アタって、なに?

自生するアタを乾燥させて
束ねたもの
細かく裂いたアタを丹念に編み込む。
職人さんが編み込むこうした光景は、トゥガナン村のあちこちで
見かけられる
バッグなどの紐の部分は
何本ものタコ糸や太い釣
り糸にアタを巻きつけて作
るから強く、相当の重さに
も耐えられる

天日で干す。
水分をとばしたらスモークして独特の薫りとあめ色をつける。こうすることによって
防虫効果も生まれる

これが自生するアタです!

トゥガナン村、山の上方から田畑と村をのぞむ

クオリティの高い「アタ製品」は、従来の素朴な味のアジアン雑貨とは一線を画し、その繊細さゆえ、我々の西洋化したライフスタイルやカフェ、ファッションになじんで溶け込み、かつアジアのテイストをうまく醸し出してくれます。

西洋とアジアの文化の融合。我々日本人が、これから目指すべき一つのライフスタイルかもしれません。



トップページへ


アタとは、バリ島に生える植物。
その茎の部分を乾燥させて細く割き、それを編んでいろいろな雑貨をつくります。

職人さんが、根気良く、丁寧に編み(例えば、コースターは一人一日2個しかつくれません)、形ができたら、天日で3日間干し、その後まるまる一日いぶし、薫製にして色と香りをつけて仕上げます。

同じようなものは東南アジア諸国で見受けられるのですが、バリ島トゥガナン村のアタ製品が一番繊細かつ、上品に仕上がっています。

まさに、芸術品といっていいほどの伝統工芸です。