買い物かごをみる 会員さまマイページへログイン・新規登録もこちらから ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

今年もありがとうございました

2012年が幕を下ろそうとしています。

今年は皆さまにとって、どんな1年だったでしょうか。

大人になってしまうと、ただ時間ばかりが過ぎて、1年の重さをつい忘れがちになります。

猫は、生後1年で人間でいう20歳になり、その後は1年で4つずつ歳をとっていくそうです。

つまり、四季が過ぎるごとに、1つ歳をとるということ。

愛猫が、さらにいとしくなりました。一緒に、大切に、時間を過ごそうと思いました。

人も、子供時代はそんな感じではないでしょうか。大人の1年と子供のそれとでは比べものにならないほど重さが違うような気がします。

「時」の大切さを改めて感じる、30代最後の年末です。

今年もみなさまに応援いただき、やってくることができました。

アタを愛するみなさまとその気持ちを共感できる幸せを、来年も感じることのできる1年になりますように・・・。

皆さまにとって幸多き年になりますようにお祈り申し上げます。

2013年、良い時をお迎えくださいませ。

今年もありがとうございました。

(29th, Dec, 2012)

今年、そして来年の漢字は・・・

世間では2012年を漢字一文字であらわすと、

「金」

だったそうですね。

私も考えてみました。

「会」

かしらと。

(ちょっと金と似てる?)

5月には信じられないほど嬉しい出会いがありました。宝物として、日々思い出しています。

新しい友人との出会いもありました。

そして2013年のキーワードとしては、

「笑」

を心に留めておきたいと思います。

いつも笑顔の素敵な人がいます。周りを幸せにしてくれる、素晴らしいことだと思います。

内弁慶の私は、家では相当なわがまま者。

忙しさに振り回されて、つい感情的になり、夫や子供、そしていつも近くにいてくれる母に、キツイ言葉を投げかけてしまっています。特に日常の世話(学校の準備とかも)をする際の子供たちへの対応といったら、自分でもうんざりするくらい口やかましいのですが、どうにも止められない。それがかえって子供の自立心を奪っているというのに。

先日もほとほと嫌になって、気づいたときに読むようにしている(そのくせ実行できていない)本や切り抜きやらを手に取りました。

亡き父が、出産後の私に渡してくれた、新聞の切り抜きがあります。姉や私に、けして怒ったりしなかった父。冷静でいられるように、腹が立ったら10数える、と教えてくれた父です。

私はどれくらい、笑っているのだろう。

周りのひとたちを、どのくらい、笑わせているのだろう。

泣きたくなりながら、ふとこの記事を書いた人の名前を見ると、なんと原坂一郎さんでした。

なぜ今まで気がつかなかったのでしょう。

大好きな人です。今でもバイブルになっているのはこの本。

父が感じ入り、私に伝えたいと思ったことを語ってくれる人を、私も選んでいたのです。

特に小さなお子さんをお持ちの方には、上記の本をぜひおすすめしたいと思います。目からうろこです。何か所もラインを引き、ページ角を折っています。

そんなわけで、来年こそ、笑顔あふれる自分になりたいと思う私です。

これ、自然ににこにこができる人には、たぶん分ってもらえないだろうなあ・・・難しいんです。がんばります。

(23th, Dec, 2012)

あなたが人生で手に入れたいものは?

深層心理が分かっちゃうテストってちょっとこわくて面白いですよね。

しばらく前に、フェイスブックで友人が教えてくれた心理テストを今日はみなさまにもやっていただきます!(強制ではありません)

縦、横、ななめでもいいのかな、とにかく3つのワードを見つけてみてくださいね。

やってくださった皆さま、ありがとうございました。いかがでした?

え、私・・・?

せいこう、じゆう、わかさ、でした。

いやぁ〜!こわ〜い(笑)

(22th, Dec, 2012)

泣きボクロ

菊の花が満開です。

田畑の脇に、黄色や濃赤の菊が、時には縄でまとめられて(倒れてしまわないように)、列になって並んでいます。

今朝は、きれいに咲きそろった色とりどりの菊たちを前カゴに載せて、自転車を走らせている年配の女性を横目で見ながらの通勤です。仏様にお供えするのでしょう。私もほっこり。

さて、話は変わりますが。

私の顔には右目の下に泣きボクロがあります。結構気に入ってます。

それが、今朝急に気がつきました。左目の下にもあったっけ?

マスカラがついたのかと思って(苦笑)擦っても取れません。まさかシミ?こんなに大きなものが急に?

大好きな俳優さんが言うには、泣きボクロを取ったら、涙の演技がやりにくくなったそうです。本当かしら、冗談なのかもしれませんが・・・。

悲しさやさみしさの涙より、感動や嬉しくて・・の涙の数を増やしたいですね。

さてさて今日はトゥガナン村の画像をご紹介!

アタと並んでダブルイカットも特産品であるのはご存じのとおり、家の中でも美しい模様のバティックやらイカットやら、たくさんの布たちが舞っている様子は味がありますね。

こちらはアタ製品をスモークするためのオーブン。

これらの椰子の実を燃やして燻すと、あのアメ色の光沢が生まれるのです。

早く到着しないかな、たくさんのアタ達♪

(19th, Nov, 2012)

またまた、美味しい仲間入り♪

以前、ご紹介しましたハウス食品さんのシュガーシリーズ。(詳しくはこちら

今まで3種類だったのですが、先日2種類を発見発見発見!

即買いしまして、晴れて5種類となりました〜♪

新顔は、

Apple Ginger Sugar

Almond Sugar

でございます。

これまで、食パンやホットケーキにふりかけていたのですが、今回はホットミルクに。

寒くなってきましたので、温かいミルクが本当に美味しい季節になりました。Ginger効果でさらにあたたか。

紅茶に入れてもとっても美味しくいただけます。

しばらく、我が家でこのSugar Bottleブーム、続きそうです。

(8th, Nov, 2012)

へ、ヘルニア?

ブログでは明るい話題を・・・と努めているつもりですが(え、いつもそんなに明るくないですか?)、今日もネガティブにならないように気をつけてご報告。

実は私、整形外科に行ってまいりました。

理由は、2年ほど前から感じている左太もも前面のしびれ。冷えからきているのだと思っていましたが、今年はちょっと強く、頻繁に感じたのです。

いらない心配までしていまうネット情報ばかりでは仕方ないので、病院へ行った次第です。

レントゲンを撮って診察、結果はヘルニアの数歩手前でした。椎間板(下の方)がすり減っているそうです。MRIをやってもいいけど(費用が)高いしね〜という先生、そこまで症状は深刻ではないと暗におっしゃっていると解釈し、投薬も受けずに帰宅しました。

重いものを持たないようにねと釘をさされ、今年の灯油缶の買い出しどうしよう・・・と心配した私。お米は生協さんが配達してくれるので大丈夫。

2Lのペットボトルを持っただけでぎっくり腰になった友人もいますから、油断大敵ですね。

思えば毎日PCを前にして座っているばかり、通勤も車とくれば、筋力低下は当たり前。美しい姿勢を保ってくれるはずの斜めになっているクッションを使っているからといっても、もはや座布団化しているそのクッションにはその効果も期待できません。

やはりヨガかストレッチ、アクアビクスもいいなあ。いつかやろうと思っていましたが、いよいよ行動(すでに義務ですね)するときがやってきたようです。

みなさまもお気をつけて!

(31th, Oct, 2012)

つれづれ

外は美しい世界なのに、風邪をひいてしまいました。

秋晴れの今日に比べて、昨日は冬の始まりを予感させるような冷たい雨まじりの曇り空。ついに今年初の「カイロ」、昨日貼ってしまいました・・・・。

大人ですので、頭痛と微熱くらいじゃ寝込んでいられません。いつもどおり自宅を出ました。

エレベータのなかで、仲良しの上品な老婦人に久しぶりに会いました。

後から乗り込んできたおばさまは、私を見ると挨拶もそこそこに、「そのネックレス素敵!今日のあなたの服装にぴったり」と褒めてくださいました。

数年前に大切な友人からもらった、手作りのネックレスです。細かい組みひもは丈夫で、中央にひとつ、親指の頭大のビーズがついています。

このネックレスを褒められるのは何度目でしょうか。色使いと細工が素敵なのはもちろんですが、いつも「あなたにとても似合う」という言葉をいただきます。

贈ってくれた彼女。私をイメージしながら、ひもを編んでくれたのでしょう。お土産やプレゼントは、贈る人のことを考えながら選ぶものです。受け取ったとき、その品物と気持ちが重なって初めて、幸せになれるのでしょう。

大切な友人の存在が、改めて嬉しく感じられた出来事でした。

車にエンジンをかけ、店に向かって出発しました。

喉が痛い・・・。そうだ先日買ったアメ、と思い出し口に入れます。初めて買ったのでどうかな、と思っていたのですが、美味しかったのです。

実はその数日前にも食べたのですが、イマイチ・・・でした。私は元気でしたから。ああそうか、のどあめだったんだ。

飴ちゃん、しっかり仕事してるなあ・・・なんて思って嬉しくなりました。

こんな小さなことでも、人って幸せになれるものです。


トゥガナン村を訪れるときの常宿、アリラマンギスにて。

(19th, Oct, 2012)

突然のお客さま

音もなくひっそりと、いらっしゃいました。

きっと女の子ですね。この御姿は。

残念ながらお声は聞けなかったのですが・・・・。

またいらしてくださいね。

(12th, Oct, 2012)

久しぶりに家電製品。

10年あまり使っていた電子レンジが突然壊れました。

スイッチを入れると「ぶーーーん」という変な音がするので、怖くて使えません。発火したら大変!!

と、いうわけで、早速ネットで購入しました。

amazonが一番安かったので注文したところ、その大型電器店(amazon経由でメーカー→電器店が販売しているのです)に納品されるまで2〜3週間とのこと。ちょっと無理かなあ・・と心配でしたが、なんのなんの、結局注文後4日で我が家に届きました。

レンジなしの生活を覚悟して、蒸し器を出しっぱなしになるくらい使用していたのですが、改めて「蒸す」って美味しいんだわと思いました。ま、冷凍ごはんを蒸すには相当時間がかかり大変でしたが(汗)・・・・これはやっぱりレンジ様様です。

期待度大!なのが、ターンテーブルではなくフラットな庫内であるということ!!これで、サンマの頭と尻尾がぶつかることもないんです。お掃除もか・ん・た・ん♪

残念なのは、置き場所が限定されているため、水を使ったオーブンのような高機能製品でなく、コンパクトなものになったこと・・・ですが、ま、私は「あたため・解凍・ちょっとしたパンやお菓子作り」ができれば十分なので、これで大満足です。

(7th, Oct, 2012)

なんとなく、嬉しい。ですが・・・

わが、梨のまち白岡が、本日晴れて市制施行となりました。

何が嬉しいって、「郡」が抜けたこと(笑)

住所を記入する際に、埼玉県「南埼玉郡」白岡町、だったのが、4文字も抜けるんですよ〜、これは(特に手書きするとき)嬉しいです。

まじめな話、市になるからといって、何が変わるのか?あまり見えてこないのが問題でして、周りでも実感が湧かない・・という声が多数です。税金が安くなるわけでもないし。

はっきり「こう変わります!」という通知や案内が欲しいとか、将来に向けて明確さのある計画を知りたいとか、さまざまなようです。

私としましては、たとえば30年後、まだ田んぼや梨畑の広がっている白岡でいてほしいなぁ・・という希望があります。ショッピングセンターや工場が立ち並ぶ様子はあまり見たくない気もします。でも大人の事情はいろいろありますからね、一個人の考えですけどね。

とにもかくにも、今日はメルオリのメール署名だったり、お買上伝票だったりの、住所をウキウキと変更していたのでありました。

(1st, Oct, 2012)

10/1(月)午後8時からNHKBSで、バリの棚田特集!

バリへ旅行したのがきっかけでアタ製品が大好きになった、という方はたくさんいらっしゃることと思います。

棚田はご覧になりましたか? 

これからバリへ行きたいと思っている方も、一度はどこかで見かけたことがあるのではないでしょうか?

田んぼ大好きな私にとって、バリの田園風景はとても心安らぐものです。その気候ゆえ、年に2〜3回は収穫ができると聞いたことがあります。ですので、いつバリへ行っても、どこかしら緑の田んぼがあり、どこかしら黄金色の稲穂が見られます。

テガラランの棚田は有名ですね。以前もちょこっとだけお話ししたことがあったような気がしますが、このあたりは木彫り動物や雑貨がたくさん製作されていて、私も一度行ったことがあります。道路脇、自宅の前に小さな小屋のようなものが建ててあって、種類豊富に木彫りのお座り動物が並んでいましたっけ。もう10年も前のことです。今はどうなっているのかしら・・・。

このライステラスの様子が、NHKBSプレミアムで特集されるそうです!

「ワイルドライフ」 10/1(月) 午後8時〜8時59分

 インドネシアバリ島の棚田〜南国の里山に極彩色の鳥が舞う〜

番組HPはこちら

番組名をご覧になればお分かりかと思いますが、野生動物がたくさん出てまいります。今回も鳥やカエル、水生昆虫などが数多く出演(!?)するらしいので、苦手な方は心してご覧くださいね。

(大事なこと・・・過日のご報告のその後です) 

アグン山の火事は一応治まったそうですが、まだ小さな火事も続いているそうです。乾季も例年になく長く、乾燥状態がひどいとのこと。心配ですね・・・。

(今年3月ごろのテガラランの様子・・・頂いた画像です)

(27th, Sep, 2012)

去りゆく夏と、気の迷い。

今朝の天気予報によりますと、今日の関東地方はまだ32℃、残暑厳しいとのことでした。よって覚悟はしていても、一歩外に出ると夏の盛りのような陽射しの強さに一瞬たじろぎ、サンダル、もう履きたくないなあ・・・と感じた私でした。

足元をブーツでまとめている人も増えてきましたね。どうやら明日からは秋の空気がやってくるようで、ほっとしている一方、夏が去っていく様子が少し心寂しかったり、しています。

季節の変わりめ、つまり年に2度ほど、私は混乱するのです。これから寒くなるんだっけ?あれ、違う、暖かくなるんだっけ・・・・?と。

我ながらおかしくなりますが、本当なのです。

昨日は、シャワーから出てくるお湯がなかなか温まらないので、水道管も冷えてるんだわ、と感じましたが、それはつまり今が寒い時期でこれから春がやってくると感じてしまったということ。さすがに朝晩は涼しくなったため、真夏のようにぬるい水が出なくなっただけなのに、です。

ありえないでしょう?

冬の終わり、春の生ぬるい空気とまだ冷たい空気が入り混じっている時期には、これから枯葉が舞うのね・・・なんて一瞬思ってしまうことがあります。

おかしいですよね?

単なる気の迷いだと思っていたのですが、ここ数年、季節の変わりめになると一度は勘違いを起こします。

どうでもいい話です。でもちょっと、聞いてほしかった話です。

(20th, Sep, 2012)

忘れないうちに、チョコレート工場。

8月の終わりに、さいたま市にある「LOTTE」の浦和工場へ見学に行ってまいりました。

メルマガにちらりと書きましたので、待ってくださっている方がもしかしたらいらっしゃるかもしれない・・・・と勝手に責任を感じ、レポをしようとメモは手元にあるもののなかなか書けずにおりました。そのうち忘れてしまいそうなので、今日報告します!・・・チョコレートはお好きですか?

JR武蔵浦和駅から、線路沿いに5分ほど歩きました。帰りにアイスクリームを買って食べながら歩いた子供たちは(よりによって考えなしに、棒のチョコバニラのもの)、手にだらだら垂れてきて大変なことになった、それはそれは暑い日でした・・・。

さて本題。通していただいたお部屋には、色々な資料が飾られていました。

まず社名「ロッテ」ですが、なぜこの名前になったのかご存じでしょうか?

このトリビア、さあ、早速誰かに自慢しましょう!

そしてお子様なら必ずガラスケースにかじりつく、

人気の「コアラのマーチ」「トッポ」などを駆使したお菓子のおうち。

屋根は瓦のようなコアラたちが貼りついていました。

コアラのマーチの絵柄はなんと200種類以上もあるそうです。

そのなかで見つけると幸せになれるという「ラッキーコアラ」は、こちら!

盲腸の傷跡に泣くコアラくん(←なぜこの子がラッキー?)と、

ラッパを吹くコアラちゃんです(←だからこれまたなぜラッキー?)

この不思議な銀色の物体は、ビスケット生地に絵柄を印刷する際の機械の一部です。本物が展示されていました。絵柄は、カラメルで印画するそうですよ♪

伸ばした生地に、たくさん印刷して、それをカッティングしていくわけですね。

試食させていただいたのがこちら。

右のカウボーイコアラくんがチョコレート入り、左がチョコなしの空洞になっているコアラくんです。

お気づきですか!?左の図柄、ラッキーコアラちゃんだったのですよ〜♪♪

工場内部は撮影禁止ですので、お姉さんの説明をもとに少しご報告。

<知識その1>

浦和工場で生産される板チョコレート「ガーナ」の一日の生産量は?トン(ああ、すみません、大事なポイントを聞き漏らしました)で、積み重ねていくとなんと富士山の9倍もの高さになるとか!横に並べていくと、東京〜大阪の距離になるそうです。

<知識その2>

アイスクリーム「爽」は、一日の生産量は130万個、20万リットル。これも重ねると富士山の13倍もの高さになるそうです。 アイスクリームは、宇宙食にもなっていて、宇宙飛行士たちの心と健康のよりどころにもなっています。

<知識その3>

日本で初めてチューインガムを作ったのはロッテです。

<知識その4>

みんな大好き「パイの実」がなぜ六角形なのか?・・・生地をカットするときに、無駄が出ないのが六角形だから(四角でもいいですが、それだと、お口の中で角が当たって痛いじゃないですか・・・可愛くないし)

<知識その5>

チョコレートはニキビの原因ではありません(理由は忘れました・・・ごめんなさい)。

<知識その6>

「ビスケット」とは、ラテン語で「2度焼く」という意味。(数千年も前から、小麦粉でパンを作っていた人間は、旅に出たり遠くに狩りにいくときにこのパンを乾燥させてもう一度焼くことで、長持ちさせることを考え出しました。これがビスケットの始まりです)

【別の説】 ビスケー湾で遭難しかけた船が、残った小麦粉とバター、卵などを全部練って焼いてみたところ美味しかった。それでビスケット。

楽しかった工場見学。次はどこに行こうかしら、と計画しています。

おまけ:「雪見だいふく」は、学校給食にも採用されているんです!栄養価は市販のものと異なって、成長期の子供たちにより適したものになっているそうですよ。ちゃんとベルマークもついていました。

(14th, Sep, 2012)

びっくり!!

冬になると小さな可愛い赤い実をつけてくれる木が、メルオリ店舗の玄関脇にはあります。

今朝、突然、その木の根元に・・・・

ん?

雑草と見紛うような小さな若芽のはず(手のひらサイズです)・・・なのに、身体と同じくらいの大きさの花が開いているではありませんか!!

(注:地面が濡れているのは、さっそく水をやったからでございます)

あれっと思い、良く見ますと・・・どうにも、サルスベリの花に似ています。

この2本の木は、距離にして(私の)大股4歩。近いといえば近いですが、こぼれ種でしょうか!?

それにしても、花をつけるのが早すぎやしませんか・・・たくましさに驚いたひとときでした。

(11th, Sep, 2012)

バリでは見慣れているけれど・・・・

先日のバスケット祭りではたくさんのご注文をいただきありがとうございました。

みなさまの元へお届けできることも嬉しく発送の準備をしておりましたところ、まだ夏のような日差しのもと、一瞬目を奪われてしまいました。

ちょっとご覧になってみてくださいね ↓↓

大きなバスケットを横にして、覗き込んだところです。画像上半分に見えますのがバスケットの底部。

まぶしい陽射しが、アタの編み目の隙間からキラキラ入ってきているのでした。バスケットを回転させながら検品しているため、光が乱反射しているような美しさ。

日本では、直射日光のもとで作業することは普段あまりないため、うっかり忘れていました。

なんだか新しい発見をしたようで、カメラを取りに急いで作業部屋へ戻ったというわけです。

いやぁ〜お見せできて嬉しいです!

(10th, Sep, 2012)

秋の気配

昨日、今年の秋が、私のもとにやってきました。

ここ数年、突然訪れるその瞬間には、驚きとともにため息をついてしまいます。

カンの良い方なら、お分かりですね?

そう、手肌の乾燥です!!

昨夜、エアコンもつけていない自然な状態で、手指がかさかさとしました。バリのCITRAのボディローションを、2重につけました。

もはや今年のクリームを、準備しなければなりません。さ、今年の新作、チェックしましょ♪

それからもう一つ。

つい先ほど、近くのポストに郵便物を投函しに行きました。

いつもは車で通ってしまうため、歩くのは珍しい道です。

コケで緑になっている、水も少ない道路端の用水路に、糸トンボが!!

イトトンボ、ご存じでしょうか? その名のとおり糸のように青く透き通った細い身体の、とんぼです。

30数年前には、住宅街の茂みなど至る所で集団で見ることができたのですが、すっかり目にしなくなって何年も経っていました。自然豊かなところに行かなければ会えないのかしらと(自分が茂みをのぞかなくなったことも要因のひとつでしょうけれど)、さみしく感じていたのです。

それが!もしかすると20年振りくらい(ここはテキトー)に、その姿を目にできたのですから、これは嬉しいです。ポストに感謝です。

そばで、シオカラトンボも飛んでいました。秋は、確実にやってきています。

(7th, Sep, 2012)

中国・杭州のホテルでもアタのランチョンマットを発見!

出張中の夫からメールがきました。

Fuchun Resort というリゾートホテルです。

アタの丸いランチョンマットが使用されていたということで、画像を送ってくれました。

実はこちらのリゾート、当初はGHM(セライやレギャンなど)を運営していたところが開発・運営していたそうで、リゾート全体のデザイナーもアマングループやGHMなどを手がけていた人のようです。

ですもの、アタ製品も使いたくなるわけですね。

このあたりの部屋、どこかバリっぽいような・・・。それからこちらも今の私の気分・・・いつか宿泊してみたいです。

(30th, Aug, 2012)

素敵なフラガール

勝手ながら夏休みをいただき、21日に福島県いわき市の「スパリゾート・ハワイアンズ」へ遊びに行ってまいりました。

炭鉱の町が、主要なエネルギーが石炭から石油に代わることによる閉山の危機を救うため、昭和41年に日本初のリゾートをつくりました。

そのおかげで当時【行ってみたいけどなかなか行けないところ】ナンバーワンであった「ハワイ」の空気を満喫できたのです。

東日本大震災後、フラガールたちが「全国きずなキャラバン」として日本各地を廻っていたのも記憶に新しいかと思います。

映画「フラガール」も素晴らしかったとのこと(実は私は未見です、早速レンタル予定!)

夫は前身の「常磐ハワイアンセンター」に子供の頃遊びに行ったことがあると言いますが、私はまったくの初めて!日帰りという強行スケジュールで、早朝5時に出発し、片道3時間かけていざ到着。

はたして、実際に見たフラガールのみなさんは噂以上の素敵さでした。福島っ子の憧れの対象NO.1というのも頷けます。

8/18・19には全国フラガールズ甲子園なるものも開催されたそうです。熱い!

結局10時間ちかく遊び倒し、ようやく帰路に着き、帰宅は深夜となりました。つ、疲れた・・・・。

皆さまには休んだためご迷惑をおかけしてしまいましたが、おかげさまで思いっきりリフレッシュできました!ありがとうございました。

(23rd, Aug, 2012)

蝶がたくさんいる庭

残暑お見舞い申し上げます。

温帯だった日本は熱帯になったかのようですね。

さてメルオリ店舗にはたくさんの蝶がやってきてくれます。アゲハかと思うような立派なものや、目の覚めるような青緑が美しいもの、春にはモンキチョウもひらひらと遊びにきていました。

人間って勝手なものですよね。

蝶が飛ぶ姿は、きれい・・・と眺めるくせに、蝶になる前の姿を見つけると叫び声をあげてしまいます。

そうです!蝶が多いということは、○○も多いわけです。

(諸事情により画像は割愛いたします)

今日も3匹、にんじんの葉に堂々と乗っていました。

どうやら、たくさんの蝶は里帰りしてくれているようです・・・。

(店舗作業部屋から庭を臨む)

(17th, Aug, 2012)

しっとりと、想う。

店舗の朝顔です。

グリーンカーテンにしているため、縁側から身を乗り出して撮影。

なんと今日は11個も咲いてくれました。

朝から雨でしっとり。

8月6日、平和を祈るのにふさわしい一日となりそうです。

(6th, Aug, 2012)

木彫り雑貨、近日UPします♪

お久しぶりとなりますが、木彫り動物&木彫り雑貨をご紹介予定です!

今、みんなの撮影やら検品やらの真っ最中。

ちまちました小さな子達もいて、指でつまむのに一苦労だったりしています(笑)

可愛いですよ〜!乞う、ご期待☆

この背中、気になるでしょう〜?

(3rd, Aug, 2012)

AMIさんでの展示会&スリランカの手織り・手染めの可愛い雑貨たち♪

終了してしまったことのご報告で恐縮ですが、先月 7/10〜20まで、メルオリのアタを展示販売していただきました。

場所は、さいたま市中央区上落合の、

kitchen & gallery AMI / cafe ami

さん。

街づくりの開発が進むさいたま新都心の、緑豊かで閑静な住宅街の一角です。

主は「はかせなべ」という保温料理のお教室ですが、広い空間を生かしてギャラリーとカフェも併設しています。

このギャラリーの7月特別展として、メルオリのアタにお声をかけてくださったというわけです。

お料理教室さんだけあってテーブルコーディネイトも素敵に、アタを紹介してくださいました。

おかげさまで好評で、お目の高いお客様方よりたくさんご注文をいただき、ご意見もうかがうことができました♪

すっかりお任せしっぱなしですみませんでした・・・AMIさん、本当にお世話になりました!

そして、ギャラリーにて私の目が釘付けになった雑貨が・・・・。

BAREFOOT 〜 ベアフット

スリランカの女性が綿をつむぎ、こつこつと手で織って丁寧に仕上げたファブリックたち。色合いはもちろんのこと、質感、実用性に富んだものばかりです。

女流画家のバーバラ・サンソニさんが、「貧しい村の人たちのために何か手に職を」と50年前に私財で手織りと手染めの指導を始め、「BAREFOOT」を立ち上げました。

そうして生まれたファブリックには、作り手、スリランカの人々の思いがぎっしり詰まっています。

(・・・・・AMIさんのご紹介リーフレットより)

スリランカの美しい染色技術があってこそ、デザイナーさんのセンスある色使いとそれを最大限有効活用した作品が生まれるのでしょうね。

あ〜手仕事バンザイ!

私もミニポーチとパースを買いました♪

職人技、伝統工芸品・・・・。やはり考えるのは、やはりアタ製品を作って売って、生活しているトゥガナン村の人たちのこと。

彼らの生活を支えているのだとはおこがましくて考えてもおりませんが、世界中の私達ファンのために、ずっとアタを編み続けてほしいなと思います。

(1st, Aug, 2012)

暑中お見舞い申し上げます

世間では朝の電車内も遊びに行く若者で賑わっている様子です。

私はマイカー通勤なので、田んぼや畑を横に見ながら走っているのですが、どうにも「おじいちゃんやおばあちゃん&孫」の組み合わせを高確率で目にするようになってまいりました。

そう、夏休み!ですね。

少し伸びてきた髪の毛が濡れるほど汗をかいた少年や、ヒールのあるお姉さんサンダルをちょっとオトナっぽく履いた女の子。

一家の主婦は、3度の食事づくりに追われて大忙しなことでしょう。かく言う私も、子供たちの弁当作りで頭のイタイ日々です(給食の有難さをつくづく感じる夏休み・・・)。

さて、今年もあっつい夏がやってきました。

メルオリから、みなさまに暑中お見舞い申し上げます。

どうか体調にはくれぐれもお気をつけて、楽しい夏をお過ごしくださいね!


(26th, July, 2012)

ブスの25箇条

ショッキングなタイトルにて失礼します。

知人の知人のこれまた知人から教えてもらったこの「ブスの25箇条」。ご存じのかたもいらっしゃるかもしれませんね。

宝塚歌劇団の伝説の教えだそうです。

あまりにも当てはまることが多くて、情けないかぎりのわたくし。

縦書きにできないのが非常に残念でありますが、ここに記してみたいと思います。

1.笑顔がない

2.御礼を言わない

3.おいしいと言わない

4.目が輝いていない

5.精氣がない

6.いつも口がへの字の形をしている

7.自信がない

8.希望がない

9.自分がブスであることを知らない

10.声が小さくイジケている

11.自分が最も正しいと信じ込んでいる

12.グチをこぼす

13.人をうらむ

14.責任転嫁がうまい

15.いつも周囲が悪いと思っている

16.他人にシットする

17.他人につくさない

18.他人を信じない

19.謙虚さが無くゴウマンである

20.人のアドバイスや忠告を受け入れない

21.なんでもないことにキズつく

22.悲観的に物事を考える

23.問題意識をもてない

24.存在自体が周囲を暗くする

25.人生において仕事において意欲がない

どうでしょうか。

これを見て悲観的にならずに、ブスにならないように、明るく前向きに過ごしていこうと誓ったわたしでした。

(24th, July, 2012)

この夏、キムチで乗り切ろう

いよいよ「埼玉・熊谷市」の名前が日々マスコミ(特に天気予報)に出る季節になりました。

お暑うございます。

海なし県の盆地ですもの、暑くて当然なのです。

生粋の埼玉っ子である私ですが、でも暑すぎるのは苦手です・・・。

でも今年はいいものを見つけました!!

「岩下の新生姜」でおなじみの、岩下食品さんです。

母方の実家が栃木県に集中しておりまして、昔から岩下さん(友達みたいにスミマセン)とはお付き合いがあったのですが、これは今年初めて食べました。

ザ・生姜入りキムチ

素晴らしいことに、永谷園さんとのコラボです。「冷え知らずさんの〜」シリーズでは、私もお世話になっています。

食べてみてびっくり! 生姜の味は主張しすぎることなく、でもしっかり存在感があり、キムチによくある(そして私の苦手だった)大きすぎる白菜の芯が気になることもなく、具材はどれも口にスッと入る大きさにカットされており、しかも柔らかく漬かっています。

何より、お味! 辛すぎず、しっかりダシ(と言っていいのでしょうか)が効いていて、風味たっぷりです。味わいがある、と申しましょうか。

岩下さん(だから図々しいってば)のお漬物は賞味期限が短くて、少人数家族には食べるのが忙しいのがちょっと大変だったのですが、おおよそ半月ほど保存できるといえどこの生姜入りキムチ、あっという間になくなりそうです。

ビールにぴったり。おススメですよ〜。

暑い季節も、身体は冷えています。ご自愛ください。

(ナイショ♪) ネット限定のお得なセットはこちらですよ。

(19th, July, 2012)

みつまめ♪

夏になると、涼しげで甘いものが欲しくなります。

今日のおやつは、これ!

榮太樓總本鋪」のみつまめです。

もともと子供の頃こちらの缶入りのが大好きだったのですが、最近になって母が思い出したかのようにあのレトロな缶をくれたのが、想い再燃!のきっかけでした。

美味しい〜♪♪ 上品な甘さです。私はみつまめの寒天が好きなのですが、フルーツももちろんおいしかったですよ。

(12th, July, 2012)

太平山のあじさい坂

梅雨といえば、やはり紫陽花が見たくなって、日本各地に名所はあれど、我が家から出掛けるのにちょうど良いところといえば・・・

栃木県栃木市大平町にあります県立自然公園「太平山」でございます。

母方の実家が栃木ということもありまして、私の第二の故郷といっても過言ではない土地です。子供のころから何度も遊びに来ている、懐かしい山。

でも今回は10年振り!楽しみです。

訪れたのは7月7日、もう紫陽花の見ごろは終わったかと心配でしたが、なんのなんの、美しかった!

顔より大きい立派なものもありました。

日本原産のガクアジサイ、歳とともに好きになってきました。

(一般的な真ん丸のかたちのものは西洋アジサイといって、ガクアジサイを品種改良したものだそうです)

太平山のあじさい坂を上って、何が楽しみかといいますと・・・・

名物のおだんごと玉子焼きと焼き鳥!

と、つい一緒に頼んでしまったラーメン。

あいにく、強い雨が降ってきてしまい、下山(というほどでもありませんが)はびしょ濡れ。ちょっと肌寒い天候でした。

あじさいまつりも開催されていて、二胡の演奏が聴けるというのをとっても楽しみにしていたので、雨でがっかりです。

とはいえ、雨にけぶる寺や石段、それもまた一興。やっぱり紫陽花には雨が似合います。

まだ見たことがないのですが桜や紅葉も美しいということで、また来たいと思います。

(10th, July, 2012)

ちっちゃなお花です

今日はまた白い花を。

うふふ、これは、デジカメのミクロ機能を使って撮影しました。実際の花の大きさは、3〜5mmくらいでしょうか。

フウセンカズラです!

くるくるっとしたつるを伸ばして、清楚な白いちっちゃなお花。可愛い可愛い可愛い♪

いやあ〜、ふうせんになるのも楽しみです!!

(9th, July, 2012)

だろう、より、かもしれない。

先日、「運転荒いよね〜」と言われ、私は安全運転!と自負していただけに、ええっと驚きました。

スピード出し過ぎ・・・とかではないようで、そうするとブレーキを踏むタイミングの問題だと思うのですが(←言い訳ですか?いやいやそんなことはないはず!)

私はブレーキ、早めに踏んでいるのですけどね・・・やっぱり右左折のハンドリングが下手だからかしらん。

今朝は、しっかり歩道があるわけでもない田舎道なのに、猛スピードで走る車を目撃。

私は、いつなんどき、横から子供やお年寄りが出てくるかもしれない(そして猫も)と思うと、とてもあんな運転はできません。

そして思い出す、また教習所の話です。

恐らくあの車の運転手さんは、「だろう運転」なんですね。

誰も来ないだろう、信号は変わらないだろう、これくらいならすぐ止まれるだろう・・・・。

対して私が心がけているのは、「かもしれない運転」。

あの木の陰から、自転車が飛び出すかも、あの子供がつまづき転んで車道に出てくるかも、渋滞している陰からお年寄りが無茶な横断をしてくるかも・・・・。

ちょっと心配し過ぎ?なくらいかもしれませんが、それでちょうど良いのではないかと思っています。

19歳で免許を取り、22歳から営業の仕事でまわり、何度もぶつけたりこすったりしました・・・・。「1年目は練習車だと思っていいよ」そんな優しい言葉をかけてくれた上司に、本当に感謝しています。

(だってただ左折するだけなのに、角に立っている電柱でガリガリガリ・・・とこするようなヘタッピだったんです)

みんな、最初は初心者なんですよね!

車の運転だけでなく、なんでも、自分も初めはそうだった・・・・と優しい目で見てあげたいものです。

(2nd, July, 2012)