者なのではありませんよ〜)

困っているひとたちに、説明して、おすすめして、良くなっていくお手伝いをしたい!という気持ちは溢れんばかりなのに、事情によりお店側からはサイト上でそれをご紹介できない状況なのです。

なので、僭越ながらわたくしが、一個人としてこの日記にて、お店に代わってご紹介したいと思います。御礼の気持ちを込めまして・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++

◎アトピー・乾燥肌・湿疹・肌荒れ・手荒れには【爽美林風呂】!

*爽美林風呂とは、150リットルの湯量に対し「爽美林」をキャップ2〜3杯(15〜20ml)入れたお風呂のことです。残り湯でお洗濯も可能で、部屋干しのニオイを防ぎ、洗濯物もふっくら仕上がります。同様に植物にやっても、成長が促進されてイキイキするそうですよ。

◎爽美林は、水イボ・イボに効きます!

爽美林風呂に入ったり、原液や希釈液(10〜30倍程度に薄めたもの)を塗布します。

◎ニキビや水虫にも効果あり!

<ご注意>

木酢液は強い酸性の液体ですので、原液を塗るとお肌が荒れることがあります。また傷口があれば多少しみます。そのような場合は荒れない、しみない程度まで水で希釈してください。個人差がありますので、お肌の様子をみながらご自身で濃度を調整してください。(当時いただいたお店からのリーフレットより抜粋)

++++++++++++++++++++++++++++++

上記、私の勘違いや間違いがあればご指摘ください、「爽美林」製造販売元のM&Gさん。もっと早くにここで書きたかったのですが、遅くなってすみません。

私、こちらのお店さんの販売姿勢が好きなのです。ひたすら「お客様のために」、一生懸命な様子がサイトを見たりメルマガを読んだりするたびに伝わってきます。社長さんのお人柄はもちろん、社員のみなさんの対応も丁寧で親切で、つまり会社全体の雰囲気がすごく良いのだろうと想像できるのです。

そんなわけで、微力ながら応援ができればと思い、ご紹介させていただきました。

そうそう、「爽美林風呂」は、湯冷めもしにくくポカポカしますよ〜。

(9th, Dec, 2011)

手放せないもの

寒くなりましたね。

冬イコール乾燥、というのが埼玉県民の考え方でございます。同じ住居なのに、北側の部屋では除湿機をかけ(これは少しでも結露防止になるように対策)、南側ではスチームが必要、という矛盾したような生活になります。

乾いた外気に、手肌のカサカサは辛いものです。もうアカギレができましたもの。

今日は私が一年中手放せない、頼りにしているものをご紹介しますね。

まず右側の背の高いボトルが、バリのローション「Citra」です。

ご存じのかた、ご愛用のかたも多くいらっしゃるかと思います。とても香りが良いのですが、その優しい、しつこくないのに持続する上品な香りに、使うたびに癒されます。さらっとしてべたつかないのも気に入っています。

昔は通常サイズ(?)だったのですが、今や400mlのポンプタイプを使うまでになりました。身体中に使用しています。

にんにくのように見えるものは、「ブンコアン」というマメ科の野菜。これを配合しているので美白効果も高いと、現地でも人気のローションなのです。

そして左側の青白ボトルは、有名ですね、「ニュートロジーナ」です。

たくさんの種類が流通しているハンドクリーム業界で、何が自分に合っているのか、探すのも大変ですよね。遅かりしではありますが、去年やっと出会えたのがこちらのボディエマルジョンだったのです。

ボディじゃないんですけどね。手指に塗りたいのですが、質感がばっちり私の好み(と乾燥具合にもちょうど良い程度)だったのです。

「ノルウェー漁師が愛用している」とか、これまた私の心をくすぐる言葉ではありませんか☆

こちらもボトル入り。多いなあと思いましたが、量の問題ではなく、使い勝手の問題だと分りました。フタやキャップを開け閉めするより、プッシュするだけですぐに塗れる。便利なんです!

以前からいちどお話ししたいと思っていたので、やっとご紹介できて嬉しいです♪

(5th, Dec, 2011)

寒くなると丸くなるもの

晩秋になってきました。

木枯らしに舞う落ち葉が、より一層「秋だなあ」感を増してくれます。

周りを見渡すと、陽の光に始まり色づいてきた木々や枯れゆく花々・・。さまざまなカラーの中、どれも茶色が混じっています。

我が家には、さらにグレーのかたまりがありました。

さあどこにグーちゃんがいるでしょう♪(笑)

この丸さ加減が、最近の寒さを如実に表しているのです。

ちなみに下にあるモノは、以前ちょっとご紹介しましたアニマル型のミニマットです(ウサギ・リス・クマと全部で3種類・・・)。

この1週間ほど、グーちゃんのアゴににきびができているので気になっています。いつもは決まって梅雨時期なのですが・・・なぜこんな乾燥した頃に!?

週末は動物病院へ行き、ひっかかれてまいります。

(17th, Nov, 2011)

記憶力低下

みなさま、記憶力は良いですか?

私は最近、忘れっぽいようです。・・・たとえば、読んだ本の内容について。

本と申しましても、忘れてしまうのは主に恋愛小説です。

そのときは小説の世界に入り込んで、夢中で楽しんでいるくせに、読み終わるとしばらくして、ほとんど忘れてしまっているようです。←あくまでも断定を避ける

昨夜も、洗濯物を干している最中だというのに、ふと手に取って眺めた小説が、まるで初めて読むかのように面白くて、ついついななめ読みながら最後まで読んでしまいました(ご想像通り、洗濯物のシワをのばすのに一苦労しました)。

忘れてしまう、そんなものですかね?そこまで、心を揺さぶる内容ではなかったのかしら。え、もう乙女ごころを持っていないから?

それに比べて、いまでも覚えているのは小学校時代の国語の教科書に出てくるおはなしだったり。中学生のころ読んだ小説だったり。

多感な年頃に読んだものというのは、記憶に深く残るようです。

逆を言えば、子供時代、そして中高生のころに読む本は、その後の自己形成に大きく影響するということでしょうか。

いまの忘れっぽい私でも、覚えているものももちろんありますよ。エッセイとか(単に短いから?)、仕事関係の本とか。

記憶力が衰えてきて困ったなあと思うひとつは、新しい言語を学びたいと思うのに、一向に進まないことでしょうね。ハングル語って難しいわ。

(16th, Nov, 2011)

歳をとったなあと思うとき

先日、高校時代の友人の結婚式がありました。

新婦は所属していた新体操部のマネージャーで(私は身体が固いくせになぜか部長でした)、幸せそうなお二人の様子にこちらまで心温まる、とても楽しいお式でした。

20年ぶりに集まる友人たちとは、第一声からしてもう興奮したもので、それは盛り上がりほぼ同窓会状態。

たまに会う友人でさえ2年ぶりくらいでしたから、話もはずみます。

部はこじんまりとしたものだったので、顧問の先生(女性)とも親しくさせていただき、私達の代はみな、先生を結婚式にご招待しています。

今回も先生に10年ぶりくらいにお会いしましたが、まったく変わらないことに驚愕!体育の先生ですが、御年70歳になろうというのに20年前と変わらずお元気でしゃきっと姿勢も良く、お声も若々しい。

素晴らしいことです。今は趣味の写真や旅行を楽しんでいらっしゃるとのこと。県展でも入賞されているといいますから、極めることについてもさすが。

部長という立場上、先生とは当時から話す機会が多かったのですが、その特殊な(もちろんいい意味ですよ・・・)存在感ゆえ、いつも緊張して気を遣う関係でした。

ですがね。ですが。

今まで同様、披露宴での席順は先生の隣が私(友人たちの意図を感じますね 笑)だったのですが、今回は違いました。

和やかに(いえ、いつも和やかですよ 汗)、軽口までたたいている私。え〜私、先生にこんなこと言えたんだ!

・・・・成長したなあ自分!

歳をとったのかなと思うのはこんなときですね(←けしておばさん化したとは言いませんよ)。

写真がご趣味なのにカメラをお持ちでなかった先生に、後日お式での写真を送りました。

いただいたお返事のなかで、私たちを立派な社会人として扱ってくださっている文章にまたそれを実感。

いつまでも「先生と教え子」なのは変わりませんが、私たちもそれなりに大人になったということでしょうか。

私も、先生のように素敵に歳を重ねていきたい。そう思います。

(追記)

数日後、TSUTAYA(レンタルショップです)にてDVDを探していたところ、50代とおぼしきオジサマに、なんとナンパされました。

最初、お孫さんのアニメを探しているようで、どんなのがいいのかねえと話かけられたので、そうですねえ・・・とお話ししていたのですが、突如「奥さん目が綺麗だねえ」「結婚してるんだあ、そうだよねえ」「こんどお茶でも」ですよ。びっくり。

「恐れ入ります」とかわしてその場を去りましたが、若い頃もナンパの経験は皆無といっていい私、緊張しました(笑っちゃいますね)。

よし、頑張るか。

(11th, Nov, 2011)

アタ製品の危機かもしれません

当店メルカード・オリエンタルは、おかげさまで開業10年目を迎えています。この10年間を見てきて、つくづく感じることを今日は書きたいと思います。最近、とても心を痛めていることでもあります。

それは、「アタ製品の品質が低下している」ということです。

いくつかの理由としては、

]咾領匹た人が減った(バリの経済が活性化し、アタ製品を作るよりもお金になる仕事に移ってしまっている・・・たとえば道路工事)。

原材料のアタが枯渇してきており、製作のため仕入れるのにお金がかかる。質の良い植物のアタが減ってきている。

6ゝ詢未茲蠎要量が上回っているために、短時間で大量に作っている(忙しく製作しており、じっくりのんびり時間をかけて丁寧に、が難しくなってきている)

といったことが考えられます。

これは、メルオリがお付き合いしている職人さんたちだけの問題ではないでしょう。トゥガナン村全体の問題です。わたしたちは、できあがった商品を買い付けるのに職人(製作者)を選べても、オーダー依頼をするときに前もって職人を指名することはできません。だって村全体が、世界中からくるオーダーを分け合って製作しているのです。そこに、口出しはできません。わたしたちができるのは、オーダーをして出来上がった商品を検品することなのです。

そうはいっても当店は、品質にこだわっていますので、熱帯の暑さに負けずに検品作業は厳しく行っています。「アタ製品の品質が低下している」ことを実感する第一のポイントはこの現地での検品作業時です。

かつては、出来上がってきた製品の9割は合格でした。しかし、最近では6〜7割くらいしか合格製品はありません。本当に心苦しいのですが、不合格品はその場ではじきます。

品質低下を実感する第二のポイントは、日本のメルオリ事務所で注文品を在庫から選び、梱包するタイミングです。現地であれだけ厳しくチェックしたにも関わらず、「これはちょっとお客様にはお送りできない・・」というものが出てきてしまうのです。

現地だと、職人さんが目の前にいますし、一つの製品に数日〜数か月かけて編み込んで作る苦労をおもうと、どうしても甘くなってしまうのですね。

このタイミングではじく製品を、メルオリでは「アウトレット品」としてご紹介しています。アウトレット品が最近増えているのはそのためです(バリから日本へ輸送するあいだの衝撃や重みによる事故ももちろんありますが)。

日本の職人さんだったらどうでしょうか。おそらく、自分の仕事に誇りをもっている人が大半でしょうから、お金に関係なく、自分が自信をもって納品できる商品しか作らないはずです。残念ながらバリの職人さんには、あんなに素晴らしい技術を持っているのに、その心意気や職人気質を感じることは少ないのです。お金のために(生活のために)仕事をしている人がほとんどではないでしょうか。日本とバリとの違いは、ここにあると思います。

日本の製造業の国際競争力が低下しているとはいえ、やはり評価される部分は「さすがMade in Japanは違う」という品質の高さです。妥協を許さない職人気質こそ、日本人のまじめさであり、特長なのだと思います。

私も、(語弊があるかもしれませんが)「粗悪品」をお客様にご提供することには、とても抵抗を感じます。自信を持って自分の商品をお送りできないので、非常に落ち込みます。そこはやはり日本人なのだと思います。

バリの人にはバリの人の生き方がありますし、価値観があります。そこを(エラそうですが)教育して、価値観を変えてもらうことなどもちろんできません。ですので、メルオリの役割は、日本の職人気質というフィルターを通して品質管理をしていくことです。いわば、細かい作業を根気よくひたすらやり続けるバリの良さと、妥協を許さない職人気質という日本の良さを掛け合わせることにメルオリの存在意義があるのだと・・・。

検品の目を厳しくすることによって供給量がどんなに減ろうとも、わたしたちのこのスタンスは堅持していきたいと思っています。

(4th, Nov, 2011)

秋のそよ風を感じてきました

昨日、村治佳織さんのコンサートに行ってまいりました。

場所は鎌倉芸術館。秋の古都鎌倉なんてそれだけでも素敵ではありませんか。

湘南新宿ライン」に乗れば、埼玉県の白岡駅から神奈川県鎌倉市大船駅まで乗り換えなしの1本で行けちゃいます(約90分)。便利になりました。

この路線を使って渋谷から西方面には行ったことがなかった私、川崎を過ぎたあたりからは本(江國香織さんの新しいエッセイ集「やわらかなレタス」・・・大変面白くて何度もふきだしてしまいました【江國さんの本なのに!】。おススメです)を読むのをやめてしばらく車窓の景色を眺めておりました。なかなか見られませんからね。

だんだん、坂が多くなってきます。高台の住居が増えてきて、ああ神奈川だなあと埼玉人は思います。景色も良いだろうし、坂のある街って素敵・・・。でも実際、歩くのも自転車をこぐのも大変なんでしょうね。負け惜しみです。

メルオリのお客様のご住所でよくみかける地名が目に入ります。とても嬉しい。いつもありがとうございます!

大船駅に着いて、遅めのランチを韓国料理店にて。お肉を焼いたのと、参鶏湯をいただきます。コーン茶、最近気に入っています。

残念ながら小雨が降ってきてしまいましたが、徒歩10分ほどの芸術館に向かいます。大好きな村治さんに会えると思えば足どりも軽い軽い。

今回はヴィオラとのハーモニーを楽しむ演奏会です。ギターとヴィオラ、どちらも耳に優しい中音域の楽器。しっとりとやわらかい音色にうっとりと聴き惚れました。

秋は芸術に触れたくなりますね。往復3時間はさすがにお尻が痛くなりましたが、昨日はとても充実した一日となりました。

(31st, Oct, 2011)

美容師さんから聞いた話

日曜日に、久しぶりに(だらしなくてすみません)美容室へ行きました。だれてきたデジタルパーマをかけなおし、傷んだ毛先を切ってもらう目的です。

日頃読めない本を読んだり、美容師さんとおしゃべりしたり、束の間楽しい時間を過ごしました。

そこで、いつか尋ねたいと思っていた質問を。

シャンプーするとき、下を向いて洗うべきか、上を向いて洗うべきか、非常に疑問でした。

私の髪はいま胸下まであって、結構長いのです。下を向いて、つまり髪を逆立てて洗うと、傷む気がします。それにシャワーで流し終えたあと、毛の流れを整えるのが大変なのです。

ですので、髪を伸ばしてからはずっと上を向いて毛流れに沿ってシャンプーしていたのですが、どうも泡立ちが悪いし地肌まで洗えているのか?と心配でした。

美容師さんのお返事は以下のとおり。

「まずシャンプー前の濡らしが大切です。しっかり髪全体を濡らして流せば、これで7〜8割方汚れは落ちます。ですのでシャンプー液でごしごしこする必要はありません。ゆすぎが足りなくて、地肌にシャンプー液が残ったままにしてしまう方も多いです(美容室で洗髪台にあがって濡らしたときに、それだけで泡が立つのもざらではありません!)。

ですから、地肌にシャンプーやリンス・トリートメント剤を残さないでしっかりすすぐためにも、顔を上げて、上から地肌に当てるようにシャワーで洗い流すのは良いと思いますよ。」

・・・ということでした。

安心して、上を向いて洗髪しようと思います。

それはそれとして、最近分け目が気になるのよね・・・。いつも同じ位置なので、薄くなってきたような気が・・・・。たまには変えないといけませんねえ。

↓ 美容室の一角で可愛らしい雑貨も販売されています。毛糸で編まれたシュシュに惹かれて、2つ頂きました♪

(25th, Oct, 2011)

泣く子に困る母親を見て。

今日は昼食をパンにしようと、近くのスーパーに買い出しに行きました。

レジに並んでいるころから、聞こえてくる小さな子供のぐずった泣き声・・・。

見るともなく目をやると、困っている(そしていらいらし始めている)表情のママと、3歳くらいの女の子です。

女の子は手にお菓子を握りしめて、でも何か不満があるのでしょう、スーパーのカートに乗りながら怒って泣いています。

私とその親子は買い物を終えて店を出るのがほぼ同じタイミングでした。ママはカートの上と下の段に買った品物の袋を載せています。

声をかけようかな、そう思ってバッグからラムネをごそごそ出す私(いつもバッグには飴やラムネを持っているのです)。

そうしているうちに、なんとママがカートを段差にひっかけて、下の段に載せてあった袋を落としてしまいました。ママがぐっと怒りを理性で押さえているのが分ります。

少し後ろにいた私が手を差し出す間もなく、もっと親子の近くにいた女性が袋を拾うのを手伝っていました。

ママは、とても急いでカートを押して駐車場に向かいます。

どうしようかな、ラムネ・・・。あの子に渡したいのに・・・。

結局、タイミングを逃してしまいました。あ〜あ。

思い出すのです。自分も大変だった頃を。

我が娘は(私に似て)気が強くて、(夫に似て)頑固。自我が出てくる2〜3歳の頃は大変でした(いや今も手を焼いていますが)。

何かの拍子に怒って泣き出した娘を連れて、急いで歩いていたとき、道端に集まって何やら会議?をしていた年配の方の集まりの近くを通りました。ちょっと険悪なムード・・・。早く立ち去ろうと私、その様子にさらに泣きわめく娘。

「ちょっと、うるさいわね! 黙らせてくれないっ!?」

「・・・!」

あれはショックでしたね・・・。泣きそうになりました。

すみませんすみませんと謝りながら、何とかその場を立ち去りました。

あんな思いを誰かにしてもらいたくない。

そんなひどい言葉を投げつけられなくても、子供に泣かれてどうしようもできない母親の辛い気持ちが痛いほど分ります。

自分に余裕がないときに、子供は敏感にそれを感じて、不安定になることが多いと聞きます。

私も当時、子供の気持ちに添うような余裕がなかったのだと思います。

今日スーパーで見たママさんは、とてもきちんとした人のようでした。一生懸命育児をしている。ひとさまに迷惑をかけてはならないと思っている。だから、いっぱいいっぱいになってしまうような。

その頑張りすぎてしまう気持ちを、娘さんを通してほぐしてあげたかったのです。

でもおせっかいかしら・・・そんな迷いが、声をかけるタイミングを逃してしまいました。

すごく、後悔しました。

私は、偶然というものはないと常々思っています。必然なのだと。

袖振り合うも多生の縁・・・ではありませんが、他人様でも、そこでそのときに出会ったというのは何かしらご縁があると思うのです。

子供を授かるのもそのひとの縁。夫婦ふたりの人生も、ひとりで過ごす人生も、決められた縁なのかもしれないと。

私にも子供がふたりおりますが、それは必然だったのだろうと。育児の苦労を通して自分が成長しなさいと、運命に言われたのでしょう。(苦労だけでは身体も心ももちませんが 笑)

パンをかじりながら、色々考え込んでしまった秋の日でした。

メルオリ店舗の庭に、コスモス発見!・・と思って近づいたら、なんとペチュニアでした。

季節から置いて行かれた小さな花。しばし眺めました。左上のトネリコの木と一緒に、パチリ!

(21th, Oct, 2011)

さきほど、実店舗のお隣さんから柿をたくさん頂きました。

こちらは築38年の古い日本家屋を店舗としてお借りしているのですが、建主さんとお隣さんとは当時からのおつきあいだったらしいです。

今は娘さんらしき方が美容院を経営されています。おじいちゃま、現役のころは床屋さんだったのかな・・・・。

和やかな笑顔のおじいちゃまとおばあちゃまとワンちゃんがお住まいのお庭には、それは見事な柿の木が2本ありまして、重たそうにたわわに実をつけているのでした。

その柿をおすそわけいただいたというわけです。

甘くて美味しそう・・・・お茶の時間に、楽しみにいただきましょう。

ご馳走様です!

(12th, Oct, 2011)

携帯サイト・スマートフォンサイトが新しくなります!

メルオリにはすでに携帯サイトがありますが、このたび一新!しまして、新携帯サイトとスマートフォンサイトを制作いたしました。

サーバ会社さんが「簡単にできる」なんて言うものですから、ちょっと頑張ってみようかと思ったのがいつだったでしょうか。

ずっと気になりながら、ようやく本気になったのが数日前。簡単ではありませんでしたよ。ええ。

よろしければぜひご覧になってみてくださいね。

 

見やすくなりましたでしょうか?

少しでも快適にお使いいただけましたら嬉しいです。

で、す、が! 大変申し訳ございません!!

このモバイルサイト構築、PCサイトのデータを移行すれば良いというわけではなく、自分で入力・制作する箇所も多かったのです。

なんと、商品詳細文が、移行できない・・・。全部、商品1点1点入力(コピペですけどね)しなければなりません・・・う、嘘でしょ〜(涙)。商品1000点くらいありますけど・・・。

こんな中途半端な状態でお恥ずかしいかぎりです。

新サイトでは、現在のところ、商品画像1点と価格をご覧になれます。その他サイズ含む詳細情報に関しましては、PCサイトにてご覧いただけましたら大変幸いでございます。

申し訳ございません。頑張って更新作業をいたします!もうしばらくお待ちください!!

(7th, Oct, 2011)

今日のちょっといいこと。

最近の朝の美しい雲の様子に見惚れるかたも多いことと思います。

そして、夕方の空の色の変化、足を止めてしばらく眺めてしまうほどですね。

空気が澄んで心地よい季節となりました。

道端の彼岸花、控えめながら燃えるように咲く姿。今年もやっぱり「ごんぎつね」を思い出します。

コスモスが風に揺れる姿、稲刈り後の田んぼに集まる白鷺。

忙しい毎日でも、ほっとする瞬間です。

さて昨日、予約していたCDが手元に届きました。

大好きな村治佳織さんの新作です!!

プレリュード」    

相変わらずお美しい・・・。

坂本龍一氏が書き下ろした曲もあり、聴きごたえのあるアルバム。

これから何日か聴きまくることでしょう。

実は今月末に、鎌倉でコンサートがあるのです♪ 久しぶりなのでものすごく楽しみにしています。

いつ聴いても素敵なのですが、この季節さらにしっくりくるような気がします。秋の夜長にぴったり・・・。

そんなわけでご機嫌な私です。

最近、みなさまの「ちょっといいこと」は何でしたか?

(6th, Oct, 2011)

きんもくせい

風薫る5月、金木犀香る10月。

メルオリ実店舗の庭(元々は植木屋さんのご自宅でした)にはさまざまな樹木が植えてありますが、12月に移転してまだ1年が経ちませんので、季節ごとに驚きがあります。

越してきたのが真冬だったため、枯れ木かと心配するくらいだった背の高い木。梅だとはまさか思わなかったのが赤い花をつけて楽しませてくれた春。

初夏からつい先日まで長いこと頑張ってくれたこれまた赤い百日紅・・・。

そして一日いちにちと秋が深まるにつれ、また新しい発見が。

こちらの庭、なんと金木犀もあったのです!

週明け月曜に玄関を開けようとしたら、ふんわりと・・・。あれっと辺りを見回すと細身ですが背の高い金木犀が咲いていました。嬉しかったです。

名も知らぬ縁側前の木も、赤い実がぷっくり大きく育っています。南天の実に似た感じです。

さまざまな鳥や蝶が遊びに来ます。ミミズやカエルはもちろん、もぐらまでいます(たまに庭の土がふかふかしています)。

自宅はマンションなので、一軒家の楽しみってこんなふうなのかしらと、癒しの贅沢をさせていただいています。

ゴーヤ、まだこんなに元気なんです・・・頼もしいですねえ。今年初めて作ったグリーンカーテンは、「カーテン」とまではいきませんでした(苦笑)。

(4th, Oct, 2011)

消防車(はしご車)に乗りました

昨日は我がマンションの防災訓練がありました。

朝9時半に非常サイレンが鳴り、私も10階の我が家から階段で集合場所まで降りました。

なるべく毎年参加するようにしています。しかし!今年は参加人数が極端に少なかったのです!!(約800戸あるのに、集まったのは20人ほど・・・こんなことで良いのか!怒)

さて本題。

今年は、なんと私、40メートルのはしご車で救助される訓練を体験させていただきました(もちろん希望して・・・だって10階に住んでいますから、いざというときのために・・・・)。

ヘルメットをかぶり、わくわく(←楽しんではいけません)しながらモデルとなった9階の御宅のベランダへ。

同じマンションでも違うお部屋からの景色。違いを楽しむのも束の間、下を眺めるとやはり高い!改めて、ここから身を乗り出す怖さを感じます。

体験人数は10名ほど。ほとんどがご年配の男女です。最年少の私、同年代すらいません。こんなことで良いのか!(また)

14階建てのこのマンションが建設されて初めて、白岡町はこの40メートル級のはしご車を購入したそうです。有難いことです。

制服姿も素敵な消防士さんのお話によると、このはしごはマイナスの角度まで曲がるといいます・・・つまり、深い水にも潜って救助できるということなのです!さすが!!

いざ、体験です。

命綱をつけて、足場のないベランダから柵を乗り越えてはしご車のカゴに乗り移ります。座った消防士さんの太ももを足場にさせていただき、支えられながらカゴへ。

カゴと柵との間が、20cmくらい空いているのでやはり怖い!もちろん下なんて見られません。無事カゴ内に座っても、やっぱり見られません・・・。

2名カゴに救助され、操作士さんと3人で地上まで降ります。カゴはいったん上に上がり、90度旋回して、徐々に降ります。

わ、遊園地みたい・・・・、いかんいかんと自分を戒めます。もちろん真剣にやりましたよ。

なかなかできない経験です。大変ありがたく、感謝です。みんなもやればいいのに・・・マンション友人にも勧めてみます!

画像がなくてすみません!! 楽しそうにカメラを構えるのもどうかと遠慮したものですから・・・(あたりまえです 汗)。

備えあって、憂いなしですよね。

(3rd, Oct, 2011)

連休のすごしかた

赤字が多かった9月。

カレンダーのことですよ・・・。

9月後半は、カレンダーどおりの休日のかた(私含む)には連休に次ぐ連休でしたね。

私は何をしていたのかと言いますと、公園に行って緑に癒されたり、買い物に行ったり、部屋の片づけをしたり、しました。

3LDKのマンションに家族4人、結構狭い我が家ですが、おそらく「モノ」が多すぎるせい。

買い物大好きな人間の集まりですので、モノは増える一方なのです・・・。

さてこのたび、重い腰をあげて、ついに子供たちに2段ベッドを購入しました。

ですが置くスペースがない!ので、一気に部屋の整理をしたというわけなのです。

ほぼ1日かけて作業し、その晩には重かった腰が今度は痛くなりました(とほほ)。

私にも断捨離、必要かもしれませんね。

(26th, Sep, 2011)

ハートの種

なんて可愛らしいのでしょう!初めて見ました。

バイクのヘルメットのようにも見えますが(笑)

ご存じのかたも多いかもしれませんね。

これは、フウセンカズラの種です。

実家の母が、収穫してくれました。夏の盛りには可愛らしい花と黄緑色の風船のような果実を楽しませてくれたそうです。

・・・って、そうか実家にあったのね。忘れていました(メルオリ店舗のグリーンカーテンを作ろうとしたとき、フウセンカズラの苗を探したのですが見つからなかったのでした)。灯台なんとやら。

茶色く乾いた果実をかさかさと破ると、部屋が3つに分かれていて、種がひとつずつ入っています。たまに1個や2個の種の袋もあります。豆の数がまちまちな枝豆のような感じかしらね。

しかしなぜにハート模様なのでしょう・・・。可愛すぎます。

来年は、少しずつ伸びてきてくれている白いマンデビラと一緒に、このフウセンカズラを楽しもうと思っています。種まきは春なのかな?

いま、毎日眺めては癒してくれているツルレイシ(ゴーヤ)はまだまだ元気です。ありがたいことです。

ですが残念ながら1年草だとのこと。最後まで力強く応援していきたいと思っています。

長さ20cmにまですくすく成長中。さながらキュウリ。

胴回り5cmにまですくすく成長中。さながら「モリゾー・キッコロ」。

さあどちらが「ほろにが君」なのでしょうか?

(16th, Sep, 2011)

芽と実

こちら白岡でも、ところどころで稲刈りが始まりました。

先日東京に住む姉夫婦がこちらにやってきた折、道路を稲刈機がのんびり走るのを見て驚いて喜んでいました。私にとってはまったく、めずらしくもないのですが。

ふっくら実った稲穂を見ていると、どうしてこうも背の高さが揃っているのだろうと不思議になります。黄金色の海原みたい。田んぼと田んぼの間、自転車を飛ばす少年たちは、まるで泳いでいるように見えます。

春にも、通るたびに綺麗だと毎日眺めていた小麦畑。夏の間はずっと休んでいました。

最近畑の土がふっくらして黒々としてきたなあと思っていたら、先日、小さな芽がびっしり並んでいるのを発見!

毎日、大きくなっていきます。早い早い。可愛いのです。

ソバの若芽ですね。 秋には真っ白な花をつけることでしょう。また楽しみが増えました。

店の軒下のゴーヤにも、また新たに2つ、実がなりました!

今度はノッポくんとズングリくんです。そういえば違う種類の苗を2つ、植えたのでした。そうそう確か1つの名前は「ほろにがくん」。どちらがそうなのかしらん。

破裂しないうちに収穫しようか、いやいや鳥に種を連れて行ってもらおうか、悩むうちにゴーヤは成長していきます。

それから今日見つけた、赤い実。

去年こちらに引越ししてくる前(下見のときね)にも発見して、可愛い可愛いと思っていましたが、今年も実をつけてくれました。

これは何の木なのかしら・・・。

サルスベリはまだ咲いてくれています。まさに「百日紅」です。

もう少し日差しが柔らかくなったら、また雑草を刈らなくてはいけません。

季節は、確実にやってきては過ぎていくのですね。

今日は、父が亡くなってちょうど1年です。

(8th, Sep, 2011)

インディ・ジョーンズからシルク・ドゥ・ソレイユまで

なんじゃそれ?とお思いですよね。失礼しました。

オリジナルサウンドトラック(OST)の話でございます。

私が初めて夢中になった映画音楽は、忘れもしないハリソン・フォードの「インディ・ジョーンズ / 魔宮の伝説」でした。

迫力ある映画に感動しそれをさらに盛り上げるテーマ曲は、11歳の少女を圧倒するには十分だったのです。

(明るく凛々しいトランペットの音色は、中学生になった私が吹奏楽部に入ったきっかけの一つだったかもしれません)

前置きが長くなりました。

映画を観ると、しばらく頭の中を映像や音楽がめぐっていませんか? 私は最近では残念ながらスクリーンよりDVDでばかり観ているのですが、それでも印象が鮮烈に残るものがあります。

そして、気に入った映画は、必ずOSTが欲しくなるのです。

何度も何度も聴き返します。その都度、映画が蘇ってきます。そうです、映像を観られない場所でも、常にその感覚を味わえるのです(私の場合は特に車の運転中)。

しつこいですよ、私。同乗者に「また!?」と言われるほど、そればっかり聴いていますから(笑)。

こうしたOSTは、映画ばかりかと思っていましたが、そうでもないようで。

このお盆休みに、私もついに「シルク・ドゥ・ソレイユ」デビューをいたしましたが、あまりに素晴らしいので、後日レンタルDVDを見つけたときは迷わず借りました。

頭をからっぽにして、寛ぎたい(と言っても夢中になって興奮してしまいますが)ときに、おすすめです。人間業とは思えない身体の妙技に、画面に向かって拍手してしまいます。素直に、素晴らしいと思えるショーです。

調べると、シルクにもOSTというか、CDが出ているのですね。ええ、買いましたよ、もちろん。あ〜楽しみ。

考えたらミュージカルも同じですね。姉の影響で、劇団四季の作品をはじめいくつか観ましたが、これは前もって曲と歌を聴き込んでいくのが肝心!観る楽しさが全然違います! そうそうコンサートやライブも同じですよね。

そんなこんなで、私のOST遍歴でした。途中は割愛(笑)

ほんとうに、人間は五感の豊かな動物なのだとつくづく思います。

(6th, Sep, 2011)

人間ドック

突然ですが(いつも)、皆さま健康管理はばっちりですか?

会社にいるころは年に1回、健康診断を受けていましたが、退職してからはまったく何もしておりません私。

数年前から、乳がん・子宮がん検診はしっかり受けております。が、全身のトータルケアはしていませんでしたので、今年ようやく「人間ドック」なるものを体験いたしました!

受診料、高いのね。

金額にびっくりしましたが、おかげさまで町から補助いただけるため、半分くらいの負担で済みました(白岡町に感謝)。

生まれて初めて受ける人間ドック、まずはコンパクトなコースで。

とは言っても結構細かく診ていただきましたよ。でも2時間くらいで済んだかしら。早かったので助かりました。

いくつになっても血液検査は苦手。針が刺さる様子をじっと見つめることができる人、尊敬(!?)しちゃいます。

バリウムを飲んでX線検査。昔は大量のバリウムに辟易しましたが、最近は量が減ったんですね〜。すばらしい。ちなみに私は胃下垂だとまた言われました。そうそう最近、胃もたれするんです。年齢のせいかと思っていましたが・・・。

数日後結果が送付されました。・・・再検査ですって!!

暗い顔で向かった病院にて、以下結果報告がありました。

1.肝機能の数値が悪い ←もっとちゃんと食べなさいということ。手抜き料理ばかりではいけないですよね・・・。

2.心電図が変 ←再検査の結果、気にしないで良いと言われました。人間には性格が色々あるように、心電図の波形にも個体差があるので問題ないそうです。びっくりしました〜。

3.脾臓が肥大している ←これ、一番怖かったです〜。再検査では、問題ない範囲だとのこと。様子見、ですね。

機械で数値だけ読み取って、単純に数値ごとに注意を記載されるので、結果表を見ただけでは驚いてしまいます。実際ドクターが診てくださると、問題ないということが多いと聞きました。

今回学んだことはふたつ。

やっぱり機械に頼ってばかりではいけないのかもしれないということ。

忙しくても、ちゃんとごはんは食べなくちゃいけない!ということ(その後、しっかり実践してますよ)。

みなさんも、ご家族など大切なひとたちを考えるのも良いですが、ご自分の身体も考えてあげましょうね。

(2nd, Sep, 2011)

ゴ、ゴーヤが・・・(涙)

以前おはなししました、店舗の縁がわ前のグリーンカーテン。「マンデビラ」という花を植えました。可愛い白い花を咲かせて楽しませてくれています。

プルメリアにも似た色合いで、いかにも夏らしい爽やかさです。

ただ、つるの伸びがイマイチで、とても今年のカーテンにはなりそうにもなかったので、急遽ゴーヤに登場してもらいました。

朝顔に負けず劣らず、グリーンカーテンといえばゴーヤ。

おかげさまですくすくと成長しました。で、ひとつ、実をつけました。

ちびっちゃい頃から毎日、それはそれは楽しみに成長を見守っておりました。どうやらこの子はずんぐりむっくり体型らしく、いっこうに長くなってきません。

そうこうするうちに、一個所、色が白っぽくなってきたので、もう限界かと収穫しました。

金曜に収穫し、土日は店に置いたまま、月曜に持って帰ろうと思っていたのです・・・・が!大事件〜!!

月曜の朝に見たら、ゴーヤが破裂していたのです!

かりにも普通の住居、閉め切っていても炎天下の車内のように暑くはなりません。なのに、なんで〜(涙)

破裂した姿はあまりにもショッキングで、写真に撮ることも忘れていました。 *画像を見たいかたはこちら・・・困ったときのwiki頼み。ゴーヤ(ツルレイシ

実は、ずっと気になっていたのですよ。

町役場(市役所ではありません)のゴーヤ。ご近所のゴーヤ。花かと思うくらいの鮮やかなオレンジ色は、近づいて見るとゴーヤが破裂したような物体。なぜこんな形になるのかと不思議でした。

それが、実際に体験してしまうとは〜(また涙)。収穫が遅いと熟しすぎて破裂するのかと、焦って採ったのに〜。

調べてみるに、病気などではなさそうです。ゴーヤは自分の考えで破裂していました。

美しいオレンジ色とトマトのような真っ赤な種の色。果実食の鳥などを誘うためだというのです。そう、子孫繁栄のため。

ほっとして、納得しました。

きゃーっと驚いてすぐに始末してしまった、破裂したゴーヤくん。食べてみれば、苦さもなく、サクサクとした食感だとか。あ〜あ・・・もったいなかったかも。

(30th, Aug, 2011)

猫ふんじゃった・・ら大変!

猫には、「暑い」と感じる日が年に3日しかないと聞いたことがあります。

ですが昨今の酷暑には、さすがにバテ気味の我が家の愛猫グー。人間で言えば70歳前の熟女なので、昔に比べてバテているのは高齢猫というせいもあるのかな・・・と思っておりました。でもおかげさまで元気です。

さてうちには何年も前にネット購入したアニマル型のマットがあるのですが、これを思い出し、仕舞い込んでいたのを引っ張り出してみました。

改めて見ると、これがグーちゃんに良く似た色と大きさなんです!

自分で置いたことを忘れて、「わっグーちゃんこんな所で寝てないでよっ」と思ったらマットだったり、反対にマットだと思って本物のグーちゃんを踏みそうになったり・・・。

これまた、同じ格好で寝てるんですよ〜。でもなぜか左右対称。猫にも癖があるのかしらん。

ある日、まるで握手しているかのようにゴロンしているのがおっかしくって、つい写真を撮ってしまいました。

マットの形は猫ではなく熊らしいです。でも似てる〜(笑)

「なんか文句ある?」的な顔しても怖くないよ〜だ。

日々、毛が抜けるのにも閉口しますが、我が家では粘着コロコロテープで対処しております。そうそう、直接身体にコロコロしちゃうのですが、グーちゃんが喜ぶんですよ。マッサージ受けている感覚!?

(23rd, Aug, 2011)

28年ぶりの新潟

大変ご無沙汰してしまっておりました。みなさまいかがお過ごしですか?私はおかげさまで元気です。

過日は夏休みをいただき、ありがとうございました!

土日を入れて5連休もあったのに、父の初盆があったり、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の「ZED」を観にいったり、夫の誘いを断れずまた秩父の荒川源流へ涼を求めにいったり・・・して、自宅でのんびりなんてまた夢に終わりました(いつもこんな感じ)。

出掛けるのは楽しいけど、疲れます・・・。贅沢かもしれませんが。仕事を再開してようやくまたリズムがつかめてきた今日この頃です。

といいつつ、実は先日、お盆を前にして父の故郷である新潟に1泊してきました。訪れたのは実に28年ぶり! 大変楽しみにしていましたが、それがあの7月末の新潟豪雨のときだったのです。

上越新幹線は運行していましたが、越後湯沢駅からホテルまでのバスが大変!通常なら50分のところ、道路が土砂崩れなどのため封鎖されていて4時間もかかりました・・・。これってバスツアーだったっけ?なんて。

期を同じくして、「フジロック2011」も湯沢町で開催されていたため、ミュージシャンや関係者の方たち、観客の人たちも大変だったと思います。

米どころ魚沼郡。稲へも多大なる被害があったといいます。どうか地域の方々への悪い影響が最小限で済みますように・・・祈りをこめて、帰路につきました。

今年は、ほんとうに、いろいろ大変なことがつづきますね・・・。

父の実家、裏庭から眺める。雨があがって、どんよりとした空から少し太陽が顔を出してくれました。

さてお土産は、やっぱり日本酒を♪

新幹線の旅なので、さすがに一升瓶は重たい。で、小さなボトルです。

白瀧酒造の「上善如水」。さわやかなお味ですよね。こちらの、なんとスパークリングでございます!聞けば、前述「フジロック」向けの限定製造なんですって〜。甘いスパークリングワインのようなお味でした。

それから、「なまの上善如水」がこちら。

とてもフルーティな香りで、飲み口もやわらか。夏にぴったりですね。鶏肉の竜田揚げと合うというので、一緒にいただいたら本当においしかったです!

う〜ん、今日は新潟のお話までにしておきます。おはなししたいことが別にもたくさんありますので、また次回!

(20th, Aug, 2011)

泡がいのち!?

先日購入した、面白グッズ。

BEER HOUR」(ビールアワー)。タカラトミー社製です。

これ、改めてネーミングを見たら、シャレなんですね。(←蛇足?)

まず画像をご覧ください。

ビールや発泡酒など(350mlでも500mlでも高さを調節して対応可能です)、缶をセットして注ぎます。

最初は普通に、そして後からレバーを押しながら注ぐと細かい泡ができて・・・

ゴールデン比率にて、クリーミーな泡入りのビールができました!

実はね、最近私はもっぱらノンアルコールビールを愛飲しております。発泡酒やビールを飲むと、すぐに酔いがまわって眠くなって、その後家事一般ができなくなってしまうのです。でも、一日の終わりには「クーッ」と一杯、いきたいじゃないですか。で、ノンアルコールの出番と。

慣れるとこれも美味しい。でも、泡がね。すぐ、消えてしまうのですよ。おもちゃと侮るなかれ!立派に、泡を作ってくれます。嬉しいですね♪

楽しいので機会がありましたらぜひ!単4乾電池1個で作動します!

(3rd, Aug, 2011)

10周年を迎えて思うこと。

去る7月26日に、(有)メルカード・オリエンタルはおかげさまで設立10周年を迎えました。

改めまして、お客さま皆様に支えていただきここまで来られましたことを、心より御礼申し上げます。

「10周年感謝キャンペーン」でもたくさんのご注文をいただきありがとうございました。その手配に追われるなか、つとつとと思い返しては感じ入ることが、たびたびありました。まとまらないかもしれませんが、この10年を振り返ってみるいい機会だと考え、この場を借りておはなしさせてください。

私は、子供のころから人と同じことをするのが好きではありませんでした。真似をされることもたまにありましたが、あまり嬉しくはありませんでした。

何か人と違うことをしようと、図工の粘土細工にしても、家庭科のエプロン製作にしても、友達とは違うデザインにしたり布選びをしたりして、失敗もありました。

(オルゴール製作のときには、ほとんどの子が曲選択で前向きな「MY WAY」にしたのに、私は「YESTERDAY」で暗い仕上がりでした 笑)

夫選びも変わっていたのかな?(←失礼)

23歳で結婚し、5年は二人で遊ぼうと海外旅行も色々楽しみました。DINKSで生活に余裕もあったのでしょうね。 バリ島へ初めて行ったのもこの時期です。

幸いにも希望通り6年目に長女を出産しました。

妊娠が分かったとき、今までどおりの製薬会社の営業(MR)はできないと思いました。6歳年上の夫は、育児と両立できる、自宅でできる仕事はどうか、と言います(←専業主婦になれとは言ってくれなかった・・・)。時はちょうどインターネットが一般家庭に広がり始めた頃でした。

ネットショップなら、失敗してもリスクが少ない。まずは気楽に始めてみよう。問題が起きたらそのときに解決していこう。

商材は、バリ島旅行の際に出会ったアタ製品です。当時、アタ製品その他、バリ雑貨を扱っているネットショップは何店舗かありましたが、アタ製品に特化した店というのはありませんでした。そして、商売をしていく上で法人化していたほうが何かと有利だと。私は大きくなっていくお腹を抱えて、起業しました。

商売上手で経営学にも詳しい夫に従い、アタ製品に興味を持つのはおしゃれな人が多いので、そのような人たちが住んでいそうな街でのフリーマーケットに出店してみたり、チラシやポストカードを作ってポスティングしてみたり、色々マーケット調査や下準備もしました。無駄なことはしない、理論派である彼には安心してついていくことができました。

切迫流産〜妊娠中毒症・帝王切開を経て無事長女を出産した私は、無我夢中でした。自営業ですから、出産休暇や育児休暇なんてありません。 今思えば、良くやってきたなあとあの頃の私を褒めてあげたいくらいです。

当時のお客様は、今もご来店・ご注文くださいます。本当に嬉しくありがたい限りです。

もちろん色々失敗もありました。開店して何年かは、今では信じられないようなミスも。 

ご進物で注文いただいたのに、送り主名を「メルカード・オリエンタル」にしてしまったために、お届け先様から不審に思われ、ご注文くださったお客様にも迷惑をおかけしてしまったり。

今なら一見して分るアタ切れを、見逃して発送してしまったり。

段ボールの中の緩衝剤として、シュレッダーにかけた紙切れをそのまま商品に触れるようにして詰めてしまったり(せめてビニール袋に入れてからにすれば良かったですよね)。

たくさんのことを、お客様に教えていただきました。お言葉をくださったからこそ、間違いや気配りのなさに気が付くことができました。店というものは、お客様に支えられて成長しているのだと、常々実感しています。

そうそう、今では他店さんでも当たり前のように見かけるアタ製品のアウトレットですが、これもメルオリが始めました。

初めてバリ島で自分への土産として買ったカトラリーケース。今見ると信じられないくらい、質が悪い(笑)。当時は、仕上がりの良し悪しなどまったく分りませんでした。

アタ製品に触れていくうちに、目が肥えてきました。少しのねじれも気になるようになりました。自分の目で確かめて納得して買うなら、ねじれも良いでしょう。 ですが、こちらはネットショップです。お客様は私どもを信頼くださって、対価を支払って下さるのです。ご満足いただけるお品を送るのが当店の使命です。

正直、私個人としては使用するのにねじれは気にしません。そうだ、私のような大らかな(!?)お客様もいらっしゃるかもしれない。手作り品のくせとして理解してくださる方には、お値段を下げてお使いいただこうと。

こうしてアウトレットコーナーができました。

おかげさまで、今ではたくさんのお客様にご理解をいただくことができ、人気のあるコーナーとなっております。私としては意図したことではありませんので、ありがたいですがちょっと不思議な感じです(笑)。

メルオリを通して、お友達も増えました。

アタに合う器が欲しくて、開店のころ偶然知り合った陶工房の魯久さん。何度も試作を繰り返して、素敵な器を提供くださいました。(現在はご本人の作品づくりに集中するためちょっとお休み中です)

家具の梶山木工さん。気候のいい長野で製作してくださっています。バリの家具も素敵ですが、やはり日本の上質な家具は見惚れてしまいます。

ほかにもたくさん、大切なひとびとがいます。

私を公私ともに支えてくれる母。夫とともに、母には多大なる感謝をしております。 近所のお友達にも、娘や息子(5歳)を見てもらったり、助けられています。ありがたい限りです。

10年なんて、あっという間ですよね。 どうにか、ここまでまいりました。これを契機に、ちょっとイメージチェンジしたいな、なんて考えてもおります。

これからも、バリの風を感じながら楽しく気持ちよくお買い物できる、使いやすい店づくりに努力してまいります。

どうか今後も、メルカード・オリエンタルをよろしくお願い申し上げます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

(2nd, Aug, 2011)

ショコラカレー?

先日近所のスーパーで見つけました。

ROYCE」監修ですよ、間違いなく。

カレーを作るときの隠し味にチョコレートをひとかけ、なんてよく聞きますが、こちらのチョコ度数は高そう・・・。

ためしに、赤白、2箱購入してみました。

まずは白箱。う〜ん、スパイシーですね。でも見た目はクリームシチューみたいなので不思議な感じ。ココナツミルクが風味豊かに、シーフードもたっぷりです。

何日かして赤箱(どうやら今はピンク色のようです)。そう、ビーフシチューみたいな感じです。白に比べるとこれは見た目からしてカレーですが、同様にスパイシーで後から辛さがきます。チョコレートでコクが出る、まさに実感しますね。

どちらも、結構辛いので、大人向けかな。

ニッスイさんのサイトをみると、黄箱がある!これはマイルドタイプのようです。興味あります。

取扱いの店舗は少ないようで、私はラッキーだったようです☆

しかし、カップラーメンといい、レトルトカレーといい、私がご紹介するものって・・・・(汗)

(22nd, July, 2011)

紅い庭

メルオリ開店10周年記念のご愛顧感謝キャンペーンにつきまして、たくさんのご注文やお祝いのメッセージなどいただきありがとうございました。

おかげさまでなんとかここまで来ることができました・・・。本当に、私と店ともども、お客様みなさまに育てていただいていることを実感しております。

ご注文品の発送などお待たせしてしまい申し訳ございませんでした。ご理解をいただきありがとうございました。

ここにきてようやく、いつものペースに戻りつつあります。

店舗の庭を眺める余裕も出てまいりました。

と!

待ちに待った、百日紅の花が咲いているではありませんか!!上の方にちらちらと、だったので、気が付きませんでした・・。

冬にこちらに引っ越してきてからというもの、何色の花が咲くのだろうと楽しみにしていたのです。白かしら紅かしら・・・

2階のベランダから見るとこんな感じ。駐車場から砂利道を歩いて店舗敷地に入ると、いちばんに迎えてくれる位置に植わっています。

メルオリ店舗としてお借りしているこの御宅は、庭が広く立派な古い日本家屋です。元々の建主さんは造園業をなさっていた方なので、色々な種類の木が植わっていました。春は梅、シャクナゲが咲きました。これも紅色。 カエデの若葉も紅(今は緑に変わってきています)。 とにかく赤、が目立つ庭なのです。

ですので、サルスベリの花もきっと紅だろうと思っていました。

旧店舗にて狭そうにいた樹木も、かまわないとの返事で隙間に植えさせていただきました。これまた紅色のムクゲ。広いところに引っ越して元気に育っています。 2本のシャラの白い花はアクセントになることでしょう。

野良猫も、蝶々も、鳥も、たくさんの種類が遊びにきてくれます。 PCで疲れた目には何よりの休息になります。そして店内には溢れんばかりのアタ製品。

幸せな仕事をさせていただいているなあと感謝です。

(21st, July, 2011)

天然氷のカキ氷

過日、埼玉西部の秩父へ行ってまいりました。

マスコミにもさんざん取り上げられていますし、口コミでも相当人気のお店ですから、ご存じの方はたくさんいらっしゃると思います。

阿佐美冷蔵の天然氷」

こちらは白みつ。まずはシンプルに、いただかなくっちゃ!

こちらはいちごミルク。

う〜〜ん、溶けちゃうし早く食べたいし、で、カメラを持つのももどかしく、結果まったく魅力のない画像となってしまったことをお許しください・・・。

評判どおり、雪のようなふわふわの氷にはうなるばかり。キーン、という頭が痛くなることもないのです。

「秩父の厳冬が生み出す天然氷、麓の伏流水を数か月かけじっくりと育てあげた甘くやわらかな味は日本書紀‘枕草子‘に歌われた氷菓子の美味を現代に伝える貴重な品です。」(お店のリーフレットから抜粋)

何度か行列を見てあきらめたことがありますが、今回は6月の夕方閉店時間ぎりぎり、ということもあって、15分ほど並んで入店できました。

美味しかったです・・・。

先日観たテレビ番組によると、冷凍庫から出してしばらく常温に置いておいた氷でカキ氷を作ると、ふわふわ感が出るそうです。暑いのを我慢して、待って待って、やっとできた味は格別ですね!

(6th, July, 2011)